dynabook.com > サポート > お役立ちコンテンツ > Windows 10 May 2020 Update サポート情報

Windows 10 May 2020 Update サポート情報

一部の機種を除くWindows 10、Windows 10 Anniversary Update、Windows 10 Creators Update、Windows 10 Fall Creators Update、Windows 10 April 2018 Update、Windows 10 October 2018 Update、Windows 10 May 2019 Update、Windows 10 November 2019 Updateプレインストールモデルの動作確認を行なっております。 Windows 10 May 2020 Update 動作確認機種一覧以外のモデルにつきましては、動作確認を行なっておりません。

Windows 10 May 2020 Update 動作確認機種一覧

Windows 10 May 2020 Update 新機能

2020年5月下旬からマイクロソフト社が最新OS「Windows 10 May 2020 Update(メイ2020アップデート)」の提供を開始しました。 最新のWindows 10では、セキュリティや従来から搭載されているアプリの機能強化、操作性/利便性の向上がされ、より使いやすくなりました。

ここでは、主な新機能と改良された機能について説明します。

詳細を見る 

Windows 10 May 2020 Update アップデート情報

アップデートについて動作確認機種一覧注意・制限事項アップデート手順などについて説明しています。
※Windows 10 May 2020 Updateにアップデートされる前に必ず内容を確認してください。

Windows 10 May 2020 Update アップデート情報

詳細を見る 

Windows 10 一般的な使いかた

Windows 10の基本的な操作方法など役立つFAQのリンク集をご紹介します。

Windows 10 一般的な使いかた入り口


詳細を見る 

Windows 10のバージョンについて

Windows 10では、定期的にアップデート更新プログラムが提供され、多くのお客様の声をもとにセキュリティや機能が強化され、進化し続けています。2020年6月現在の最新OSは、Windows 10 May 2020 Updateになります。

ここでは、今まで提供されたWindows 10のバージョンについて紹介します。

詳細を見る 

 

 

Windows 10 May 2020 Update 新機能

Windows 10 May 2020 Update(Windows 10 バージョン 2004)は、2020年5月下旬よりWindows 10がインストールされているPCを対象に、「Windows Update」によって順次配信されます。

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]

このデバイス上のMicrosoft アカウントにはWindows Hello サインインのみを許可し、セキュリティを強化する

Microsoft アカウントを使用してWindowsにサインインするには、パスワードの入力が必要となります。本機能をオンにすると、パスワードを無くし、 Windows Hello(顔認証、指紋認証、暗証番号(PIN))のみの認証となり、セキュリティを一層強化することができます。

Microsoft アカウントにWindows Helloサインインを要求する

セーフモードもWindows Hello 暗証番号(PIN)でサインイン可能に

デバイスの問題のトラブルシューティングを実施するときのセキュリティも強化されました。

セーフモードにPIN追加

拡大鏡でテキストを読み上げる

「拡大鏡」を使用して画面の一部を拡大します。拡大鏡は全画面表示として、独立したウィンドウとして、または画面上のマウスポインターの動きを追いかけるレンズとして実行できます。 本バージョンからはテキストの読み上げも行えるようになりました。

拡大鏡でテキストを読み上げる

文字入力時のテキストカーソルを見つけやすくする

文字入力時にテキストカーソルの位置が見つけづらい場合があります。 本バージョンからはテキストカーソルを見つけやすくするために、カーソルのサイズと色を変更することができるようになりました。

テキストカーソルインジケーターを使用する

前回サインアウト時に起動していたアプリを次回サインイン後に自動的に起動する

サインアウトやWindowsを再起動またはシャットダウンする前に起動中のアプリをサインイン後に自動的に起動することで作業の効率をUPすることができます。

アプリの再起動

「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブにディスクの種類を表示

お使いのパソコンに搭載されているディスクがHDDなのかSSDなのか確認することができるようになりました。

ディスクの種類を表示

仮想デスクトップの名前が変更可能に

タスクビューから起動した仮想デスクトップの名前は、デスクトップ1、デスクトップ2といった名前が自動的に割り振られていましたが、もっとわかりやすい名前に変更できるようになりました。

仮想デスクトップの名前の変更

Cortana(コルタナ)画面が移動可能

Cortana(コルタナ)がタスクバーから分離され、ドラッグしてデスクトップ上の使いやすい位置に移動できるようになりました。

Microsoft IME(日本語文字入力支援ソフトウェア)の利便性向上

■ Microsoft IMEの設定画面が「Windowsの設定」に統合
より直感的にIMEの設定をカスタマイズすることが可能になりました。

IME設定画面

■ IMEツールバーの表示
本バージョンでは[入力モード]、[IMEパッド]、[辞書ツール]、[かな入力オン/オフ]ボタンを搭載したIMEツールバーを表示することができるようになりました。

IMEツールバー

アンケートにご協力ください。この情報はお客様のお役に立ちましたか?