メインコンテンツに移動

Make the everyday easier with Windows 11

Windows 11
  • 製品イメージ
  • 製品イメージ

写真・動画編集も、エンタメ視聴も
ペンやタッチ操作で
自在に楽しむなら

13.3型 5in1プレミアムPenノート
dynabook V

詳細な仕様 ▼
Windows 11 Home

Windows 11 Home

インテルロゴ

インテル® Evo™ プラットフォーム

写真・動画編集も、
エンタメ視聴も。
ペンやタッチ操作で
自在に楽しむなら。

13.3型 5in1プレミアムPenノート
dynabook V

詳細な仕様 ▼
Windows 11 Home

Windows 11 Home

インテルロゴ

インテル® Evo™ プラットフォーム

Windows 11搭載

下の表は左右にスクロールします

モデル名
(型番・カラー)
OS CPU ディスプレイ SSD*1 メモリ 軽さ*2 無線LAN バッテリー
駆動時間*3
アプリケーション
V8/VP1V8VPBL Windows 11 Home 第12世代 インテル®
Core™ i7-1260P
プロセッサー
〈12コア〉
タッチパネル付き13.3型 FHD
高輝度・高色純度
・広視野角
(IGZO*4
ノングレア)
512GB
PCIe対応
高速SSD*5
16GB
(交換・
増設不可)
約979g Wi-Fi 6E*6*7 約22時間 Microsoft
Office Home
& Business
2021
V6/VP1V6VPBL Windows 11 Home 第12世代 インテル®
Core™ i5-1240P
プロセッサー
〈12コア〉
タッチパネル付き13.3型 FHD
高輝度・高色純度
・広視野角
(IGZO*4
ノングレア)
256GB
PCIe対応
高速SSD*5
8GB
(交換・
増設不可)
約979g Wi-Fi 6E*6*7 約22時間 Microsoft
Office Home
& Business
2021
  • *7. Wi-Fi 6E(6GHz帯)を使用するには、対応したBIOSとドライバーが必要となります(2022年12月末頃より順次提供予定)。
Vシリーズ同等のWebオリジナルモデル 
VZシリーズはこちら
速さ

負荷の高い
動画編集作業もスムーズ

第12世代 インテル® Core™ プロセッサーをはじめ、ハイレベルな要件を満たした「インテル® Evo™ プラットフォーム」を搭載。さらに、冷却・放熱技術などを駆使した「dynabookのエンパワーテクノロジー」により、12コアCPUの性能*8を最大限に引き出します。大きな負荷がかかる高画質動画の編集や高精細写真のRAWデータの書き出しなどもスムーズに行えます。

最新OSがすぐ使える

最新OSがすぐ使える

PCライフが
いちだんと快適に

高品質ノートPCの証

高品質ノートPCの証

インテル® Evo™
プラットフォーム搭載

マルチタスクも快適

マルチタスクも快適

dynabookの
エンパワーテクノロジー

デザインや機能性にすぐれた
Windows 11搭載最新OSがすぐ使える

Windows 11は、直感的に使いこなせるシンプルな操作性や新しく追加された多彩な機能など、これからのPCライフを便利に進化させていくOSです。タッチ操作やペンが使えるVシリーズなら、Windows 11ならではの新しい機能もさまざまなスタイルで存分に使いこなせます。

製品イメージ

やりたいことが、より快適にスムーズにインテル® Evo™ プラットフォーム搭載

インテル®が認証する、新次元の高品質ノートPCの証、それが「インテル® Evo™ プラットフォーム」。インテル®との共同開発や実証実験などにより、最高のノートPC体験を提供することを目的として、ハイレベルな数々の要件(基準スペック)が設定されています。Vシリーズは、その最新要件をすべて満たし、Evo対応PCとして認証されました。パームレストに貼られる「インテル® Evo™ プラットフォーム」ブランドのロゴは、すべての方により快適なPC体験をお約束する証です。12コアが動作する第12世代 インテル® CPUと高速LPDDR5メモリによる卓越したパフォーマンス*8、素早い起動や応答性、優れた周波数特性のサウンド、長時間バッテリー駆動、高い拡張性などを実現。やりたいことが、より快適に、よりスムーズに行えます。

インテルロゴ
インテルロゴ

インテル® Evo™ プラットフォームの主な基準スペック

  • ■ 第12世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー/インテル® Iris® Xe グラフィックス搭載
  • ■ スリープからの高速起動、長時間バッテリー駆動、急速充電
  • ■ Wi-Fi 6、Thunderbolt™ 4、PCIe対応SSD、基準値以上のスピーカーの音圧レベルおよびベース周波数 他
  • ■ インテル®と共同開発された設計、システム仕様検証済み

CPUのパワーを引き出し、
高画質動画の編集も、
オンラインミーティングも、
スムーズに行えるdynabookのエンパワーテクノロジー

dynabookが長年にわたり蓄積してきたノートPCの冷却・放熱技術や筐体設計技術などを駆使した「エンパワーテクノロジー」を適用。第12世代 インテル® Core™ プロセッサーのパフォーマンスを最大限に引き出します。大きな負荷がかかる高画質動画の編集やアクションゲーム、デジカメで撮影した高精細写真のRAWデータの書き出しや多数のアプリを併用する作業まで、あなたがノートPCでしたいことをスムーズにかなえることができます。

製品イメージ

《 エンパワーテクノロジーを
支える技術例 》

Vシリーズは、小型ダブルファン冷却システムを開発して搭載。さらに、筐体内部における吸気と排気の流れを可視化し、筐体の表面温度や部品温度などを検証しながら冷却システムを最適化するなど、dynabookが培ってきた薄・軽・放熱技術が生かされています。

エンパワーテクノロジーを支える技術例

エンパワーテクノロジーと連携して、
より速く、滑らかに第12世代 インテル® CPU、高速LPDDR5メモリ、
高速PCIe対応 SSD*5

dynabookのエンパワーテクノロジーにより高いパフォーマンスを発揮する第12世代 インテル® Core™ プロセッサーに加え、高速LPDDR5-5200メモリ、高速ストレージを搭載し、高速処理&高速描画を実現。各種編集作業から複数アプリの併用作業まで、サクサク快適に使えます。

第12世代 インテル®
Core™ プロセッサー「Pシリーズ」

CPUには、ハイパフォーマンスとモバイル性能を調和させた第12世代 インテル® Core™ プロセッサー「Pシリーズ」を搭載。12コア16スレッドで動作し、ハイパワー時に動くコア数と省電力時に動くコア数を効率よく振り分けることで、ハイパワーと省電力の両立を実現します。また、「インテル® Iris® Xe」という強力な3DCG能力を備えたグラフィックスエンジンを内蔵しています。

インテルロゴ

《 第12世代 インテル® CPUの性能について 》

第12世代 インテル® Core™ プロセッサーのPシリーズは、大小異なるCPUコアを1つのCPUに搭載しています。Performanceコア(高性能コア、Pコア)は、従来同様のCPUが処理してきた役目を果たし、もう一方のEfficientコア(高効率コア、Eコア)は、マルチスレッド処理に特化したコアで、バックグラウンドタスクなどを主に処理します。この複合コアにより、OSのバックグラウンドタスクはEコアで処理し、ゲームやクリエイティブ作業のようなハードなタスクはPコアで処理することで高いパフォーマンスを発揮することができます。

■第12世代 インテル® CPUと
第11世代 インテル® CPUとでは
性能に違いがあります。

第12世代 インテル® Core™ プロセッサー(Pシリーズ)は、第11世代 インテル® Core™ プロセッサーに比べ、パフォーマンスが約1.7倍に向上しています。

〈比較検証〉
第12世代 インテル® Core™ i7-1260P、
第11世代 インテル® Core™ i7-1195G7で測定
【ベンチマーク】 CINEBENCH R23によるスコア

  • ※当社調べ。ご使用の環境や機種により、結果は異なります。
  • ※第12世代 インテル® Core™ i7-1260P搭載のRシリーズと第11世代 インテル® Core™ i7-1195G7搭載のGシリーズとの比較。
  • ※V6は、第12世代 インテル® Core™ i5-1240P プロセッサーを搭載。
第12世代 インテル® CPUと第11世代 インテル® CPUの性能比較

■第12世代 インテル® CPUで
より高性能を求めるなら、
PシリーズのCPUを搭載したモデルがおすすめです。

第12世代 インテル® Core™ プロセッサー Pシリーズは、第12世代 インテル® Core™ プロセッサー Uシリーズに比べ、パフォーマンスが約1.4倍。より高性能を求めるなら、Pシリーズがおすすめです。

〈比較検証〉
第12世代 インテル® Core™ i7-1260P、
第12世代 インテル® Core™ i7-1255Uで測定
【ベンチマーク】 CINEBENCH R23によるスコア

  • ※当社調べ。ご使用の環境や機種により、結果は異なります。
  • ※第12世代 インテル® Core™ i7-1260P搭載のRシリーズと第12世代 インテル® Core™ i7-1255U搭載のGシリーズとの比較。
  • ※Gシリーズは今回の比較用に第12世代 インテル® Core™ i7-1255Uに差し替えたモデルを使用しています。
第12世代 インテル® Core™ プロセッサーのPシリーズとUシリーズの性能比較

《 第12世代 インテル® CPUは、
ハイブリッドCPUに進化 》

第11世代 インテル® CPU(Core i7-1165G7)4コア8スレッド

4コア8スレッドイメージ

第12世代 インテル® CPU(Core i7-1260P)12コア16スレッド

12コア16スレッドイメージ

「パフォーマンスコア」「高効率コア」が、
使用状況によって切り替わって動作するため、高性能と省電力の両立を実現!

高速LPDDR5-5200メモリ
(デュアルチャネル対応)

CPUの進化に合わせて登場した先進メモリ規格、LPDDR5-5200対応のメモリを搭載。デュアルチャネルにも対応し、第12世代 インテル® Core™ プロセッサーの高性能を存分に引き出します。大容量のファイル転送や動画編集作業もよりスムーズにこなすことができます。

高速PCIe対応 512GB(V8)/
256GB(V6)SSD*5

高速PCIe規格対応のストレージを搭載。データの読み書きが速く、OSやアプリの起動・終了やスリープ状態からの復帰もスピーディ。多数のアプリを使う作業もストレスなく快適に行えます。

最新のWi-Fi 6E規格に対応。
ワイヤレス通信がより安定し、
映像や音声が途切れにくいWi-Fi 6E*6*7(IEEE802.11ax、6GHz帯対応)

テレワークやオンラインでの授業やミーティングで重要なのは、安定したインターネット環境です。Vシリーズは、2022年9月に総務省に認可された「6GHz帯無線LAN」を利用できる「Wi-Fi 6E*6*7」規格に対応。規格上の最大通信速度(理論値)9.6Gbps*9、実効スループット(データ伝送速度)約1Gbps*10は「Wi-Fi 6」と同等ながら、電波干渉や混雑の少ない6GHzの周波数帯が使えることで、より安定した高速通信が可能となります。また、通信環境に合わせて6GHz帯と5GHz帯、2.4GHz帯を交互に組み合わせた通信が行えるため、映像や音声がより途切れにくい通信環境が期待できます。

  • *7. Wi-Fi 6E(6GHz帯)を使用するには、対応したBIOSとドライバーが必要となります(2022年12月末頃より順次提供予定)。
Wi-Fi 6Eロゴ
Wi-Fi 6Eイメージ

《 Wi-Fi 6E*6*7
Wi-Fi 6の違い 》

Wi-Fi 6E*6*7は、Wi-Fi 6では使えない6GHzの周波数帯が使えます。従来規格の2.4GHz帯と5GHz帯だけでは電波干渉や通信速度の遅い端末に通信を占有されるなど通信速度が遅くなりがちでした。6GHz帯は新たに解放された帯域のため空いている周波数帯であり、電波干渉を受けにくく通信速度も低下しにくいことが期待されています。いわば高速Wi-Fi専用の6GHz帯を利用できるのが、Wi-Fi 6E*6*7です。電波干渉が少ない、混雑しにくい、遅延が少ないといったメリットがあり、大容量のデータも低遅延で送受信できるため、オンラインミーティングがよりスムーズに行えるのをはじめ、オンラインゲームやストリーミング動画なども快適に楽しめます。

  • *7. Wi-Fi 6E(6GHz帯)を使用するには、対応したBIOSとドライバーが必要となります(2022年12月末頃より順次提供予定)。
Wi-Fi 6EとWi-Fi 6の違い
  • ※イラストはすべてイメージです。

外付けストレージへの
高速バックアップ、
4K映像出力なども可能Thunderbolt™ 4*11(USB4™ Type-C)×2 
 USB 3.1(Gen1)Type-A×1 
 HDMI®出力端子

インターフェースには、最大40Gbps*12もの高速データ転送を実現する、Thunderbolt™ 4*11(USB4™ Type-C)コネクタを2基搭載しました。Thunderbolt™ 4*11対応の外付けストレージ(別売)と接続すれば、作成したビデオ作品などをストレスなく高速でバックアップできるのはもちろん、4K映像出力*13は2台まで可能。テレビやPCモニターに接続*13して4K動画を家族で視聴することができます。さらに、HDMI®出力端子、USB 3.1(Gen1)Type-Aコネクタ、microSDカードスロットなど、さまざまな機器とダイレクトに接続*13して機能を拡張できます。

  • *13. すべての周辺機器との接続を保証するものではありません。
インターフェースイメージ

データ転送速度*12比較

データ転送速度比較
軽さ    長時間駆動

いつでも持ち歩ける
その場で写真の共有も

約979g*2と軽く、タブレットに変形すれば、約800万画素(4K)の背面カメラで写真や動画の撮影が可能。撮った写真にペンでメモを加えて、その時の感動をアプリで仲間と共有できます。約22時間*3の長時間バッテリー駆動だから、外出先でもたっぷり使えます。

気軽に持ち歩ける

気軽に持ち歩ける

軽量&コンパクトボディ

高画質で撮影できる

高画質で撮影できる

約800万画素4K背面カメラ

たっぷり使える

たっぷり使える

バッテリー駆動約22時間*3

薄くて軽いから、
気軽にどこへでも持ち歩ける軽量&コンパクトボディ

13.3型で軽さ約979g*2、薄さ約17.9mm。薄くて軽くてコンパクトだから、どこへでもストレスなく持ち歩くことが可能です。趣味のイベントや競技会場に連れ出して、お気に入りのキャラクターや選手を撮影したり、参考になる技術をメモしたり、活用の場が広がります。

製品イメージ

ボディは小さく、画面は大きく高密度実装技術&狭額縁設計

ノートPCづくりは、高密度実装技術の進化の歴史です。dynabookはこれまで、筐体を小型化・薄型化するために、回路やデバイス設計、プリント基板設計、部品実装技術など、さまざまな高密度実装技術を磨き上げてきました。Vシリーズでは、部品の配置を最適化する技術をはじめ、Webカメラモジュールの大幅な小型化、より小さいプリント基板の開発などを駆使して、フットプリントの小型化を達成しました。画面占有率約80%の四辺狭額縁も実現しており、画面により集中してコンテンツを楽しめます。

高密度実装技術&狭額縁設計
製品イメージ

4K高画質で思い出を残せる約800万画素4K背面カメラ

約979g*2と軽く、コンパクトボディのVシリーズは、4Kカメラとしても活用できます。通常のWebカメラだけでなく、キーボード上部に約800万画素(4K)の高画質カメラを搭載。Tabletスタイルなら、背面カメラとして手軽に撮影できます。旅行中、思わず撮りたい景色に出会ったときは、スマホやカメラに持ち替えなくても、美しい写真や動画を撮影して残せます。

撮った画像を大画面で確認。
編集もその場でできるタッチパネル付き13.3型液晶ディスプレイ

13.3型の大画面だから、被写体の細部まで確認しながら撮影できます。撮った写真を拡大して、ディテールを確認したり、写真に写り込んだ不要物もペンと対応アプリを使えば簡単に取り除けます。付属のペンは筆圧感知レベル4,096*14に対応するので、繊細さが求められるレタッチ作業をすることも可能。仕上がった写真はSSDに素早く保存したり、メールやクラウドで仲間と共有することもできます。

  • *14. 筆圧に応じて文字の太さが変わる筆圧感知機能は、本機能に対応したソフトウェアが必要です。
タッチ操作イメージ

プレゼンなどで、
スマホをPCのリモコン代わりに使えるdynabook スマホコネクション

スマートフォンと手軽につながり、できることが広がるスマホ連携アプリ「dynabook スマホコネクション」を搭載。スマートフォンでPCのプレゼンテーションや音楽・動画再生の操作ができるのをはじめ、PCでコピーしたテキスト(文字列)をスマートフォンにペーストしたり(クリップボードの共有)、スマートフォンからPCへ文字を入力することができます。写真などのファイルも簡単に共有できるので、プレゼンテーション向けに撮影したスマートフォン内の画像をPCに取り込んでパワーポイントへ貼り付けるなど、お手持ちのスマートフォンと連携して便利に使うことができます。

  • ※PCとスマートフォンにdynabook スマホコネクションアプリがインストールされ、Wi-FiまたはBluetooth®で接続されている必要があります。スマートフォンのプラットフォーム(Android、iPhone)および接続方式(Wi-Fi、Bluetooth®)によって利用できる機能は異なります。Wi-Fi Direct(Androidのみサポート)はWi-Fiに含みます。
  • ※PCの電源をオンにしてご使用ください。
dynabook スマホコネクション
dynabook スマホコネクション
dynabook スマホコネクションイメージ

ノートPCでも、タブレットでも、
外出先でたっぷり使える安心のバッテリー駆動約22時間*3

Vシリーズは、メインマシンとして使えるパワフルな性能を外出先でも十分に発揮できるよう、バッテリー駆動の長時間化を追求しました。高密度実装による省電力設計、第12世代 インテル® CPUやメモリ、ストレージの省電力化、高容量リチウムポリマーバッテリーの採用、それらのチューニングの最適化などにより、バッテリー駆動約22時間*3を実現。一日じゅう外に持ち出したり、日帰りの旅行や出張でも安心です。移動中やミーティング、電源の取れないカフェなどで、バッテリー残量を気にせず、たっぷりと作業ができます。

製品イメージ
お急ぎ30分チャージ

空き時間に、すばやく充電できるお急ぎ30分チャージ*15

これまでノートPCづくりで培ってきた充電制御技術を取り入れた「お急ぎ30分チャージ*15」を搭載。30分の充電で、バッテリー駆動時間の約40%を充電できます。外出前はもちろん、会議や授業の合間など、ちょっとした空き時間を利用して30分充電すれば、半日程度は使用可能。お昼休みにサッと充電して、午後の外出に備えることもできます。また、バッテリーの状態をソフトウェアで監視し、一定量になるまでは大電流を供給して充電時間を高速化。以降は段階的に電流を下げて充電を続けることにより、スピーディに充電しながらもバッテリーを長持ちさせることができます。

強さ

オフィスに、カフェに。
気軽に持ち出せる高耐久性

堅牢性を追求。アメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠した9項目(落下、粉塵、高度、高温、低温、温度変化、振動、衝撃、太陽光照射)の耐久テストをクリア*16。毎日どこへでも気兼ねなく持ち出せます。

MIL規格準拠のテストクリア

MIL規格準拠の
テストをクリア*16

アメリカ国防総省制定の
過酷な9項目にわたる
耐久テストをクリア*16

堅牢設計

堅牢設計

頑丈なボディを生む
dynabookの設計技術

強さの軸になる

強さの軸になる

360度回転ヒンジ

安心して持ち運べる、強さがここにアメリカ国防総省制定のMIL規格準拠テストをクリア*16

画面が360度回転するコンバーチブルPCは、ヒンジに負荷がかかりやすく、またタブレット使用時はキーボード面が接地するなど、一般のクラムシェル型のノートPCに比べて、より堅牢性が求められます。Vシリーズでは、さまざまな部位の強度アップを図るためにシミュレーションを実施するなど、気兼ねなく使える強さを追求。アメリカ国防総省制定「MIL規格(MIL-STD-810G)」に準拠した、落下テストをはじめとする9項目の耐久テストを実施してクリア*16しています。

製品イメージ

粉塵(じん)を6時間吹き付け続けるテスト(MIL規格準拠)

《 クリアした耐久テスト 》

落下

落下

各面、辺、角の
26方向から76cm落下

粉塵

粉塵

6時間にわたって
細かい粉塵を吹き付け

高度

高度

高度4,572m相当の
気圧まで減圧

高温

高温

30〜60℃の環境下で
24時間×7サイクル

低温

低温

-20℃の環境下で
テスト

温度変化

温度変化

-20℃〜60℃の温度変化を
6時間

振動

振動

前後・左右・上下
各軸1時間の振動テスト

衝撃

衝撃

6方向×3回
18回の衝撃を与える

太陽光照射

太陽光
照射

24時間×3サイクル
照射テスト(太陽光を模した光)

軽さと強さを両立させた堅牢設計マグネシウム合金ダイカストなど適材を適所に

軽量化と堅牢性を両立するために、Vシリーズは筐体の基本パーツごとに素材と製法を吟味しました。製品外装部(LCDカバー、ベース)は、衝撃に対して強く壊れにくいマグネシウム合金のプレスを採用し、その部分の厚みを薄くして軽量化を実現。製品内装面(カバー)は、リブによる補強など構造の追加が容易なマグネシウム合金ダイカストを採用。適材適所に素材・製法を組み合わせることで、薄型軽量化と堅牢ボディを同時に実現しています。

製品イメージ

※イラストは、部位ごとの素材・製法の違いをわかりやすくするためのイメージです。

シミュレーション解析で、
耐久性を確保薄型・軽量と強さのバランスをさらに追求

Vシリーズは、薄く軽くする部位の強度などを確保するため、さまざまなシミュレーションを実施。基準の強度を満たすためにシミュレーションを繰り返すことで、薄型・軽量と強度のバランスを最適化しています。たとえば、シミュレーション結果から、手が置かれるパームレスト部には補強リブを、入力時に負荷のかかるキーボード部にはT字型リブを効果的に配置し、耐久性と操作感を向上させました。

製品イメージ

落としたときなどの衝撃を緩和液晶パネル周囲をゴムで補強

トップカバーと液晶パネルの間にゴムを挟み込みました。落としたときなどの衝撃を緩和し、液晶パネルを保護します。また、画面を閉じたときにも、液晶パネルがキーボード面に直接触れないのでキズがつきにくく、振動などの影響も抑えることができます。

製品イメージ
製品イメージ

Tabletスタイルでも、
気軽に机に置きやすいキーボード周囲に突起を配置

Vシリーズは、キーボード面を裏返してタブレットとして使うことも考えて、ダメージを防ぐ工夫をしています。机に置いて使う際に、キートップが直接接地しないよう、キーボードの周囲5カ所に突起を設けています。

スムーズに回る。しっかり止まる360度回転ヒンジ

360度回転するディスプレイのヒンジには、回転しないディスプレイのヒンジよりも高い負荷がかかります。Vシリーズは、ヒンジの強度設計を多角的に検証し、頑丈でガタつかず、見やすい角度に固定でき、回転もスムーズな2軸ヒンジを採用しています。

製品イメージ

長く快適に使い続けられる品質を追求厳しい評価基準の自社試験

使用時に起こりうるさまざまなリスクを想定し、厳しい評価基準を設け、徹底した品質テストを実施。それが、長く快適に使い続けられる製品づくりにつながっています。

社内基準を基に行う製品評価テスト
  • 面加圧試験
  • 落下試験
  • 振動試験
  • キーボード耐久試験
  • キーボードトランポリン試験
  • ディスプレイ衝撃試験
  • ヒンジ開閉試験
  • コネクタこじり試験
  • FAN静音性試験・
    スピーカー音圧試験
  • 高温高湿槽試験
  • 静電気試験
  • PCBひずみ試験
  • X-RAY試験
  • 無線品質試験
使いやすさ

動画もゲームも、いい音で。
オンラインミーティングも快適

立体的なサウンド空間を実現する「Dolby Atmos®」を搭載しており、臨場感あふれるサウンドで動画やゲームが楽しめます。ノイズ除去などオンラインコミュニケーションをサポートする機能も充実。オンラインミーティングもスムーズに行えます。

臨場感を楽しむ

臨場感を楽しむ

harman/kardon®
ステレオスピーカー/
Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)

オンラインミーティングをクリアな音声で

オンライン
ミーティングを
クリアな音声で

AIノイズキャンセラー*17

顔認証ですぐ使える

顔認証*18ですぐ使える

Windows Hello対応
赤外線顔認証センサー

豊かで迫力のあるサウンドを、
明瞭な音声を人気のオーディオブランド、
harman/kardon®ステレオスピーカー

ヨーロッパの高級車にも採用されている*19harman/kardon®ステレオスピーカー。Vシリーズでは、専用のスピーカーユニットとスピーカーボックスをハーマンインターナショナル社と共同開発しました。低音域の再現性を高めるためにボックス容量を大きく確保したのはもちろん、バスレフの形状や空気の流れまで最適化したバスレフ構造を採用。さらに、ボディのコンパクト化に貢献するよう、スピーカーの設置方法も工夫しました。軽くてコンパクトなボディながら、力強い低音域から繊細な高音域まで豊かで迫力のあるサウンドが楽しめます。また、映画やゲームの音声だけでなく、オンラインミーティングでも相手の声が聞き取りやすくなるよう、人の声の周波数帯域をフラットに設計しています。

  • ※音響効果は、PCを設置する部屋の環境(周囲の材質、形状など)により異なります。
製品イメージ
Dolby Accessの設定画面で、「ゲーム」「映画」「ミュージック」「音声」などを選択することで、それぞれのコンテンツに最適なサウンドを再生します。

臨場感あふれる立体音場空間を創出Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)

映画館で採用されている立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」は、3次元空間の中に音を定位、移動させることで、リスナーを包み込むような臨場感あふれる立体音場空間を創出。「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」対応コンテンツでなくても音のクオリティがアップ。とくに、ネット動画などのエンターテインメントや、オンライン通話などのコミュニケーションでは、人の声の音量・音質が向上して聞き取りやすくなり、その場にいるかのような臨場感が楽しめます。「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」対応コンテンツとして人気の映画やゲームも続々登場。動画配信サービスのNetflixでも、一部作品が「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」音声でのストリーミング再生に対応。自宅にいながら本格的なサウンド環境でお気に入りの映画を楽しめます。

  • ※音響効果は、PCを設置する部屋の環境(周囲の材質、形状など)により異なります。
  • ※NetflixのDolby Atmos®対応コンテンツを視聴する場合、NetflixアプリまたはMicrosoft Edgeでの視聴を推奨します。NetflixのDolby Atmos®対応コンテンツを視聴するには、Netflixと専用のプランの契約が必要です。

TeamsやZoomなどの
ミーティングアプリで電話の着信音など突発的なノイズも除去AIノイズキャンセラー*17

オンラインミーティング中に、家電の稼働音やタイピング音といった環境ノイズまで拾ってしまい、相手がこちらの声を聞き取りにくいことがあります。dynabookは、「AIノイズキャンセラー*17」でこの問題を解決。人の声や環境ノイズなどの5億のサンプルデータを学習したAIが声と環境ノイズを識別し、環境ノイズ成分を除去。相手に自分の声をクリアに届けます。また、相手の音声についても環境ノイズ成分を除去し、声を聞き取りやすくします。さらに、サイレンや自動車のクラクション、電話の着信音などの突発的な環境ノイズも除去できるなど、より快適にオンライン通話やオンラインミーティングが行えます。

AIノイズキャンセラーイメージ
《 AIノイズキャンセラー*17の働き 》
AIノイズキャンセラーの働き
《 動画で解説 dynabookの
AIノイズキャンセラーが凄すぎた! 》
  • ※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
  • ※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。
「Fn」キーと「A」キーを同時に押すと、ミュートできる。

どのミーティングアプリでも
同じキーですばやくミュートできるワンタッチマイクミュート

オンラインミーティングやオンライン授業中に、キー操作ですばやくマイクミュートの切り替えが可能。家族に突然話しかけられたり、くしゃみが出そうになった場合など、ワンタッチでミュートできます。また、ミーティングアプリによってマイクミュートの方法が違っていても、このキー操作さえ覚えていればミュートの切り替えができるので便利です。

  • ※OSレベルでマイクをミュート/ミュート解除します。アプリの「マイク」ボタンによりミュートした場合、ワンタッチマイクミュートによるミュート解除ができません。

相手に伝わる自分の画像を、
AIが最適化してくれるAIカメラエフェクター

AIを使って顔を検出し、補正をかけたり調整したりすることで、カメラ映りを最適化します。たとえば、お部屋の様子が映り込んでしまわないよう、AIが背景のみを自動でぼかしてくれたり、逆光などで顔が暗くなってしまう環境でもAIが明るさを自動補正してくれたり。オンライン通話での悩みを、AIがスマートに解決してくれます。

  • ※本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。

背景ぼかし

背景ぼかし

カメラ正面に映し出されているユーザー以外を背景とみなし、それをぼかすことで、お部屋が映り込んでしまう不安を軽減できます。

明るさ自動補正

明るさ自動補正

逆光や照明条件がよくない状態で映ったカメラ映像に対し、極力背景の細部の表示を維持しつつ、顔領域を明るくすることで、画面映りを改善します。

顔位置自動調整

顔位置自動調整

ユーザーの顔位置を検知し、つねにユーザーが画面正面、かつ一定距離に映るよう補正し、見切れてしまうことを回避します。

Webカメラ効果などを
まとめて変更できるdynabook オンラインミーティングアシスト

アプリで設定したAIカメラエフェクターをご利用のミーティングアプリのビデオ映像に適用します。ミーティングアプリごとに効果を設定する必要がなく、オンライン通話がおこなえます。「Fn」キーと「C」キーを押して、設定したカメラ効果のON/OFFを切り替えることもできます。また、AIノイズキャンセラー*17のON/OFFを切り替える画面を簡単に表示させることもできます。

  • ※「Fn」+「C」を利用する際はアプリ内で設定を有効にする必要があります。
dynabook オンラインミーティングアシスト

※画面は機種により異なります。

顔認証*18で簡単サインイン。
セキュリティも強化Windows Hello対応赤外線顔認証センサー

Windows Hello対応の生体認証機能である赤外線顔認証*18を搭載。人肌と一般的な印刷インクや人形などに使われる樹脂では赤外線の反射率が異なることを利用して、写真や絵による「なりすまし」を防止します。これからは、画面に顔を向けるだけで簡単にサインイン。指紋認証のようにキーボード面を自分側に向ける必要もなく、パスワードを入力するわずらわしさもありません。パスワード漏えいのリスクも軽減します。

赤外線顔認証センサー
Webカメラシャッター

Webカメラは、プライバシーを
保護するシャッター付きシャッター付きWebカメラ

Webカメラには、手動でカメラを覆うことができるシャッターを付けました。オンライン通話での意図しない撮影を防ぐことができ、プライバシーを保護します。また、オンラインミーティングなどでシャッターを閉じれば、音声だけで参加したい場合などに便利です。

使いやすさ

相手に画面を見せながら
会話を深められる

180度開いた画面を相手に見せながら会話できます。相手が見やすいよう表示画面をクルッと回転させることも可能。ノングレア(非光沢)・広視野角液晶により、映り込みが少なく、斜めからでも画面が見やすいので会話がすすみます。

対面での打ち合わせなどに便利

対面での打ち合わせ
などに便利

ソーシャルディスタンスが保てる
Flatスタイル

相手からさらに見やすくなる

相手からさらに
見やすくなる

dynabook
画面回転ユーティリティ

明るく色鮮やかで省電力

明るく色鮮やかで
省電力

SHARP製IGZO*4液晶

対面の相手と画面共有しながら、
打ち合わせもソーシャルディスタンスが保てるFlatスタイル

180度開いて画面をフラットな状態にすることができます。表示される情報を相手と手軽にシェアできるので、打ち合わせや商談、家族との旅行計画などもソーシャルディスタンスを保ちながらすすめられます。タッチ操作やペンも使えるので、みんなで画面にメモ書きなどをしながら話しを深めたり、アイデアを練ることもできます。

製品イメージ

表示画面をクルッと回転。
相手からさらに見やすくなって
会話が弾むdynabook 画面回転ユーティリティ

対面の相手がより見やすいように、表示画面の向きを逆にすることも可能。Ctrl + Alt + の操作で簡単に、いつでも何度でも表示の向きをクルッと変えられます。映り込みが少ないとされるノングレア(非光沢)に加え、広視野角液晶なので、上下左右のどの方向からでも、斜めからでも見やすく、ストレスが少ないので会話も弾みます。

dynabook 画面回転ユーティリティイメージ

明るく色鮮やかな画質を、
家でもアウトドアでも楽しめる。
しかも省電力高輝度・高色純度・広視野角・ノングレア 
SHARP製IGZO*413.3型 フルHD液晶
(タッチパネル付き)

タッチ対応の高輝度・高色純度・広視野角・フルHDのSHARP製IGZO*4液晶を搭載しました。文字も、画像も、映像も、くっきり美しく再現します。色鮮やかなのはもちろん、広視野角液晶により、上下左右からの視野角を確保しているので、斜めからでも見やすくなっています。家で、外出先で、アウトドアで、好きなコンテンツを、より美しい画質で楽しめます。色域も広く、クリエイティブ作業にも対応。タッチパネル付きなので、MonitorスタイルやTabletスタイルでは指先でよりスムーズにストレスなく操作できます。また、省電力のIGZO*4液晶は、長時間バッテリー駆動にも貢献しています。

製品イメージ

映り込みが少ないので見やすく、
目にやさしいノングレア液晶

軽くてコンパクトでどこへでも連れ出して使いたくなるVシリーズ。さまざまな環境で使うことを考慮して光の反射を抑えて、目にやさしいノングレア液晶を採用。太陽光や蛍光灯の下でも映り込みが少なく見やすいので作業もはかどります。

製品イメージ

質感や輝きを再現する超解像技術*20

独自のアルゴリズムを採用し、映像を解析して質感や輝きを実物に近づけて再現できる超解像技術*20も搭載。AQUOSレコーダー*21に録画した番組や放送中の番組を家の好きな場所で楽しめる「TVコネクトスイート*22」上の映像を、より自然で美しい画質で楽しめます。

  • *20. 超解像技術は対応アプリケーション(TVコネクトスイート)上で有効になります。
  • *21. リモート視聴機能を使用するためには、リモート視聴に対応したAQUOSレコーダーが必要です。
  • *22. ホームネットワーク(有線・無線LAN)に接続している必要があります。対応している機器については「別ウィンドウで開く■TVコネクトスイート対応機器と動作状況」をご確認ください。メディアサーバーの録画状況やその他の動作状況により、本アプリケーションによる視聴ができない場合があります。複数の情報端末で同時に映像を受信することはできません。著作権保護されたコンテンツのみの対応となります。新4K/8K衛星放送の視聴・録画はできません。
  • ※写真は効果をわかりやすくしたイメージです。
超解像技術イメージ
dynabook 色合い調整ユーティリティ

画面の色合いや色の濃さを、
お好みどおりに簡単調整dynabook 色合い調整ユーティリティ

複雑な色合い調整を簡略化し、液晶ディスプレイの色合いを自分の好みで調整できるユーティリティです。「クール」から「あたたか」までの「色合い」、「濃い」から「薄い」までの「色の濃さ」を選んで、お好み設定1および2に登録。簡単に呼び出して切り替えることができます。

快適にタイピングできる見やすく打ちやすいキーボード

幅約303.9mm×奥行約197.4mmという、12型PC並みのフットプリントを実現したコンパクトボディに、打ち心地のいいキーボードを搭載しました。19mmのキーピッチ*23と1.5mmのキーストロークを確保するとともに、アルファベットや数字をキートップの中央に配置*24しているので見やすさがアップ。スペースキーも大きくて打ちやすい設計です。より快適に、より正確に、タイピングが行えます。

キーボードイメージ

お部屋を暗くしても作業ができるバックライトキーボード

暗めの場所でもキーボード操作ができるよう、バックライトを搭載しました。家族が寝静まった寝室でも、深夜便の機内の座席でも、快適に作業ができます。

バックライトイメージ

※写真はイメージです。

クリックパッドイメージ

大きくて触り心地もよく、
使いやすい大型クリックパッド

キーボードをディスプレイ側に寄せ、クリックパッドを拡大。その表面に貼るシートには、ガラス感フェイスシートを採用。ガラスのように滑らかな感触のマイラー素材を使用しており、クオリティの高い触り心地を実現しています。

使いやすさ

ペン入力で、イラストやレタッチも
よりクリエイティブに

Wacom製アクティブ静電ペンを付属し、ペン入力に対応。筆圧によって線の太さや濃淡を微妙に表現できるので、繊細なイラスト作成やレタッチが可能です。Officeファイルなどに直接メモ書きすることもできます。

ペンなら描画も楽しめる

ペンなら
描画も楽しめる

Wacom製
アクティブ静電ペン付属

クリエイティブな作業もスムーズ

クリエイティブな
作業もスムーズ

筆圧感知レベル4,096*14

メモや指示も入れられる

メモや指示も
入れられる

ファイルへ自在に書き込み可能

マウスではむずかしい描画も
ペンなら簡単Wacom製アクティブ静電ペン付属

Vシリーズは、dynabookが培ってきた手書き技術と、世界をリードするWacom(ワコム)のデジタルペン技術を融合。Wacomと共同開発したタッチパネル、付属のWacom製アクティブ静電ペンを使えば、より自然で滑らかなペン入力が可能です。スケッチブック感覚で画面に好きな絵を描いたり、Officeファイルなどにメモ書きしたり、写真に写り込んだ不要物の取り除きなども簡単に行えます。

  • ※画面にフィルムなどを貼った場合、操作性が変わる場合があります。
製品イメージ

イラスト作成やレタッチなど
本格的なクリエイティブ作業に使える筆圧感知レベル4,096*14

Wacom製アクティブ静電ペンを付属し、ディスプレイに筆圧感知レベル4,096*14の感圧センサーを搭載。ペンの筆圧応答精度が高く、筆圧に応じて線の太さや濃淡を微妙に変えることも可能です。表情豊かな文字や線を書くことができるのはもちろん、精細なイラストやマンガなどの描画からスケッチのような素朴な味わいまで、自在に描くことができます。撮影した写真の繊細なレタッチもペンならスムーズ。また、お子さまの美術学習や漢字学習にも楽しく使えます。

  • ※画面にフィルムなどを貼った場合、操作性が変わる場合があります。
  • *14. 筆圧に応じて文字の太さが変わる筆圧感知機能は、本機能に対応したソフトウェアが必要です。
筆圧感知レベル4,096イメージ
製品イメージ

ファイルに直接メモを書いたり、
指示を入れて送信できるOfficeファイルなどへ自在に書き込み可能

メールで送られてきたOfficeファイルなどを印刷して手書きでメモを書き込んだ後、スキャンして送信。Vシリーズがあれば、そんな面倒は不要です。ディスプレイに直接文字を書き込めるので、たとえば原稿ファイルに直接メモや指示を入れて、そのままメールで送信できます。

ペンなら、写真に写りこんだ
いらないものを消すのも簡単CyberLink PhotoDirector for dynabook*25

家族で撮った写真の編集もペンを使えばマウスよりも簡単。たとえば、写真に写り込んでしまった不要物の取り除きも、消したい範囲をペンでなぞるだけで消すことができます。加工した写真は、SNSにアップしたり、年賀状やグリーティングカードに使えます。

  • ※写真は効果をわかりやすくしたイメージです。
消したい範囲をペンでなぞると…消える!
製品イメージ

紙のノート以上に便利に使える手書きノートアプリ「TruNote(トゥルーノート)」

紙のノートのように、思いついたことをすぐに書けます。書いたあとで、忘れないよう太く強調したり、色分けをして見やすく整理することも可能。文字の書き換えやレイアウト変更も自在にできます。100万ページ(1,000ページ×1,000冊)*26のノートとして使うことも可能。手書きの文字やマークで見たいページを検索したり、手書き文字をテキストデータに変換し、メールやOfficeアプリに貼り付けて再利用することもできます。また、カメラアプリ「TruCapture」、ボイスレコーダーアプリ「TruRecorder」、ホワイトボードアプリ「TruNote Share」、クリッピングアプリ「TruNote Clip」のデータを一覧でまとめて管理することも可能です。

  • ※手書き検索/テキストデータ変換は、手書きデータを自動的に認識した結果に基づいて行われます。意図した結果と異なる場合があります。
  • ※手書き文字の認識は、仏 MyScript®社の技術を採用しています。

TruNoteシリーズでできること一覧

TruNote
TruNote
  • ■ 1,000ページのノートを1,000冊分保存できる*26
  • ■ 好きな筆記具、色が選べる
  • ■ 書いた後に整理できる
  • ■ わからない言葉は手書きのままWeb検索
  • ■ 文字や図表を自動で清書してくれる
  • ■ 書いたノートをメールでシェアできる
  • ■ スマホの写真もノートに貼り付けられる(TruNote Viewer[iOS版]連携)
  • ■ 調べた画面ごと切り取ってメモできる(TruNote Clip)
  • ■ 黒板やホワイトボードは、撮って活用(TruCaptureデータ連携)
  • ■ 講義や議事録などのスライドをまとめてきれいに保存できる(TruCaptureデータ連携)
  • ■ 録音した音声までノートに記録できる*27(TruRecorderデータ連携)
  • ■ ノートがホワイトボードになる(TruNote Share)
  • ■ 1人がノートをとるとみんな同時にシェアできる(TruNote Share)

最新のOfficeで、コンテンツ制作や
情報整理、共同作業をより簡単にOffice Home & Business 2021

アニメーションGIFの作成やリアルタイムで共同作業ができるなど、さまざまな新機能が用意された、最新Office「Office Home & Business 2021」を搭載。魅力的な文書やプレゼンテーションの作成、進化したナビゲーション機能や検索機能を使っての効率的な情報整理、複数のメンバーと同時に行う共同作業などに、いち早く活用することができます。

Office Home & Business 2021 搭載モデル
  • *1. 「デバイスの暗号化」は初期値では「オン」になっています。
  • *2. 質量は平均値。製品により質量が異なる場合があります。
  • *3. JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)による値。実際の駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。
  • *4. IGZOとはインジウム(In)・ガリウム(Ga)・亜鉛(Zn)・酸素(O)の化合物による液晶です。
  • *5. SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記録媒体とするドライブです。
  • *6. 市販のWi-Fi 6E対応の周辺機器が必要です。
  • *7. Wi-Fi 6E(6GHz帯)を使用するには、対応したBIOSとドライバーが必要となります(2022年12月末頃より順次提供予定)。
  • *8. 本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況により異なります。
  • *9. 最大通信速度は規格上の理論値であり、実際の通信速度を示すものではありません。実際の通信速度は使用環境などにより変わります。
  • *10. 環境により数値は異なるため参考値です。
  • *11. 市販のThunderbolt™ 4対応周辺機器が必要です。
  • *12. 最大転送速度を利用するには、パソコン・周辺機器・ケーブルすべてが最大転送速度に対応している必要があります。ただし、最大転送速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は使用環境などにより変わります。
  • *13. すべての周辺機器との接続を保証するものではありません。
  • *14. 筆圧に応じて文字の太さが変わる筆圧感知機能は、本機能に対応したソフトウェアが必要です。
  • *15. 30分の充電で、バッテリー駆動時間の約40%を充電できます。ただし、PCが電源OFFまたはスリープ時にバッテリー残量が0%の状態から充電した場合の数値。 バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリーの経年劣化によって変化します。
  • *16. MIL規格に基づいて、一部当社が設定した試験条件に従い試験しています。無破損、無故障を保証するものではありません。これらのテストは信頼性データの収集のためであり、落下、衝撃、振動または使用環境の変化などに対する製品の耐久性をお約束するものではありません。また、これらに対する修理費用は、保証期間内でも有料になります。
  • *17. TeamsやZoomなどをはじめとするミーティングアプリの音声に対しノイズを除去。使用するアプリケーションや外部音声デバイスによってAIノイズキャンセラーの効果が適用されない場合があります。
  • *18. 本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。顔認証をするときは、顔認証センサーの正面に顔を向けてください。顔認証センサーに保護シートが貼ってある場合には、顔認証機能を使用する前に必ず保護シートをはがしてください。顔認証機能は室内での使用をお勧めします。屋外では太陽光の影響により顔認証の登録や顔認証によるWindowsのサインインなどに失敗することがあります。
  • *19. 搭載しているスピーカーは、車載用スピーカーとは仕様が異なります。
  • *20. 超解像技術は対応アプリケーション(TVコネクトスイート)上で有効になります。
  • *21. リモート視聴機能を使用するためには、リモート視聴に対応したAQUOSレコーダーが必要です。
  • *22. ホームネットワーク(有線・無線LAN)に接続している必要があります。対応している機器については「別ウィンドウで開く■TVコネクトスイート対応機器と動作状況」をご確認ください。メディアサーバーの録画状況やその他の動作状況により、本アプリケーションによる視聴ができない場合があります。複数の情報端末で同時に映像を受信することはできません。著作権保護されたコンテンツのみの対応となります。新4K/8K衛星放送の視聴・録画はできません。
  • *23. キーによっては、キーピッチが異なる場合があります。
  • *24. キーによっては、該当しないものもあります。
  • *25. 市販のCyberLink PhotoDirectorとは一部機能が異なります。
  • *26. 実際に保存できる冊数やページ数は、ノートデータの容量やSSDの空き容量により異なります。
  • *27. 1回当たりの録音時間の上限は約3時間です。
仕様(2022年11月16日現在)
モデル名/カラー/型番
V8(ダークブルー)P1V8VPBL
プレインストールOS(※1)
Windows 11 Home 64ビット(※2)(※3)
CPU
インテル® Core™ i7-1260P プロセッサー
(最大動作周波数)
Pコア:最大周波数4.70GHz、Eコア:最大周波数3.40GHz
12コア/16スレッド
インテル® スマート・キャッシュ 18MB
メモリ
16GB(16GB×1)/16GB(※4)
LPDDR5-5200対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
0スロット(交換不可)(※4)
ディスプレイ(※5)
タッチパネル付き 13.3型ワイド(16:9) FHD 高輝度・高色純度・広視野角 TFTカラー LED液晶(IGZO・ノングレア)(省電力LEDバックライト)1,920×1,080ドット(※6)(※7)(※8)
外部ディスプレイ(HDMI®接続)(別売)
最大3,840×2,160ドット/60Hz(HDMI® 4K)/1,677万色、HDCP対応(※9)(※10)
ビデオRAM
最大8,152MB(メインメモリと共用)(※11)
グラフィックアクセラレーター(※12)
インテル® Iris® Xe グラフィックス(CPUに内蔵)
本体キーボード
86キー(JIS配列準拠)(バックライトキーボード)、キーピッチ:19mm(※13)、キーストローク:1.5mm
タッチパネル
静電容量式(マルチタッチ対応)
ペン
アクティブ静電結合方式(専用アクティブ静電ペン付属)
ポインティングデバイス
ジェスチャーコントロール機能付きクリックパッド(タッチパッド)
SSD(※14)
512GB SSD(PCIe対応)(※15)
Cドライブ容量(空き容量)(※16)
約494GB(約436GB)
無線LAN(※17)(※39)
無線LANの仕様はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください)
Wi-Fi 6E(IEEE802.11ax)(2.4Gbps)+IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠
(WPA™/WPA2™/WPA3™対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)(※18)
対応地域はこちら別ウィンドウで開く
Bluetooth®(※17)
Bluetooth®の仕様はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください)
Bluetooth® ワイヤレステクノロジー Ver5.2準拠(※19)(※20)
対応地域はこちら別ウィンドウで開く
サウンド機能(※21)
インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
harman/kardon® ステレオスピーカー、デュアルマイク(※22)
SDカードスロット
(詳細は使用上のご注意別ウィンドウで開くをご覧ください)
1スロット(microSD)
インターフェース
マイク入力/ヘッドホン出力端子×1、Thunderbolt™ 4(USB4™ Type-C)コネクタ(電源コネクタ)×2(※23)、USB 3.1(Gen1)Type-Aコネクタ×1(USBパワーオフアンドチャージ機能付き)(※24) 、HDMI®出力端子×1(※25)(※26)
Webカメラ
前面:有効画素数 約92万画素(Webカメラシャッター付き) / 背面:有効画素数 約800万画素
セキュリティ機能
顔認証センサー、TPMセキュリティチップ(TCG Ver2.0準拠)、BIOSパスワード、HDDパスワード、セキュリティロック・スロット
バッテリー
リチウムポリマー(バッテリーパック)(※27)(※28)
駆動時間(JEITAバッテリ動作時間測定法Ver.2.0)
約22.0時間(※29)
充電時間
約3.5時間(電源OFF時)/約3.5~10.0時間(電源ON時)(※30)(※31)
ACアダプター
AC100V~240V、50/60Hz(※32)
標準消費電力(※33) (最大)
約7W(65W)
省エネ法に基づくエネルギー消費効率(※34)
12区分13.7kWh(AAA)省エネ性マーク
環境条件
温度5~35℃、湿度20~80%(ただし、結露しないこと)(※35)
環境性能レーティング(※36)
★★★V14
外形寸法(突起部含まず)
約303.9(幅)×197.4(奥行)×17.9(高さ)mm
質量(※37)(※38)
約979g
主な付属品
アクティブ静電ペン、ACアダプター、電源コード、取扱説明書、保証書 他
保証
あり(引き取り修理・海外保証〈制限付〉1年)
主なアプリケーション
Microsoft Office Home & Business 2021(デスクトップ版)
モデル名/カラー/型番
V6(ダークブルー)P1V6VPBL
プレインストールOS(※1)
Windows 11 Home 64ビット(※2)(※3)
CPU
インテル® Core™ i5-1240P プロセッサー
(最大動作周波数)
Pコア:最大周波数4.40GHz、Eコア:最大周波数3.30GHz
12コア/16スレッド
インテル® スマート・キャッシュ 12MB
メモリ
8GB(8GB×1)/8GB(※4)
LPDDR5-5200対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
0スロット(交換不可)(※4)
ディスプレイ(※5)
タッチパネル付き 13.3型ワイド(16:9) FHD 高輝度・高色純度・広視野角 TFTカラー LED液晶(IGZO・ノングレア)(省電力LEDバックライト)1,920×1,080ドット(※6)(※7)(※8)
外部ディスプレイ(HDMI®接続)(別売)
最大3,840×2,160ドット/60Hz(HDMI® 4K)/1,677万色、HDCP対応(※9)(※10)
ビデオRAM
最大4,056MB(メインメモリと共用)(※11)
グラフィックアクセラレーター(※12)
インテル® Iris® Xe グラフィックス(CPUに内蔵)
本体キーボード
86キー(JIS配列準拠)(バックライトキーボード)、キーピッチ:19mm(※13)、キーストローク:1.5mm
タッチパネル
静電容量式(マルチタッチ対応)
ペン
アクティブ静電結合方式(専用アクティブ静電ペン付属)
ポインティングデバイス
ジェスチャーコントロール機能付きクリックパッド(タッチパッド)
SSD(※14)
256GB SSD(PCIe対応)(※15)
Cドライブ容量(空き容量)(※16)
約238GB(約184GB)
無線LAN(※17)(※39)
無線LANの仕様はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください)
Wi-Fi 6E(IEEE802.11ax)(2.4Gbps)+IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠
(WPA™/WPA2™/WPA3™対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)(※18)
対応地域はこちら別ウィンドウで開く
Bluetooth®(※17)
Bluetooth®の仕様はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください)
Bluetooth® ワイヤレステクノロジー Ver5.2準拠(※19)(※20)
対応地域はこちら別ウィンドウで開く
サウンド機能(※21)
インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
harman/kardon® ステレオスピーカー、デュアルマイク(※22)
SDカードスロット
(詳細は使用上のご注意別ウィンドウで開くをご覧ください)
1スロット(microSD)
インターフェース
マイク入力/ヘッドホン出力端子×1、Thunderbolt™ 4(USB4™ Type-C)コネクタ(電源コネクタ)×2(※23)、USB 3.1(Gen1)Type-Aコネクタ×1(USBパワーオフアンドチャージ機能付き)(※24) 、HDMI®出力端子×1(※25)(※26)
Webカメラ
前面:有効画素数 約92万画素(Webカメラシャッター付き) / 背面:有効画素数 約800万画素
セキュリティ機能
顔認証センサー、TPMセキュリティチップ(TCG Ver2.0準拠)、BIOSパスワード、HDDパスワード、セキュリティロック・スロット
バッテリー
リチウムポリマー(バッテリーパック)(※27)(※28)
駆動時間(JEITAバッテリ動作時間測定法Ver.2.0)
約22.0時間(※29)
充電時間
約3.5時間(電源OFF時)/約3.5~10.0時間(電源ON時)(※30)(※31)
ACアダプター
AC100V~240V、50/60Hz(※32)
標準消費電力(※33) (最大)
約7W(65W)
省エネ法に基づくエネルギー消費効率(※34)
12区分13.7kWh(AAA)省エネ性マーク
環境条件
温度5~35℃、湿度20~80%(ただし、結露しないこと)(※35)
環境性能レーティング(※36)
★★★V14
外形寸法(突起部含まず)
約303.9(幅)×197.4(奥行)×17.9(高さ)mm
質量(※37)(※38)
約979g
主な付属品
アクティブ静電ペン、ACアダプター、電源コード、取扱説明書、保証書 他
保証
あり(引き取り修理・海外保証〈制限付〉1年)
主なアプリケーション
Microsoft Office Home & Business 2021(デスクトップ版)

インターフェース

インターフェース

右側面部

  • ① microSDカードスロット
  • ② 電源スイッチ
  • ③ USB 3.1(Gen1)Type-Aコネクタ

インターフェース

左側面部

  • ④ セキュリティロック・スロット
  • ⑤ Thunderbolt™ 4(USB4™ Type-C)コネクタ×2
  • ⑥ HDMI®出力端子
  • ⑦ マイク入力/ヘッドホン出力端子
  • * 市販のThunderbolt™ 4対応周辺機器が必要です。
  • ※1. プレインストールされているOSのみサポートいたします。
  • ※2. Windows 11のバージョンアップに伴って、一部のデバイスや機能が正しく動作しなくなる可能性があります。
  • ※3. Windows 11 Homeを使うには、ネットワーク環境が必要です。また、ネットワークのドメイン参加をすることはできません。
  • ※4. メモリの交換・増設はできません。
  • ※5. 液晶ディスプレイは、液晶パネルの特性や製造工程により、各製品で色合いが異なる場合があります。
  • ※6. TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在することがあります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
  • ※7. 液晶ディスプレイは特性上、外光が映りこむ場合があります。置き場所や角度を調整してご使用ください。輝度はお好みによって調整してご使用ください。
  • ※8. IGZOとはインジウム(In)・ガリウム(Ga)・亜鉛(Zn)・酸素(O)の化合物による液晶です。
  • ※9. 表示可能な解像度はディスプレイにより異なります。
  • ※10. コンテンツ保護処理された映像や音声をHDMI®端子を使用して出力するには、HDCPに対応したディスプレイを使用してください。コンテンツ保護処理された映像や音声は本体内蔵ディスプレイと同時に再生することはできません。
  • ※11. ビデオRAM容量はコンピューターのメインメモリ容量に依存します。
  • ※12. グラフィックアクセラレーターの性能はバッテリー駆動時より、ACアダプター接続時に、より高い性能が発揮されます。
  • ※13. キーによっては、キーピッチが異なる場合があります。
  • ※14. 1GBを10億バイトで算出しています。すべての領域はNTFSで設定されています。
  • ※15. 「デバイスの暗号化」は初期値では「オン」になっています。
  • ※16. 初回起動直後にOSから認識される容量です。Cドライブ以外の容量は、リカバリー領域として使用しています。なお、これらの値は実際の製品とは若干異なる場合があります。
  • ※17. 無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。表示の数値は、本製品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
  • ※18. 5GHz帯無線LANは、W52/W53/W56に対応しています。電波法により、5GHz(W52、W53)および6GHz(LPI)の使用は屋内のみに制限されます(5.2GHz帯高出力データ通信システムの基地局や中継局との通信を除く)。2.4GHz帯無線LANで使用できるチャネルは1~13chです。IEEE802.11ax準拠のモードならびに、IEEE802.11ac/IEEE802.11n準拠のモードで通信を行うためには、セキュリティをWPA™(AES)/WPA2™(AES)/WPA3™(AES)に設定する必要があります。
  • ※19. 2.4GHz帯の無線LANが近距離で使用されていると通信速度の低下または通信エラーが発生する可能性があります。
  • ※20. Bluetooth® Version 1.1、1.2、2.0、2.0+EDR、2.1、2.1+EDR、3.0、4.0、4.1、4.2、5.0、5.1、5.2対応機器との通信が可能です。
  • ※21. キャプチャソフトなどを使用して、本製品で再生中の音声を録音することはできません。
  • ※22. ステレオ録音できない場合があります。
  • ※23. Thunderbolt™ 4(USB4™)/Thunderbolt™ 3規格に対応しています。周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
  • ※24. USB 1.1/2.0/3.0/3.1(Gen1)対応。USB周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
  • ※25. 映像機器との接続には、市販のHDMIの表示があるHDMI®ケーブルをご使用ください。対応機器すべての動作を保証するものではありません。
  • ※26. 1,920×1,080ドット以上の映像信号を出力する場合は、市販のハイスピードHDMI®ケーブルをご使用ください。
  • ※27. バッテリーパックは消耗品です。
  • ※28. 本製品にはバッテリーパックが内蔵されていますが、お客様ご自身での取りはずしや交換はできません。バッテリーパックが寿命などで交換が必要な場合は、dynabook あんしんサポート 修理相談窓口へご相談ください。バッテリーパックの交換は、保証期間内でも有料になります。
  • ※29. 一般社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)」(http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=84&ca=14別ウィンドウで開く) に基づいて測定。ただし、実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。バッテリー動作時間の測定方法については、dynabook.comのサポート情報(https://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)をご確認ください。
  • ※30. バッテリー充電時間は、使用環境により異なります。
  • ※31. 本体の動作状況により、バッテリーが充電されず、バッテリーの充電量が減少し充電完了しない場合があります。
  • ※32. 付属の電源コードは、日本の法令・安全規格に適合しております。その他の国・地域で使用される場合には、当該国・地域の法令・安全規格に適合した電源コードをお買い求めのうえ、ご使用ください。
  • ※33. OS起動後、アイドル状態、ディスプレイ輝度最大、バッテリー充電なし、周辺機器接続なしでの消費電力です。
  • ※34. エネルギー消費効率とは、JIS C62623(2014)に規定する方法により測定した年間消費電力量です。目標年度2022年度で表示しております。省エネルギー基準達成率の表示語Aは達成率100%以上110%未満、AAは達成率110%以上140%未満、AAAは達成率140%以上を示します。
  • ※35. 環境条件に示している温度範囲は、性能を保証するものではありません。
  • ※36. 環境性能レーティング(星マーク)とは、加点項目の達成状況に応じて格付けしたものです。★☆☆は達成率35%未満、★★☆は35%以上70%未満、★★★は70%以上を示します。
  • ※37. バッテリーパック以外の主な付属品は含みません。
  • ※38. 質量は平均値。製品により質量が異なる場合があります。
  • ※39. Wi-Fi 6E(6GHz帯)を使用するには、対応したBIOSとドライバーが必要となります(2022年12月末頃より順次提供予定)。
  • ■記載されている仕様は予告なく変更することがあります。
  • ■画面はハメコミ合成です。
  • ■画面は実際のイメージとは異なる場合があります。Microsoft Storeアプリは別売です。ご利用になれるアプリは国/地域によって異なる場合があります。

個人のお客様

法人のお客様

Dynabook公式
ソーシャルメディア一覧


上に戻る