dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > タブレットモードのタスクバーボタンをグループ化(結合)する方法<Windows 10>

情報番号:017526  【更新日:2018.02.28文末にあるアンケートにご協力ください

タブレットモードのタスクバーボタンをグループ化(結合)する方法<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsの操作/設定,タッチパネル,タッチパネルの使いかた

回答・対処方法

はじめに

タブレットモードのタスクバーをカスタマイズすることで、ファイルやフォルダーを複数開いたときのタスクバーボタンの表示方法を変更することができます。

ここでは、タスクバーボタンをグループ化(結合)する方法を説明します。

※タブレットモードがONの状態だとタッチパネルの操作に適した表示になります。詳しくは、[016891:「タブレットモード」について<Windows 10>]を参照してください。

※タブレットモードのONまたはOFFを手動で切り替える方法については、[016880:タブレットモードのON/OFFを手動で切り替える方法<Windows 10>]を参照してください。

マウス、クリックパッド(タッチパッド)操作について
※本操作は、タッチパネル搭載モデルでタッチ操作の手順となります。マウスまたはクリックパッド(タッチパッド)を使って操作を行ないたい場合は、タップを”クリック”、ダブルタップを”ダブルクリック”、長押し(ロングタップ)を”右クリック”に読み替えて操作してください。

操作手順

※Windows 10のバージョンによって操作が異なります。お使いのPCのWindows10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

Windows 10バージョン1511以前をお使いの場合

  1. タスクバーの[スタート]ボタンを長押し(ロングタップ)します。
    図1(図1)

  2. クイックリンクメニューが表示されます。[コントロールパネル(P)]をタップします。
    図2(図2)

  3. 「コントロールパネル」画面が表示されます。[デスクトップのカスタマイズ]をタップします。
    図3(図3)

  4. 「デスクトップのカスタマイズ」画面が表示されます。[タスクバーとナビゲーション]をタップします。
    図4(図4)

  5. 「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」画面の「タスクバー」タブが表示されます。
    ”タスクバーのボタン(B):”の[v]をタップし、[常に結合、ラベルを非表示]、[タスクバーに入りきらない場合に結合]のいずれかをタップして選択します。
    図5(図5)

    [常に結合、ラベルを非表示]
    既定の設定です。
    個々のプログラムがラベルのない1つのボタンとして表示され、プログラムの項目が複数開いているときにも同様に表示されます。
    図6(図6)

    [タスクバーに入りきらない場合に結合]
    各項目がラベルのある個別のボタンとして表示されます。
    タスクバーがいっぱいになると、複数の項目を開いているプログラムが1つのボタンにまとめられます。ボタンにポインターを合わせると開いている項目の一覧が表示されます。
    図7(図7)

  6. 設定後、[OK]ボタンをタップします。
    図8(図8)

設定は以上です。

タスクバーボタンの表示が変更されていることを確認してください。

<補足:上記手順5で[結合しない]を選択した場合>

ウィンドウがいくつ開いても1つのボタンにまとめられることはありません。開かれたプログラムやウィンドウの数が増えるにつれ、ボタンのサイズが小さくなります。最終的に、タスクバーの中でボタンが上下にスクロールします。

図9(図9)

Windows 10 Anniversary Update(Windows 10バージョン1607)以降をお使いの場合

  1. スタート画面の[設定]をタップします。
    図10(図10)

  2. 「設定」画面が表示されます。[個人用設定]をタップします。
    図11(図11)

  3. 「個人用設定」画面が表示されます。[タスクバー]をタップします。
    図12(図12)

  4. 「タスクバー」画面が表示されます。画面を下から上に向かってスライドして、“タスクバーボタンを結合する”項目を表示します。
    図13(図13)

  5. “タスクバーボタンを結合する”の[▼]をタップします。
    図14(図14)

  6. 表示されるメニューから[常に結合、ラベルを非表示]または[タスクバーに入りきらない場合]をタップします。
    図15(図15)

    <各項目の詳細>

    ・[常に結合、ラベルを非表示]
    既定の設定です。個々のプログラムがラベルのない1つのボタンとして表示され、プログラムの項目が複数開いているときにも同様に表示されます。
    図16(図16)

    ・[タスクバーに入りきらない場合]
    各項目がラベルのある個別のボタンとして表示されます。タスクバーがいっぱいになると、複数の項目を開いているプログラムが1つのボタンにまとめられます。ボタンにポインターを合わせると開いている項目の一覧が表示されます。
    図17(図17)

  7. 「タスクバー」画面の上端をタップし、そのまま下端までドラッグして画面を閉じます。
    図18(図18)

設定は以上です。

タスクバーボタンの表示が変更されていることを確認してください。

<補足:上記手順6で[結合しない]を選択した場合>

ウィンドウがいくつ開いても1つのボタンにまとめられることはありません。開かれたプログラムやウィンドウの数が増えるにつれ、ボタンのサイズが小さくなります。最終的に、タスクバーの中でボタンが上下にスクロールします。

図19(図19)

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • チャットで相談する