dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > クリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にする方法<Windows 10> 【動画手順付き】

情報番号:018285  【更新日:2018.03.06文末にあるアンケートにご協力ください

クリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にする方法<Windows 10> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ マウス/タッチパッド,マウス/タッチパッドの設定,マウス/タッチパッドの便利な使いかた

回答・対処方法

はじめに

ここでは、クリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にする方法について説明します。

外付けマウスを接続したからクリックパッド(タッチパッド)を無効にしたい、または突然クリックパッド(タッチパッド)が動作しなくなったといった場合、本操作を行ない設定を切り替えてください。

※Windowsタブレット/デタッチャブルモデルをお使いの場合は、付属またはオプションのキーボードドックを接続していることを前提としています。

動画で手順を確認する

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

操作手順

※本情報は、Windows 10 Creators Update(Windows 10バージョン1703)の環境で操作しています。バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。ご了承ください。お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

※本操作を行なうには、外付けのマウスを接続してください。

  1. タスクバーの[スタート]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

  2. [スタート]メニューが表示されます。[設定]をクリックします。
    図2(図2)

  3. 「設定」画面が表示されます。[デバイス]をクリックします。
    図3(図3)

  4. 「デバイス」画面が表示されます。[タッチパッド]をクリックします。
    図4(図4)

  5. 「タッチパッド」画面が表示されます。ここからの操作は、搭載しているクリックパッド(タッチパッド)の種類によって異なります。
    ※搭載しているクリックパッド(タッチパッド)のドライバーのバージョンによっても若干操作や画面が異なる場合があります。ご了承ください。
    ◆Synapticsタッチパッドモデルの場合
    ◆ALPSタッチパッドモデルの場合
    ◆ELANタッチパッドモデルの場合
    ◆高精度タッチパッドモデルの場合
    図5(図5)

    ◆Synapticsタッチパッドモデルの場合
    a.“関連する設定”の[追加の設定]をクリックします。
    図6(図6)

    b.「マウスのプロパティ」画面が表示されます。「デバイス設定」タブをクリックします。
    図7(図7)

    c.「デバイス設定」タブ画面が表示されます。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を無効にする
    [無効(D)]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

    「警告 唯一アクティブなSynapticsのポインティングデバイスを無効にしようとしています。」画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

    クリックパッド(タッチパッド)が無効になり、動作しなくなります。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を有効にする
    [有効(E)]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

    クリックパッド(タッチパッド)が有効になり、動作するようになります。

    ※外付けマウスを接続しているときにクリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にしたい場合は、[018288:USBマウス接続時にクリックパッド(タッチパッド)を無効にする方法<Windows 10>]を参照してください。

    d.[OK]ボタンをクリックします。
    図11(図11)

    e.手順6に進みます。

    ◆ALPSタッチパッドモデルの場合
    ※本手順は、dynabook RX82/Tシリーズを元に作成しています。他のモデルでは若干操作が異なる場合があります。ご了承ください。

    a.“関連する設定”の[追加の設定]をクリックします。
    図12(図12)

    b.「マウスのプロパティ」画面が表示されます。「拡張」タブをクリックします。
    図13(図13)

    c.「拡張」タブ画面が表示されます。“デュアルポイント拡張設定”の[拡張機能の設定(D)...]ボタンをクリックします。
    図14(図14)

    d.「拡張機能の設定」画面が表示されます。「デバイス選択」タブをクリックします。
    図15(図15)

    e.「デバイス選択」タブ画面が表示されます。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を無効にする
    “タッチパッド”の[□ タッチパッドを使用する(T)]をクリックしてチェックをはずします。
    図16(図16)

    ・クリックパッド(タッチパッド)を有効にする
    “タッチパッド”の[□ タッチパッドを使用する(T)]をクリックしてチェックを付けます。
    図17(図17)

    f.[OK]ボタンをクリックします。
    図18(図18)

    g.「拡張」タブ画面に戻り、クリックパッド(タッチパッド)が無効または有効になります。[OK]ボタンをクリックします。
    図19(図19)

    ※外付けマウスを接続しているときにクリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にしたい場合は、[018288:USBマウス接続時にクリックパッド(タッチパッド)を無効にする方法<Windows 10>]を参照してください。

    h.手順6に進みます。

    ◆ELANタッチパッドモデルの場合
    a.“関連する設定”の[追加の設定]をクリックします。
    図20(図20)

    b.「マウスのプロパティ」画面が表示されます。「ELAN」タブをクリックします。
    図21(図21)

    c.「ELAN」タブ画面が表示されます。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を無効にする
    [デバイスを停止する]ボタンをクリックします。
    図22(図22)

    「警告 デバイスを無効にしますか?」画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    図23(図23)

    クリックパッド(タッチパッド)が無効になり、動作しなくなります。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を有効にする
    [デバイスを有効にする]ボタンをクリックします。
    図24(図24)

    クリックパッド(タッチパッド)が有効になり、動作するようになります。

    ※外付けマウスを接続しているときにクリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にしたい場合は、[018288:USBマウス接続時にクリックパッド(タッチパッド)を無効にする方法<Windows 10>]を参照してください。

    d.[OK]ボタンをクリックします。
    図25(図25)

    e.手順6に進みます。

    ◆高精度タッチパッドモデルの場合
    a.“タッチパッド”の“タッチパッド”スイッチで設定を行ないます。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を無効にする
    “タッチパッド”のスイッチをクリックして“オフ”にします。
    図26(図26)

    クリックパッド(タッチパッド)が無効になり、動作しなくなります。

    ・クリックパッド(タッチパッド)を有効にする
    “タッチパッド”のスイッチをクリックして“オン”にします。
    図27(図27)

    クリックパッド(タッチパッド)が有効になり、動作するようになります。

    ※外付けマウスを接続しているときにクリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にしたい場合は、[018288:USBマウス接続時にクリックパッド(タッチパッド)を無効にする方法<Windows 10>]を参照してください。

    b.手順6に進みます。

  6. 設定が終わりましたら、右上の[×]ボタンをクリックして「タッチパッド」画面を閉じます。
    図28(図28)

クリックパッド(タッチパッド)を有効/無効にする操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する