dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > タッチパッド(クリックパッド)の有効(ON)/無効(OFF)を切り替える方法<dynabook Qosmio T852/D8FB>

情報番号:013288  【更新日:2012.06.19文末にあるアンケートにご協力ください

タッチパッド(クリックパッド)の有効(ON)/無効(OFF)を切り替える方法<dynabook Qosmio T852/D8FB>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ キーボード,キーボードの便利な使いかた,マウス/タッチパッド,マウス/タッチパッドの設定

回答・対処方法

はじめに

タッチパッドの有効(ON)/無効(OFF)を切り替える方法について説明します。

タッチパッドを無効に切り替えることで、キーボード入力時などにタッチパッドに誤って触れて誤入力・誤操作してしまうことを防止することができます。

【注意】

  • 設定を無効にした時点で、タッチパッドが動作しなくなります。あらかじめ外付けマウスを接続してから作業を行なってください。
  • キーボード操作でタッチパッドの有効/無効を切り替える場合は、タッチパッドから手を離してから行なってください。
  • キーボード操作でタッチパッドを有効にした瞬間、カーソルの動きが数秒不安定になることがあります。そのような場合は、1度タッチパッドから手を離してください。しばらくすると、正常に操作できるようになります。

操作手順

操作は次の2通りの方法があります。

[タッチパッドオン/オフ]インジケーターで操作する方法

  1. タッチパッドの左上にある[タッチパッド オン/オフ]インジケーターをすばやく2回たたくと、タッチパッドの有効/無効を切り替えることができます。
    図1(図1)
タッチパッドの状態
タッチパッド [タッチパッド オン/オフ]
インジケーター
有効 消灯
無効 点灯

操作は以上です。

操作したとおりにタッチパッドの有効/無効が切り替えられたことを確認してください。

<補足:[タッチパッド オン/オフ]インジケーターでタッチパッドの有効/無効の切り替えができない場合>
[タッチパッド オン/オフ]インジケーターでタッチパッドの有効/無効の切り替えができない場合は、以下の設定を確認してください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されます。[ハードウェアとサウンド]をクリックします。
  3. 「ハードウェアとサウンド」画面が表示されます。”デバイスとプリンター”項目の[マウス]をクリックします。
  4. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。「デバイス設定」タブをクリックします。
  5. ”デバイス(V)”項目で[Synaptics ClickPad V1.4]を選択し、[設定(S)]ボタンをクリックします。
    図2(図2)

  6. 「デバイス設定:Synaptics ClickPad V1.4/SMBポート」画面が表示されます。”アイテムの選択”項目から[タッチパッド無効ゾーン]をクリックします。
  7. 右側に”タッチパッド無効ゾーン設定”が表示されます。[□ ダブルタップでTouchPadを使用または使用不可にする(Y)]のチェックがはずれている場合は、クリックしてチェックを付けます。
    図3(図3)

  8. 設定が終わりましたら、[OK]ボタンをクリックします。
  9. 「マウスのプロパティ」画面に戻りましたら、[OK]ボタンをクリックして閉じます。
  10. 「ハードウェアとサウンド」画面に戻りましたら、画面右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

[タッチパッド オン/オフ]インジケーターでタッチパッドの有効/無効の切り替えができることを確認してください。

キーボードで操作する方法

  1. [FN]キーを押しながら[F9]キーを押します。
  2. タッチパッドのカードが表示されます。(このとき、[FN]キーは押したままの状態です。)
    ※タッチパッドのカードが表示されない場合は、「TOSHIBA Flash Cards」が無効に設定されている可能性があります。
    [009871:「TOSHIBA Flash Cards」を有効/無効にする方法<Windows(R)7>]を参照し、有効に設定してください。

    ◆有効に切り替える場合
    [FN]キーを押したまま[F9]キーを押し直し、[有効]アイコンが大きい状態で指を離します。
    図4(図4)

    ◆無効に切り替える場合
    [FN]キーを押したまま[F9]キーを押し直し、[無効]アイコンが大きい状態で指を離します。
    図5(図5)

操作は以上です。

操作したとおりにタッチパッドの有効/無効が切り替えられたことを確認してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • チャットで相談する