海外でのご使用について

海外に市販の東芝製パソコンを持ち出すときに、必要な注意事項をご案内します。 次の項目をご確認ください。


ACアダプタ/電源ケーブルの確認

市販のノートパソコンを海外で使用するときは、海外の電圧に対応した電源ケーブルをお使いください。詳細については次のFAQ情報をご確認ください。

  

  

海外で市販のパソコンの使いかたに困ったとき

海外で市販のパソコンの使いかたに困ったときは、「海外からのご相談/日本国内からのご相談」でご相談窓口をご確認ください。 ご使用のモデルやお客様が居られる場所により、お問い合わせいただく窓口が異なります。

詳細を見る

  

  

海外で市販のパソコンが故障したとき

日本国内で購入された市販の国内向けモデルと市販のインターナショナルモデル(2007年4月以降モデル)の修理のご依頼は、「 ILW Support Center 」にご相談ください。

詳細を見る

  

  

海外へ市販のパソコンを輸送するとき

海外へバッテリ付のパソコンを航空輸送するときに、航空会社や運送会社によっては、製品安全データシート(MSDS)を要求される場合があります。 これは、国際航空運輸協会(IATA)が発行する国際航空貨物に関する輸送規則に、リチウムイオンバッテリが該当するためです。
製品安全データシート(MSDS)の詳細については東芝PCあんしんサポート(技術的な相談窓口)へご確認ください。

  

  

海外に市販のパソコンを輸出等するとき

市販のパソコンを海外に輸出等する場合は、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)及び米国輸出管理関連法に基づく管理が必要になります。
詳細については「市販の東芝パソコン等の輸出等における管理について」でご確認ください。

詳細を見る

  

  

無線LAN/Bluetooth対応地域

海外で無線通信機器を使用する場合は、使用される国/地域の無線規格を取得している必要があります。

無線規格を取得している国/地域に関する情報は、お使いの機種の製品情報ページにある「仕様 - 無線LAN」の項目をご参照ください。
※2012年2月以前の市販のモデルをご利用の場合は、「仕様」ページ文末にある「使用上のご注意」項目をご参照ください。

また無線規格を取得していない国/地域ではPC本体の無線通信をOFFにしてください。


別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright