dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Windows Live(TM)メール 2011」メールアカウントを設定する方法<Windows(R)7> 【動画手順付き】

情報番号:011477  【更新日:2010.11.16文末にあるアンケートにご協力ください

「Windows Live(TM)メール 2011」メールアカウントを設定する方法<Windows(R)7> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ メール,メールアカウント設定

回答・対処方法

はじめに

「Windows Live メール 2011」でメールアカウントを設定する一般的な方法について説明します。

※本手順は、「Windows Live メール 2011」にアップデートまたは新規にインストールした環境であることを前提としています。

※以前のバージョンの「Windows Live メール」から「Windows Live メール 2011」にアップデートした場合は、アップデートする以前に設定した内容や送受信したメールの内容は引き継がれます。

※「Windows Live メール 2011」にアップデートまたは新規にインストールする方法については、以下のリンクを参照してください。
[011467:「Windows Live(TM) Essentials 2011」について<Windows(R)7>]
[011468:「Windows Live(TM) Essentials 2011」インストール方法<Windows(R)7>]

※他のパソコンからメールアカウントのバックアップを行なっている場合は、そのメールアカウントを復元することで同じメールアカウントを設定することができます。詳しくは、以下のリンクを参照してください。
[011486:「Windows Live(TM)メール 2011」バックアップしたメールアカウントを復元する方法<Windows(R)7>]

【注意】

※本手順は、インターネットプロバイダーに契約してメールアドレスを取得済の場合を対象としています。インターネットプロバイダーから提供されている設定資料をお手元に用意してください。
※本手順では、一般的な用語を用いてインターネットプロバイダーの設定をご紹介しています。具体的な設定値は、契約されているインターネットプロバイダーにご確認ください。

操作手順

動画で手順を確認する

※「Windows Live メール」初回起動時は、「電子メール アカウントを追加する」画面が表示されます。その場合は、手順4から進めてください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[Windows Live メール]をクリックします。
  2. 「Windows Live メール」が起動します。上部の「アカウント」タブをクリックします。
    図1(図1)

  3. 「アカウント」タブ画面から[電子メール]をクリックします。
    図2(図2)

  4. ”自分の電子メールアカウントを追加する”メッセージ画面が表示されます。”電子メールアドレス”、”パスワード”、”表示名”欄に自分の電子メールアカウント情報を入力して[次へ]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

    <設定項目の詳細>
    設定項目の詳細
    項目 詳細
    電子メールアドレス インターネットプロバイダーから提供されているご自分の電子メールアドレス
    パスワード インターネットプロバイダーから提供されているパスワード
    ※セキュリティのため、パスワードを入力すると●●●で表示されます。
    ※契約しているインターネットプロバイダーによって表現が異なる場合があります。
    例:メールパスワード、アカウントパスワード、POP3パスワード など
    ※パスワードを保存したい場合は、[□ パスワードを保存する(B)]にチェックを付けてください。
    表示名 このアカウントから送信されたメールに差出人として表示する名前(相手先で表示される名前)
    [□ この電子メールアカウントを既定にする。] この電子メールアカウントを既定として使用する場合にチェックを付けます。(電子メールアカウントを複数登録している場合)
    [□ 手動でサーバー設定を構成する(C)] 電子メールサーバーの情報を手動で設定したい場合にチェックを付けます。

  5. 自動的に契約しているインターネットプロバイダーのサーバー情報が設定されます。

    手順4で[□ 手動でサーバー設定を構成する(C)]にチェックを付けた場合、または契約しているインターネットプロダイバーのサーバー情報が自動取得できない場合は、”サーバー設定を構成”メッセージ画面が表示されます。契約しているインターネットプロバイダーから提供されている設定資料を参照し、サーバー情報の入力、設定を行ない[次へ]ボタンをクリックします。
    図4(図4)

    <設定項目の詳細>
    設定項目の詳細
    受信サーバー情報 詳細
    サーバーの種類 [▼]をクリックし、[POP][IMAP][Windows Live Hotmail]のいずれかを選択します。
    ※契約しているインターネットプロバイダーによって異なりますが、一般的には[POP3]を選択します。
    サーバーのアドレス インターネットプロバイダーから提供されている受信サーバーのアドレスを入力してください。
    ※契約しているインターネットプロバイダーによって表現が異なる場合があります。
    例:POP3サーバー、メールサーバー(POP3)など
    ポート ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、任意のポート番号が指定されている場合があります。
    [□ セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)] ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、チェックを付ける場合があります。
    次を使用して認証する [▼]をクリックし、[クリアテキスト][セキュリティで保護されたパスワード認証][認証済みPOP(APOP)]のいずれかを選択します。
    ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、任意の設定に変更する場合があります。
    ログオンユーザー名 インターネットプロバイダーから提供されているログオンユーザー名を入力してください。
    ※電子メールアドレスと同じ場合は、自動的に判別して入力されます。電子メールアドレスと異なる場合は、入力し直してください。


    設定項目の詳細
    送信サーバー情報 詳細
    サーバーのアドレス インターネットプロバイダーから提供されている送信サーバーのアドレスを入力してください。
    ※契約しているインターネットプロバイダーによって表現が異なる場合があります。
    例:SMTPサーバー、メールサーバー(SMTP)など
    ポート ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、任意のポート番号が指定されている場合があります。
    [□ セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)] ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、チェックを付ける場合があります。
    [□ 認証が必要(A)] ※契約しているインターネットプロバイダーによっては、チェックを付ける場合があります。

  6. ”電子メールアカウントが追加されました”メッセージ画面が表示されます。[完了(F)]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

  7. 「受信トレイ-Windows Live メール」メイン画面に戻ります。フォルダーウィンドウに追加したメールアカウントのフォルダー階層が表示されます。
    図6(図6)

以上でメールアカウントの設定作業は終了です。

複数のメールアカウントを追加したい場合は、同様の操作を行なってください。メールアカウントごとにメールを管理することができます。

メールが送受信できることを確認してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • チャットで相談する