dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Roxio Creator LJ」CD、DVD、ブルーレイディスクにデータを書き込む方法<Windows(R)7>

情報番号:012884  【更新日:2012.03.06

「Roxio Creator LJ」CD、DVD、ブルーレイディスクにデータを書き込む方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ CD/DVD/ブルーレイディスク,メディアにデータを書き込む

回答・対処方法

はじめに

「Roxio Creator LJ」を使ってCDやDVD、ブルーレイディスクにパソコンのハードディスク上にあるデータを書き込む(コピーする)方法について説明します。

【お願い:CD/DVD/ブルーレイディスクに書き込む前に、書き込みを行なうにあたって】

  • 暗号化、またはコピー保護されたディスク、メディアはコピーできません。
  • 機種によってそれぞれ対応している記録メディアが異なります。
  • データを書き込む(コピーする)際に気をつけていただきたいことがあります。詳細およびお問い合わせ先については、以下のリンクを参照してください。
    ※「Roxio Creator LJ」のお問い合わせ先は、Roxioサポートセンターになります。
    [012893:「Roxio Creator LJ」について<Windows(R)7>]


操作手順

※ここでは、空のディスクにデータを書き込む方法で説明します。
データが入っている追記可能なディスクにデータを追加する場合は、[012896:「Roxio Creator LJ」データが入っているCD、DVD、ブルーレイディスクにデータを追記する方法<Windows(R)7>]を参照してください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[Roxio Creator LJ]→[Roxio Creator LJ]の順にクリックします。
    ※初めて起動した場合
    a.「エンドユーザー使用許諾契約」画面が表示されます。内容を確認し、[◎ 使用許諾契約の条項に同意する(A)]にチェックを付けて、[OK]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

    b.「オンライン登録」画面が表示されます。登録する場合は必要な情報を入力し登録を行なってください。登録しない場合は[キャンセル]ボタンをクリックしてください。
    ※「オンライン登録」は後でも登録できます。

  2. ”ホーム”画面が表示されます。[データ コピー]をクリックします。
    図2(図2)

  3. ”データ - コピー”画面が表示されます。[データディスクを書き込む]をクリックします。
    図3(図3)

  4. ”データディスクを書き込む”画面が表示されます。”コピー先:”項目の保存先ドライブを確認し、書き込み可能なディスクを挿入します。
    図4(図4)

  5. [+追加]ボタンをクリックし、[ファイル]または[フォルダー]をクリックして選択します。
    図5(図5)

    ◆[ファイル]を選択した場合
    a.「開く」画面が表示されます。ディスクに書き込みたいファイルをクリックして選択し、[開く(O)]ボタンをクリックします。
    ※複数選択する場合は、キーボードの[CTRL]キーを押しながらクリックします。
    図6(図6)

    ◆[フォルダー]を選択した場合
    a.「フォルダーの参照」画面が表示されます。ディスクに書き込みたいフォルダーをクリックして選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

    ※または、ディスクに書き込みたいファイル/フォルダーを”ここにファイルをドラッグしてください”欄にドラッグして(マウスの左ボタンでクリックしたまま動かして)追加することも可能です。
    図8(図8)

  6. ”ここにファイルをドラッグしてください”欄に選択したファイル/フォルダーが表示されます。
    ※ディスクに名前を付けたい場合は、”ディスクに名前を付ける”テキストボックスに名前を入力します。
    ※追加したファイル/フォルダーを削除したい場合は<補足>を参照してください。
    図9(図9)

  7. 複数のファイル/フォルダーをディスクに書き込みたい場合は、手順5~6を繰り返してファイル/フォルダーを追加します。
  8. すべてのファイル/フォルダーの追加が終わりましたら、右下のオレンジ色の[●]ボタンオレンジ色の[●]ボタンをクリックします。
    ※”コピー:”項目で作成したいコピーの枚数を指定することができます。
    図10(図10)

  9. ”ディスクを書き込み中です。お待ちください”メッセージ画面が表示されます。書き込みが完了するまでお待ちください。
    図11(図11)

    ※コピーの枚数を指定した場合、”1/Xのコピーが完了しました(Xには指定した枚数が入ります)。ブランクディスク、または書き換え可能ディスクを△△△ドライブに挿入してください(△△△にはドライブ名が入ります)。”メッセージ画面が表示されます。ディスクを入れ替えて[続行]ボタンをクリックします。
    図12(図12)

  10. 書き込みが完了しますと”プロジェクトは正常に完了しました。”画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。
    図13(図13)

  11. ”データディスクを書き込む”画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして画面を閉じます。
  12. ”現在の”データディスクを書き込む”プロジェクトを保存しますか?”メッセージ画面が表示されます。[いいえ]ボタンをクリックします。
    ※プロジェクトを保存する場合は、[はい]ボタンを選択してください。
    図14(図14)

操作は以上です。


<補足>

”データディスクを書き込む”画面の一覧からデータを削除したい場合は、次の手順で削除してください。

※[削除]ボタンをクリックしても、ハードディスクからファイルが削除されるわけではありません。

  1. 削除したいファイル/フォルダーをクリックして選択します。
    図15(図15)

  2. [削除]ボタン削除ボタンをクリックします。
  3. ”選択した項目をディスクから削除してもよろしいですか?”メッセージ画面が表示されます。[はい]ボタンをクリックします。
    図16(図16)

  4. 選択したファイル/フォルダーが削除されます。

関連情報

以上