dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Microsoft(R)IME」変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示する方法<Windows(R)7>

情報番号:010479  【更新日:2011.04.19

「Microsoft(R)IME」変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示する方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ 文字入力,文字入力の便利な使いかた

回答・対処方法

はじめに

変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示するように設定すると変換時に候補一覧から選択するだけで入力できるので便利です。

※本手順は、Windows7標準の「Microsoft IME」についての情報です。バージョンを確認する方法については、以下のリンクを参照してください。
[009663:「Microsoft(R) IME」バージョンを確認する方法<Windows(R)7>]

※「Microsoft Office IME 2007」を使用している場合は、以下のリンクを参照してください。
[011436:「Microsoft(R)Office IME 2007」変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示する方法<Windows(R)7>]

※「Microsoft Office IME 2010」を使用している場合は、以下のリンクを参照してください。
[011437:「Microsoft(R)Office Input Method Editor 2010(IME 2010)」変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示する方法<Windows(R)7>]

※本手順で「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示するように設定すると候補一覧に表示される項目が増えます。
そのことで目的の候補を選びづらくなる場合は、必要な項目のみ追加して不要な項目のチェックははずしてください。

  • 候補一覧に各文字種を表示するように設定しなかった場合
    図1(図1)

  • 変換候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」を表示するように設定した場合
    図2(図2)

操作手順

  1. 言語バーの[ツール]ボタンをクリックして、表示されるメニューの[プロパティ(R)]をクリックします。
    図3(図3)

    ※言語バーがデスクトップ上に見当たらない場合は、タスクバー上に格納されている場合があります。
    詳しくは、[009664:言語バーをタスクバー内に格納する方法<Windows(R)7>]を参照してください。

    ※言語バーが表示されていない場合は、[009665:言語バーが表示されない<Windows(R)7>]を参照してください。

  2. 「Microsoft IMEのプロパティ」画面が表示されます。「変換」タブをクリックします。
  3. ”候補一覧”項目の”候補一覧に追加で表示する文字種:”から[□ ひらがな(I)]、[□ 全角カタカナ(W)]、[□ 半角カタカナ(K)]、[□ ローマ字(R)]をクリックしてチェックを付けます。
    図4(図4)

  4. [OK]ボタンをクリックします。

文字を入力して変換したときに、候補一覧に「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」の項目が表示されることをご確認ください。

関連情報

以上