東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > 青少年のおられる家庭の皆様へ

青少年のおられる家庭の皆様へ~ 重要なお知らせとお願い

インターネットの発展によって、世界中の人と容易にメールのやりとりをしたり、個人や企業が開設しているインターネット上のサイトを活用したりすることによって、必要なときに必要とする情報を瞬時に検索することが可能となっています。しかしながら、インターネットには違法情報や有害情報という負の側面があります。特に青少年にとって、下記のようなインターネット上のサイトは、情報入手の容易化や機会遭遇の増大などによって、青少年の健全な発育を阻害し、犯罪や財産権侵害、人権侵害などの社会問題の発生を助長していると見られています。

アダルトサイトが青少年にとっていかに有害であっても、他人のサイトの公開を止めさせることはできません。情報を発信する人の表現の自由を奪うことになるからです。また、日本では非合法であっても、海外に存在しその国では合法のサイトもあり、それらの公開を止めさせることはできません。
有害なインターネット上のサイトを青少年に見せないようにするための技術が、「フィルタリング」といわれるものです。フィルタリングは、情報発信者の表現の自由を尊重しつつ、情報受信者の側で閲覧の制御を行う技術的手段で、100%万全ではありませんが、多くの有害な情報へのアクセスを自動的に制限することができる有効な手段です。特に青少年がおられるご家庭では、ご自宅のパソコンにフィルタリング機能を持つソフトウェアを購入しインストールするか、インターネット事業者のフィルタリング・サービスの利用をご検討されることをお勧めします。

「フィルタリング」は、ソフトウェアあるいはサービス事業者によって、「有害サイトブロック」「Webフィルタ」「インターネット利用管理」などと表現される場合もあり、それぞれ、機能、利用条件が異なっています。ソフトウェア提供会社あるいは、お客様が契約されているインターネット事業者に、事前にご確認されることをお勧めします。

なお、 Windows 7/Windows Vistaでは「保護者による制限」機能、Windows 8、Windows 8.1では「ファミリーセーフティ」を標準で搭載しています。また、東芝のパソコンでは機種によって異なりますが「i-フィルター」、「マカフィーインターネットセキュリティスイート」、「ウイルスバスター」といったアクセスできるWebサイトを規制する対策ソフトがインストールされています。それらの対策ソフトを使用して設定を行なってください。

対策ソフトにつきましては以下をご覧ください。

対策ソフト

参考資料

社団法人 電子情報技術産業協会のユーザ向け啓発資料
青少年が安全に安心してインターネットを利用するために ~ フィルタリング機能の活用

iフィルターに関するお問い合わせ(iフィルターご利用の方)

アンケートにご協力ください。
この情報はお客様のお役に立ちましたか?

別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright