メインコンテンツに移動

FAQ モバイルエッジコンピューティングに関するご質問とその回答を掲載しています。

購入前のご相談

設定やインストールなどのキッティングサービスはありますか?

キッティングサービスをご用意しています。ご希望の場合は以下の問い合わせフォームから必要事項を記入いただき問い合わせください。
https://dynabook.com/business/mecd/form.html

価格について教えてください。

オープン価格になっております。弊社営業にお問い合わせください。

実機を見てみたいのですがどこで見ることができますか?

展示会・セミナー等でご確認いただけます。展示会・セミナー情報は、ホームページをご確認ください。
個別のご相談につきましては、弊社営業または以下の問い合わせフォームに必要事項をご記入いただき、お問い合わせください。
https://dynabook.com/business/mecd/form.html

dynaEdge DE100/インテリジェントビューアAR100に対応したアプリケーションを自社で開発したいのですが、開発キットはありますか?

dynaEdge DE100/インテリジェントビューアAR100用のソフトウェア開発キットを用意しております。
以下のサイトから開発者登録いただくと、無償でダウンロードが可能です。
https://dynabook.com/business/mecd/developer/index.html

インテリジェントビューアAR100のみの購入はできますか?

インテリジェントビューアAR100のみをご購入いただくことは可能ですが、インテリジェントビューアAR100はdynaEdge DE100との接続のみをサポートしておりますので、セットでの導入をお勧めいたします。

試用してみたいのですが、貸出サービスはありますか?

有償のPoC(Proof of Concept)サービスがございます。ご希望の場合は以下の問い合わせフォームから必要事項を記入いただき問い合わせください。
https://dynabook.com/business/mecd/form.html

ハードウェアについて

dynaEdge DE100/インテリジェントビューアAR100は防水・防塵対応していますか?

オプションのレインカバーキットをご利用いただくと、JIS C0920;2003 電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)に基づくIP53準拠の防水・防塵性能となります。

dynaEdge DE100/インテリジェントビューアAR100は防爆対応していますか?

防爆対応はしておりません。

USB Type-Cの規格は何ですか?

dynaEdge DE100のUSB Type-CはUSB3.1 (Gen1)(5Gbps、5V/3A)規格に対応しています。ただし、対応機器すべての動作を保証するものではありません。

現場が高騒音のときに支援者と作業者の音声でのやり取りはできますか?

インテリジェントビューアAR100のマイクスピーカーでやり取りできない場合は、骨伝導ヘッドセットの組み合わせでのご利用をお勧めしています。以下の問い合わせフォームから必要事項を記入いただき問い合わせください。
https://dynabook.com/business/mecd/form.html

インテリジェントビューアAR100の取り付け位置は利き目に合わせて変更できますか?

できます。Vision DE Suiteは起動画面で設定できます。Vision DE Suite以外の場合はソフトウェア開発キット(SDK)にあるユーティリティから設定できます。

眼鏡をかけたまま、インテリジェントビューアAR100を使用することは可能ですか?

インテリジェントビューアAR100キットに標準で含まれるフレームは、眼鏡の上から着用できるタイプとなっています。

専用の作業支援ソリューションVision DE Suiteを用いず、インテリジェントビューアAR100とdynaEdge DE100のみで使用する場合、インテリジェントビューアAR100のライトの使用は可能ですか?

開発者様向けのソフトウェア開発キット(SDK)にて、ライトのオンオフを制御できるツールおよび、ソフトウェアへ機能を組み込めるAPIを提供しています。

Vision DE Suiteについて

支援者との通話中に、作業者側でPDFや画像などのファイルをビューアで表示することはできますか?

通話中に、dynaEdge DE100のアップボタンを長押しすると、アプリケーション一覧が表示されます。アプリケーション一覧から、ホーム画面を選択し決定することで、通話状態のままホーム画面に移動できます。ホーム画面から、ビューアを利用して、ファイルを表示できます。詳しくは、操作説明書を参照ください。

PDFファイルや写真ファイルをインテリジェントビューアAR100で表示したいのですが、どのフォルダにコピーすればいいですか?

ドキュメントフォルダの指定のフォルダの中に画像やPDFファイルを配置すると、コンテンツエリアのそれぞれのエリアから表示できます。詳しくは、操作説明書を参照ください。

作業者からのライブ映像配信の画面の解像度はどれくらいですか?

Vision DE Suiteは通信インフラとしてMicrosoft社の「Skype for Business」または「Microsoft Teams」を利用しています。「Skype for Business」および「Microsoft Teams」の通信回線の品質に応じて、自動的に解像度を変更します。最大解像度は、1920x1080です。

暗所での動画撮影時にライトを点灯させることはできますか?

Vision DE Suiteでは、インテリジェントビューアAR100のボタンDを押すとライトを点灯/消灯できます。暗所での撮影時に自動ではライトは点灯しません。

支援者側のPCに表示している情報を作業者に見せることはできますか?

「Skype for Business」または「Microsoft Teams」のデスクトップの共有機能をご活用いただけます。支援者側PCの「Skype for Business」または「Microsoft Teams」の通話中の画面で「コンテンツの共有」ボタンをクリックし「デスクトップの共有」を選択することで、作業者側の画面に支援者側のPCの画面を表示することができます。

支援者からメッセージを送ることはできますか?

「Skype for Business 」の インスタントメッセージング( IM 機能)で、支援者から作業者にテキストメッセージを表示することができます。「Microsoft Teams」の場合は、会議チャットから表示できます。

スマートフォンやタブレットでWeb会議システムを使用した遠隔支援ソリューションと比べて、dynaEdge DE100とインテリジェントビューアAR100でVision DE Suiteを活用した場合のメリットについて教えてください。

DE100がWindows10 Proデバイスであることから、オフィスの事務用PCと同様のセキュリティ運用が可能であること、インテリジェントビューアAR100と組み合わせた場合にウェアラブル利用に最適化したユーザーインターフェースが利用できること、が特長となります。

Vision DE Suiteの導入にはどのような機器が必要になるでしょうか?別途サーバーなどが必要になりますか?

現場作業者側にdynaEdge DE100とインテリジェントビューアAR100、支援者側にWindows10のPCが必要です。通信回線、モバイルルーター等は別途ご準備ください。通信インフラとしてMicrosoft社の「Skype for Business」または「Microsoft Teams」も必要です。また、Vision DE Suiteのプロフェッショナル版をご利用の場合は、作業ナビゲーション機能・DMMC機能のサーバーが別途必要となります。

インテリジェントビューアAR100の画面上で、資料や画像を拡大して表示することはできますか?

Vision DE Suiteの機能で、資料・画像の拡大表示が可能です。

Vision DE Suiteのライセンスは、ユーザーごと、もしくは、端末ごとのライセンスのどちらでしょうか?支援者PC側のライセンスも必要でしょうか?

Vision DE Suiteのライセンスは、作業者側で使用する、dynaEdge DE100のユーザー数に基づいたユーザーライセンスとしています。支援者PC側はカウントしません。

参照する資料ファイルは、あらかじめ、dynaEdge DE100本体にUSBメモリなどでコピーするのでしょうか?

スタンドアローンで参照する資料ファイルは、あらかじめdynaEdge DE100本体に、USBメモリなどでコピーすることで、Vision DE Suiteから参照できます。プロフェッショナル版のDMMC機能を用いますと、参照するファイルをサーバーと同期することが可能です。

音声操作機能は、英語にも対応していますか?

音声操作機能は、英語にも対応していますか?

日本語以外の言語に対応していますか?

Vision DE Suiteは日英仏言語に対応しており、OSの言語設定に応じて表示が切り替わります。

遠隔支援に、「Microsoft Teams」、「Skype for Business」以外のコミュニケーションツールを利用することはできますか?

Vision DE Suiteが対応している遠隔支援プロトコルは、「Microsoft Teams」および「Skype for Business」のみとなります。一方で、dynaEdge DE100はWindows10のPCですので、各種コミュニケーションツールをPCで操作するのと同様にお使いいただけます。

モバイルエッジトップページへ
  • ※ Microsoft、Microsoft Teams、Teams、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ USB Type-Cは、USB Implementers Forumの商標です。

上に戻る