dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「ReadyBoost」を使用してパフォーマンスを高める方法<Windows 10>

情報番号:018573  【更新日:2018.10.02文末にあるアンケートにご協力ください

「ReadyBoost」を使用してパフォーマンスを高める方法<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsのトラブル,使用中のトラブル

回答・対処方法

はじめに

「ReadyBoost」は、PCに物理的なメモリ(RAM)を追加しなくても、USBフラッシュメモリやSDカードなどのリムーバブルメディアを使ってPCのパフォーマンスを高める機能です。

ここでは、「ReadyBoost」を使用してパフォーマンスを高める方法について説明します。

※上記対応機種でSSDドライブを搭載しているモデルは、すでに高速で「ReadyBoost」を使ってもパフォーマンスが向上しないため、「ReadyBoost」を使うことができません。

タッチ操作について
※本操作は、マウスまたはクリックパッド(タッチパッド)を使っての操作手順となります。タッチパネル搭載モデルでタッチ操作を行ないたい場合は、[016766:タッチパネルの使いかた<Windows 10>]を参考にし、クリックを“タップ”、ダブルクリックを“ダブルタップ”、右クリックを“長押し(ロングタップ)”に読み替えて操作してください。

操作手順

※本手順は、Windows 10 April 2018 Update(Windows 10 バージョン 1803)を元に作成しています。バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。ご了承ください。お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

※空き領域が500MB以上あり、データ転送速度の高いUSBフラッシュメモリまたはSDメモリカードが必要です。USBフラッシュメモリまたはSDメモリカードのパッケージに「Windows ReadyBoost対応」と書かれている場合があります。容量は、お使いのPCに搭載されているメモリの2~3倍程度が最適となります。お使いのPCに搭載されているメモリの容量を確認する場合は、[018576:「タスクマネージャー」を使用して現在PCに搭載しているメモリ容量を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

※Windows 10(64ビット)を快適に動作させるには4GBのメモリが必要です。6GB以上になるとパフォーマンスを高めることができます。お使いのPCに搭載されているメモリが4GBの場合は、本機能を使用することでシステムが高速化されます。もともとPCに大容量のメモリが搭載されている場合は、本機能を設定してもパフォーマンスが向上しない場合があります。

※ここでは例としてUSBフラッシュメモリを使って説明します。

  1. お使いのPCにUSBフラッシュメモリを接続します。
  2. タスクバーの[エクスプローラー]をクリックします。
    図1(図1)

  3. 「エクスプローラー」画面が表示されます。ナビゲーションウィンドウ内の[PC]をクリックします。
    図2(図2)

  4. 「PC」画面が表示されます。USBドライブをマウスの右ボタンでクリックします。
    ※お使いのUSBフラッシュメモリによって名前が異なる場合があります。
    図3(図3)

  5. 表示されるメニューから[プロパティ(R)]をクリックします。
    図4(図4)

  6. USBドライブのプロパティ画面が表示されます。「ReadyBoost」タブをクリックします。
    図5(図5)

  7. 「ReadyBoost」タブ画面が表示されます。[◎ このデバイスをReadyBoost専用にする(D)]を選択します。
    ※[◎ このデバイスをReadyBoost専用にする(D)]を選択した場合は、USBフラッシュメモリにその他のデータは保存することができなくなります。
    ※接続しているUSBフラッシュメモリの空き容量の一部だけをReadyBoostに使いたい場合は、[◎ このデバイスを使用する(U)]を選択し、“システム速度のために予約する領域(ファイルシステムの制限により、実際の空き領域より少なくなります)(R):”のスライダーを左右にドラッグしてサイズを指定してください。
    図6(図6)

    ※SSD搭載モデルをお使いの場合は、“このデバイスはReadyBoostに使用できません。このコンピューターは十分に高速で、ReadyBoostによるさらなる効果が得られないと思われるため、ReadyBoostは有効になっていません。”メッセージが表示されます。
    図7(図7)

  8. [OK]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

  9. 「PC」画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。
    図9(図9)

設定は以上です。

「ReadyBoost」設定を行なったUSBフラッシュメモリを接続したまま使用することでパフォーマンスを高めることができます。

※「ReadyBoost」設定を行なったUSBフラッシュメモリにアクセスすると、[ReadyBoost.sfcache](設定によって拡張子が表示されない場合があります。)という名前のファイルが保存されています。

図10(図10)

補足:「ReadyBoost」設定を解除する方法

「ReadyBoost」設定を解除すると、USBフラッシュメモリの空きが戻り、データを保存することができるようになります。

  1. 上記と同様の操作を行ない、手順7で[◎ このデバイスを使用しない(N)]を選択します。
    図11(図11)

  2. [OK]ボタンをクリックすると、「ReadyBoost」設定は解除されます。

操作は以上です。

以上

かんたん評価:お役に立ちましたか?
解決できた

解決できた

参考になった

参考になった

内容不十分

内容不十分

役に立たなかった

役に立たなかった

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する