dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「東芝パスワードユーティリティ」一般ユーザーの操作を制限する方法<Windows 10>

情報番号:018234  【更新日:2017.06.27文末にあるアンケートにご協力ください

「東芝パスワードユーティリティ」一般ユーザーの操作を制限する方法<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ その他のプレインストールソフト,dynabookユーティリティ,セキュリティ情報,セキュリティ予防/対策,パスワード

回答・対処方法

はじめに

「スーパーバイザーパスワード」は、BIOSセットアップの設定を変更できないようにするなど、いくつかのパソコン本体の設定について制限をかける機能です。

ここでは、「東芝パスワードユーティリティ」で一般ユーザーの操作を制限する方法について説明します。

<ユーザーポリシーについて>

以下の操作について制限することができます。

※モデルによって表示される制限は異なります。

  • ユーザーパスワード
    [□ ユーザーパスワードの登録を許可する]
    [□ ユーザーパスワードの削除を許可する]
    [□ ユーザーパスワードの変更を許可する]

  • ハードウェア
    [□ BIOSセットアップと東芝システムセッティングの使用を許可する]
    [□ BIOSの更新を許可する]

  • HDDパスワード
    [□ HDDパスワードの登録/削除を許可する]
    [□ HDDパスワードの変更を許可する]

  • TPM
    [□ TPMのEnabled/Disabledを許可する]
    [□ TPMのオーナークリアを許可する]

※本情報は、すでにスーパーバイザーパスワードが登録済みであることを前提としています。スーパーバイザーパスワードが未登録の場合は、[018231:「東芝パスワードユーティリティ」スーパーバイザーパスワードを登録する方法<Windows 10>]を参照してください。

※「東芝パスワードユーティリティ」を使用してユーザーパスワードとスーパーバイザーパスワードの登録/変更/削除などを設定することができます。各パスワードの詳細と設定方法、パスワードに使用できる文字や注意事項については、[018226:「東芝パスワードユーティリティ」について<Windows 10>]を参照してください。

タッチ操作について
※本操作は、マウスまたはクリックパッド(タッチパッド)を使っての操作手順となります。タッチパネル搭載モデルでタッチ操作を行ないたい場合は、[016766:タッチパネルの使いかた<Windows 10>]を参考にし、クリックを”タップ”、ダブルクリックを”ダブルタップ”、右クリックを”長押し(ロングタップ)”に読み替えて操作してください。

操作手順

※本情報は、Windows 10 Creators Update(Windows 10バージョン1703)の環境で操作しています。バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。ご了承ください。お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

※本情報は、「東芝パスワードユーティリティ V9.03.04.01」を元に作成しています。バージョンが異なると、若干操作/画面が異なる場合があります。ご了承ください。「東芝パスワードユーティリティ」のバージョンを確認する方法については、[018235:「東芝パスワードユーティリティ」バージョンを確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

  1. タスクバーの検索ボックスをクリックします。
    図1(図1)

  2. 検索ボックスに パスワード と入力します。
    図2(図2)

  3. 検索結果から[パスワードユーティリティ]をクリックします。
    図3(図3)

  4. 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。[はい]ボタンをクリックします。
  5. “スーパーバイザーパスワードを入力してください。”メッセージ画面が表示されます。スーパーバイザーパスワードを入力し、[確認]ボタンをクリックします。
    図4(図4)

  6. 「東芝パスワードユーティリティ」が起動します。「スーパーバイザーパスワード」タブをクリックします。
    図5(図5)

  7. 「スーパーバイザーパスワード」タブ画面が表示されます。“ユーザーポリシー”の[設定]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

  8. 「ユーザーポリシーの設定」画面が表示されます。制限したい項目のチェックボックスをクリックして、許可する場合はチェックを付ける、禁止する場合はチェックをはずします。
    図7(図7)

  9. 設定が終わりましたら、[設定]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

  10. “ユーザーポリシーを変更しますか?”メッセージ画面が表示されます。[はい]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

  11. “スーパーバイザーパスワードを入力してください。”メッセージ画面が表示されます。スーパーバイザーパスワードを入力し、[確認]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

  12. “ユーザーポリシーが変更されました。”メッセージ画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図11(図11)

  13. 「スーパーバイザーパスワード」タブ画面に戻ります。[OK]ボタンをクリックします。
    図12(図12)

設定は以上です。

制限したとおりに動作することを確認してください。

以上

かんたん評価:お役に立ちましたか?
解決できた

解決できた

参考になった

参考になった

内容不十分

内容不十分

役に立たなかった

役に立たなかった

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する