dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > マウスの使いかた<Windows 10>

情報番号:017227  【更新日:2019.08.01文末にあるアンケートにご協力ください

マウスの使いかた<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ マウス/タッチパッド

回答・対処方法

はじめに

電源を入れてWindowsを起動すると、パソコンのディスプレイに矢印が表示されます。この矢印を「ポインター」といい、操作の開始位置を示しています。この「ポインター」を動かしながらパソコンを操作していきます。

「ポインター」を動かすには、クリックパッド(タッチパッド)やマウスを使用します。

図1(図1)

ここでは、マウスの使いかたについて説明します。

※Windowsタブレットモデルは、画面にタッチして操作(タッチパネル)する仕様のため、「ポインター」が表示されません。マウスを接続すると「ポインター」が表示されます。

PCに付属しているマウスについて

上記対応機種の一部のモデルには、マウスが付属しています。マウスは機種によって異なる仕様となります。付属しているマウスの種類を確認し、使用するための準備を行なってください。

※マウスの付属の有無や種類については、同梱されている「dynabook ****(お使いの機種名)シリーズをお使いのかたへ」を確認してください。

※ノート型PCでマウスが付属していないモデルは、別途マウスを購入していただくか、搭載されているクリックパッド(タッチパッド)で操作してください。

ノート型PCに付属しているワイヤレスマウス(Blue LED方式、USB接続)

ワイヤレスマウス内に収納されているマウスレシーバーを取り出し、PCのUSBコネクタに接続します。マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにして使用します。

[018683:ノートPCに付属のワイヤレスマウス(Blue LED方式、USB接続)を使用するための準備<Windows 10>]

図2(図2)

ノート型PCに付属しているワイヤレスマウス(光学式)

マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにして使用します。ワイヤレスマウスのマウスレシーバーは、パソコン本体に内蔵されています。

[017228:ノートPCに付属のワイヤレスマウス(光学式)を使用するための準備<Windows 10>]

図3(図3)

ノート型PCに付属しているワイヤレスマウス(レーザー式)

ワイヤレスマウス内に収納されているマウスレシーバーを取り出して、パソコン本体のUSBコネクタに差し込みます。マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにして使用します。

[017239:ノートPCに付属のワイヤレスマウス(レーザー式)を使用するための準備<Windows 10>]

図4(図4)

ノート型PCに付属しているBluetoothマウス(光学式)

マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにします。マウスとパソコン本体をBluetooth通信で接続して使用します。

[017220:ノートPCに付属のBluetooth(R)マウスを使用するための準備<Windows 10>]

図5(図5)

液晶一体型PCに付属しているワイヤレスマウス(レーザー式)

マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにして使用します。

[017231:ワイヤレスマウス(レーザー方式)とワイヤレスキーボードを使用するための準備<Windows 10>]

図6(図6)

液晶一体型PCに付属している横スクロール機能付きワイヤレスマウス

マウスに乾電池をセットし、電源スイッチをONにして使用します。

[017235:横スクロール機能付きワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを使用するための準備<Windows 10>]

図7(図7)

マウスの持ちかた/動かしかた

※以下マウスのイラストは一例です。モデルによって付属するマウスの形状が異なる場合があります。

マウスの持ちかた

マウスを手のひらで包むように持ち、人さし指と中指を各ボタンの上に置きます。

図8(図8)

マウスをうまく動かすポイント

マウスを動かす場所がなくなったときは、いったんマウスを持ち上げ、マウスを動かせる位置に戻します。

■マウスパッドについて

マウスの種類(レーザーまたは光学式)に対応したマウスパッドの使用を推奨します。
対応していないものやマウスパッドの模様によっては、正常に動作しない場合があります。

■レーザー式マウスの使用場所

マウスは平らな場所で使用してください。
また、ガラスなどの透明な素材、鏡などの光を反射する素材の上では使用しないでください。センサーがうまく動作しない場合があります。

■光学式マウスの使用場所

マウスは平らな場所で使用してください。
また、ガラスなどの透明な素材、鏡や光沢のあるビニールなどの光を反射する素材の上では使用しないでください。光学式センサーがうまく動作しない場合があります。

矢印(ポインター)を動かす

すべらせるようにしてマウスを上下左右に動かします。ポインターがマウスの動きに合わせて動きます。

図9(図9)

クリックする

アイコン、文字などを選択するには、ポインターを目的の位置に合わせて、左ボタンを1回押します(クリック)。
アイコンなどを選択すると、アイコンなどの色が変わります。

図10(図10)

ダブルクリックする

ダブルクリックすると、ファイルを開いたりアプリケーションを起動したりできます。
ポインターを目的の位置に合わせて、左ボタンをすばやく2回押します。ダブルクリックするときは、マウスが動かないように固定した状態でボタンを押してください。

図11(図11)

ドラッグアンドドロップする

ドラッグアンドドロップをすると、アイコンやウィンドウを移動したり、複数の文字やアイコンを選択したりできます。
ポインターを目的の位置に合わせて、左ボタンを押したまま(1)、マウスを動かします(2)(ドラッグ)。ポインターが目的の位置に移動したら、ボタンから指をはなします(3)(ドロップ)。

図12(図12)

右クリックする

右クリックすると、メニューが表示され、そこから行ないたいことをクリックして選択できます。
ポインターを目的の位置に合わせて、右ボタンを1回押します。

図13(図13)

ホイールを使う(ワイヤレスマウス付属モデルのみ)

ホイールを使うとスクロールすることができます。スクロールとは画面を動かすことです。スクロールすると画面に表示しきれない部分を見ることができます。
ホイールを前後にまわしたり、左右に傾けたりすると*1、画面をスクロールすることができます。

*1:左右のスクロールは、横スクロール機能付きマウス付属モデルのみ対応しています。

図14(図14)

ホイールを使う(Bluetoothマウス付属モデルのみ)

・ホイールを前後にまわす

ホイールを前後にまわすと、スクロールすることができます。スクロールとは画面を動かすことです。スクロールすると画面に表示しきれない部分を見ることができます。

・ホイールを左右に傾ける

インターネットに接続してホームページを閲覧しているときなどにホイールを左に傾けると、前に表示していたページに戻ることができます。再度元のページに戻りたい場合は、ホイールを右に傾けます。

・ホイールを押す

インターネットに接続してホームページを閲覧しているときなどにリンクが貼ってある場所でホイールを押すと、新しいタブでリンク先のページを表示することができます。

Windowsボタンを押す(Bluetoothマウス付属モデルのみ)

[スタート]メニューの表示/非表示を切り替えることができます。
タブレットモードが「OFF」の場合は、デスクトップ画面などを表示しているときにWindowsボタンを押します。
タブレットモードが「ON」の場合、アプリケーションを起動している状態でWindowsボタンを押します。

図15(図15)

関連情報

以上

かんたん評価:お役に立ちましたか?
解決できた

解決できた

参考になった

参考になった

内容不十分

内容不十分

役に立たなかった

役に立たなかった

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する