よくあるご質問 気になるランキング

更新日:2017年8月11日

お問い合わせの多いランキング

「東芝PCあんしんサポート」に電話お問い合わせが多い内容についてランキングします。

Windows 10PCで[スタート]メニューが表示されない

Windows 10PCで「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」画面が表示される

PC起動時に“Recovery Your PC needs to be repaired・・・”エラーメッセージが表示され、Windowsの起動ができない

「PETYA/GoldenEye」ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)にご注意ください

Webサイトを閲覧していたら、突然料金を支払えという画面(不正請求画面)が表示された

各お問い合わせの詳細は、以下を参照してください。

1. Windows 10PCで[スタート]メニューが表示されない

Windows 10PCでタスクバーの[スタート]ボタンをクリックしても反応せず[スタート]メニューが表示されないといったお問い合わせが多くよせられています。

以下の操作を行ない、PCを再起動してください。

  1. キーボードの[CTRL]キーを押しながら[ALT]キーと[DEL]キーを押します。
  2. 右下の[電源]ボタンをクリックします。
    [電源]ボタン

  3. 電源メニューが表示されます。[再起動]をクリックします。
    再起動

  4. PCが再起動します。再起動が完了するまでしばらくお待ちください。
  5. 再起動が完了したら現象が発生しているアカウントでサインインしてください。
  6. デスクトップが表示されたら、[スタート]ボタンをクリックします。
  7. [スタート]メニューが表示されるか確認してください。

操作は以上です。

2. Windows 10PCで「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」画面が表示される

Windows 10PCをお使いのお客様より突然「次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する」画面が表示された、これって何?どうしたらいいの?」というお問い合わせが多くよせられています。

本画面は、マイクロソフト社から提供されている更新プログラムがインストールされたことで表示されます。
最新のOS(Windows 10 Creators Update)へのアップデートに備えて、事前にプライバシー設定を行なうことをうながす画面になります。

プライバシー設定確認要求画面

◆今は設定を行なわない場合

[後で通知する]をクリックすることで延期することができます。

※[後で通知する]をクリックした場合、2日後に再度同じ画面が表示されます。4回目以降、[後で通知する]項目が表示されません。4回目でも延期したい場合は、[もう一度だけ延期することができます。]をクリックしてください。5回目は、延期することができません。

◆設定を行なう場合

[設定の選択]ボタンをクリックし、プライバシー設定を行なってください。

※プライバシー設定を行なうと、バックグラウンドでWindows 10 Creators Updateへのアップデート準備が行なわれ、アップデートされます。本操作を行なう前に必ず、<Windows 10 Creators Update アップデート情報>を参照し、お使いのPCがWindows 10 Creators Update動作確認機種であるか、どのような注意・制限事項があるかを確認してください。

3. PC起動時に“Recovery Your PC needs to be repaired・・・”エラーメッセージが表示され、Windowsの起動ができない

PC起動時にエラーメッセージが表示され、Windowsが起動できなくなった。どうしたらいいの?といったお問い合わせが多くよせられています。

本現象は、再起動を必要とする更新プログラムの更新作業中に誤って電源を切ってしまったり、更新プログラムの更新が正常に行なわれなかったときなどに発生します。本現象が発生すると、PCをリカバリーする必要があります。

※以下図はエラー画面の一例となります。エラーメッセージは状況によって異なります。

エラー画面の例

以下のような更新画面が表示されているときは、電源ボタンを押したり、カバーを閉じたりしないでください。
また、ノートPCをバッテリー駆動で使用している場合は、ACアダプターと電源コードを接続してください。

更新画面の例

4. 「PETYA/GoldenEye」ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)にご注意ください

2017年6月下旬に欧州を中心にランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)「PETYA(ペトヤまたはペチャ)」の亜種「GoldenEye(ゴールデンアイ)」による大規模なサイバー攻撃が発生し、企業や組織のシステムが深刻な被害を受けていると確認されています。

「感染しないようにするにはどうしたらいいのか?」(予防)、「感染してしまったらどうしたらいいのか?」(対応策)などのお問い合わせが多くよせられています。

本ランサムウェアに感染すると、OSの起動時に必ず読み込む必要のある「マスター・ブート・レコード(MBR)」を不正に改変(暗号化)し、PCが起動できなくなります。そして、偽の警告と金銭を要求するメッセージ画面が表示されます。1台のPCが感染すると、ネットワーク経由で複数のPCに感染が広がる可能性があります。

本ランサムウェアの感染は、まだ日本で報告されておりませんが、お使いのPCが脅威にさらされないように予防と対策をすることを強くおすすめします。

5. Webサイトを閲覧していたら、突然料金を支払えという画面(不正請求画面)が表示された

Webサイトを閲覧していたら、身に覚えがないのに「登録が完了しました」、「登録料をお支払いください」などといった請求画面が表示され、画面を閉じてもまた表示される。どうしたらいいの?というお問い合わせが多くよせられています。

このような不正請求は、ワンクリック詐欺とも呼ばれ、アダルトサイトからだけではなく、アニメやゲームなどのサイトからも誘導されることがあり、子供から高齢者まで、年齢・性別を問わず、多くのご相談をいただいております。

インターネット上にはさまざまな情報が掲載されていて非常に便利なツールですが、悪質なサイトも存在しています。十分に注意し、信頼できないサイトの閲覧は控えることをおすすめします。

すでに以下のような画面が表示されている場合は、「東芝PC有料サポートサービス」にご相談ください。

不正請求画面の例(イメージ図)



アンケートにご協力ください。この情報はお客様のお役に立ちましたか?
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright