dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「ピークシフト」バッテリーのLEDが消え、バッテリーパックが充電されない<Windows(R)8>

情報番号:014546  【更新日:2013.08.27

「ピークシフト」バッテリーのLEDが消え、バッテリーパックが充電されない<Windows(R)8>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)8,Windows 8.1
カテゴリ Windowsのトラブル,使用中のトラブル,その他のプレインストールソフト,PCサポートソフト,バッテリー

回答・対処方法

内容と対応

「ピークシフト」がインストールされている機種で、AC電源に接続しているのにバッテリーに充電されず、バッテリーのLEDも消灯する場合があります。

注意事項
【Windows 8.1へアップデートして使用されている方へ】
本情報は、Windows 8プレインストール時の操作手順となります。
「ピークシフト」は、「TOSHIBA ecoユーティリティ」機能の一つになります。Windows 8.1へアップデート後も同様の操作を行なうことができますが、Windows 8.1アップデート前、またはアップデート後に対応したソフトウェアへアップデートが必要です。ソフトウェアのダウンロード/インストールについては、[014827:「東芝サービスステーション」ドライバーやアプリなどの更新情報を確認し、インストールする方法<Windows 8.1>]を参照してください。

Windows 8.1の一般的な操作手順については、<Windows 8.1 FAQ情報>を参考ください。

症状

  • バッテリーが充電できたり、できなかったりが時間帯によって変化する。
  • バッテリーのLEDが点灯したり、消灯したりが時間帯によって変化する。
  • BIOS上やシャットダウン時にバッテリLEDが点灯するが、Windowsが起動すると消灯する。
    ※機種によって、表示が異なります。
    図1(図1)

  • タスクトレイの[電源]アイコンをクリックすると、”電源に接続:充電していません”と表示される。
    図2(図2)


原因

これは、「TOSHIBA ecoユーティリティ」内の「ピークシフト」が有効な場合に、設定された時間帯になるとAC電源駆動からバッテリー駆動へ自動で切り替えるためです。

「ピークシフト」とは、昼間の電力消費の一部を夜間に移行させて電力を効果的に活用し、電力需要の平準化に貢献する機能です。

「ピークシフト」を無効にしたい場合は、以下の設定を行なってください。



※「ピークシフト」の詳細については、[013905:「ピークシフト」について<Windows(R)8>]を参照してください。
※「ピークシフト」は「TOSHIBA eco ユーティリティ」の機能のひとつです。「TOSHIBA eco ユーティリティ」については、[013899:「TOSHIBA ecoユーティリティ」について<Windows(R)8>]を参照してください。

「ピークシフト」を無効にする方法

  1. スタート画面で、[デスクトップ]タイルをクリックします。
    図3(図3)

  2. デスクトップが表示されます。画面右下のタスクトレイ上の[電源]アイコンをクリックして、[その他の電源オプション]をクリックします。
    図4(図4)

  3. 「電源オプション」画面が表示されます。[TOSHIBA ecoユーティリティ]をクリックします。
    図5(図5)


  4. 「ecoユーティリティ」が起動します。画面左側の[ピークシフト]をクリックします。
    図6(図6)
  5. 「ピークシフト」の設定画面が表示されます。一覧の”有効”項目をクリックしてチェックをはずして、[閉じる]ボタンをクリックします。
    図7(図7)
  6. バッテリーが充電できているか確認してください。
    図8(図8)

操作は以上です。

関連情報

以上

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する