Windows 10 May 2020 Update 注意・制限事項

Windows 10 May 2020 Updateへアップデートする事によって発生する重要な注意・制限事項です。
Windows 10 May 2020 Updateへアップデートする前にご確認ください。

Windows 10 May 2020 Updateへアップデート後の注意・制限事項

Windows 10 May 2020 Updateの注意・制限事項
機能/ソフトウェア 内容
ウイルスバスター™ クラウド
90日版/製品版 Ver.15
dynabook P1-Z7Lシリーズ
dynabook P1-Z8Lシリーズ
dynabook U63/EPシリーズ
dynabook U63/FPシリーズ
dynabook UZ63/Lシリーズ
dynabook UZ63/Pシリーズ
dynabook Z95/FPシリーズ
dynabook ZZ75/Lシリーズ
左記のシリーズのPCでモダンスタンバイ(※)を行っている時に電源コードの抜き差しを行うと、ウィルスバスターが原因で、モダンスタンバイから復帰できない現象が発生します。この現象が発生した場合、電源ボタンの長押しによる強制終了が必要になります。
対処方法については以下のトレンドマイクロ社のホームページをご覧ください。
モダンスタンバイ対応のパソコンで、スリープ状態から復帰できない現象について(Dynabook PCご利用の方向け)

※モダンスタンバイ:[設定]->[システム]->[電源とスリープ]で「スリープ中もWi-Fiに接続したままにする」を有効にした状態でのスリープ。
完全シャットダウン
dynabook K1シリーズ
dynabook K50/FPシリーズ
左記のシリーズの一部の機器で、完全シャットダウン(Shiftキーを押しながらシャットダウン、高速スタートアップを無効にした状態でのシャットダウン、電源ボタンの長押しによる強制シャットダウン)を行うと、次回起動後のWindows 10の動作中にブルースクリーンのエラーが発生する場合があります。
現象が発生する機器にD-Boot Guardツールをインストールすると現象の発生を回避することができます。D-Boot Guardツールについては以下のページをご覧ください。
dynabook K1/dynabook K50シリーズ用 D-Boot Guardツール
(Windows 10 May 2020 Update以降対応)
現在、D-Boot Guardツールの公開を一時停止しております。


dynabook KZ11シリーズはこの現象は発生しません。
ウイルスバスター™ クラウド 90日版
Ver.10/11/12
以下のバージョンの90日版や製品版のウイルスバスター™ クラウドがインストールされている場合、Windows 10 May 2020 Updateにアップデートできない現象や、アップデート後にウイルスバスター™ クラウドが実行できない現象が発生します。
  • ウイルスバスター™ クラウド 90日版 Ver.12 (2018年春モデル~2018年秋冬モデル)
    • 90日版をご利用になっていない場合
    • 90日版のご利用後、有効期限を過ぎている場合
  • ウイルスバスター™ クラウド 90日版 Ver.11 (2017年春モデル~2017年秋冬モデル)
    • 90日版をご利用になっていない場合
    • 90日版のご利用後、有効期限を過ぎている場合
  • ウイルスバスター™ クラウド 90日版 Ver.10 (2016年春モデル~2016年秋冬モデル)
    • 90日版をご利用になっていない場合
    • 90日版のご利用後、有効期限を過ぎている場合
    • 90日版から製品版(Ver.10)に移行している場合
ウイルスバスター™ クラウドのアンインストールやバージョンアップが必要です。対応方法については以下のトレンドマイクロ社のホームページをご覧ください。
Windows上で「このアプリはこのデバイスで実行できません」というメッセージが表示された際の対応方法について
dynabook サービスステーション
Ver.7
診断ツールのHDD/SSDの診断結果が不明となる現象が発生する場合があります。
ストアでdynabook サービスステーションの最新版に更新してください。
「ストア」手動でストアアプリの更新プログラムをチェックする方法<Windows 10>
※SSDとOptaneメモリを搭載した機種の場合、SSDの情報が取得できないため診断結果は不明となります。
dynabook サービスステーション
Ver.6
東芝サービスステーション
Ver.6
診断ツールのHDD/SSDの診断結果が不明となる現象が発生する場合があります。
修正プログラムについてはdynabook サービスステーション/東芝サービスステーション Ver.6 のアップデート(Windows 10 Mat 2020 Update)をご覧ください。
東芝サービスステーション
Ver.5
診断ツールのHDD/SSDの診断結果が不明となる現象が発生する場合があります。
修正プログラムについては東芝サービスステーション Ver.5 のアップデート(Windows 10 May 2020 Update)をご覧ください。
HDDリカバリ GZ83/Mシリーズ、GX83/Mシリーズ、UZ63/LシリーズのインテルOptaneメモリー搭載機種で、、HDDリカバリが行えない現象が発生する場合があります。
修正プログラムについてはHDDリカバリ修正ツール(Windows 10 May 2020 Update)をご覧ください。

 

なお、本掲載内容は予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。