• Environmental efforts in the products
  • Excellent ECP

省エネ設計

TOSHIBA eco ユーティリティ

PCの節電への貢献を総合的にサポートします。

ecoモード

「節電(eco)ボタン」*1を押すだけで、最適化されたecoモードに一発切り替え。めんどうな設定なしで省電力を実現できます。

  • *1 「節電(eco)ボタン」搭載機種のみ。節電(eco)ボタンの位置は、機種によって異なります。
ecoモード設定

詳しい設定方法は、こちらをご覧ください。
http://dynabook.com/assistpc/faq_search/setsuden.htm別ウィンドウで開く


ピークシフト

電力需要の高い昼間はバッテリー駆動にし、比較的電力需要の低い夜間に バッテリー充電を行うことで電力を効率的に活用。電力需要の平準化を実現します。

対応機種:V713、V832、V632、R822、R732、T953、T653、T553

本機能によるAC電源駆動/バッテリー駆動の切り替えイメージ

* 各電力会社と夜間料金契約をしている場合。ご契約内容により料金は異なります。PCの使用環境により、充電時の電力量が異なります。

※図は、ピークシフトについての概念を説明したものであり、実際のピークシフト有効時間については、本体に装着されているバッテリーパックの種類や残量により変化します。

※バッテリーパックは消耗品です。バッテリーの充放電を一定期間繰り返すため、バッテリーの使用サイクルが進みますので、バッテリーの買い替え時期が早まります。


バッテリーライフサイクル

バッテリーライフサイクル

バッテリーは、容量いっぱいまで充電する「満充電」を放置または繰り返すと、バッテリーの劣化速度が早まります。 そこで、「eco充電モード」をオンにすると、充電容量を抑えてくれるので、バッテリーの寿命を長く保つことができます。eco充電モードを「オン」にしていても、バッテリー駆動でのご使用が多い場合は、一般的な充電方式に自動で切り替えてくれます。

対応機種:V713、V832、V632、R822、R732、T953、T653、T553

TOSHIBA Active Display Off

人を感知して、ディスプレイを自動でON/OFFします。

東芝のPCは、内蔵のWebカメラで人を感知して、ディスプレイ表示を自動ON/OFF。 いちいち自分でディスプレイをOFFにする必要がないから切り忘れもなく、意識せずに節電できます。

対応機種:D833、D813、D713、T953、T653、T553、T642、R732、V832、V632、R822

※購入時の設定は「無効」ですので、「有効」に設定する必要があります。

TOSHIBA Active Display Off

長時間バッテリー

時間の束縛から解放されます。

長時間バッテリー

高品位なウルトラブックを目指す上で欠かせないのが「長時間バッテリー駆動」です。 薄くコンパクトなボディに大容量のバッテリーを収め、かつ駆動時間を延ばしていくことを追求しました。V632なら外出先でもたっぷり使える約13時間*1の長時間バッテリー駆動で、持ちやすさと利便性を高めています。


*1 JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)による値。実際の駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。本製品にはバッテリーパックが内蔵されています。お客様ご自身でバッテリーパックの交換はできません。バッテリーパックが寿命などで交換が必要な場合は、東芝PCあんしんサポートへご相談ください。バッテリーパックの交換は、保証期間内でも有料になります。

東芝PC製品ページへ

上に戻る