メインコンテンツに移動
  1. dynabook.com
  2. モバイルエッジ
About dynaEdge

人材不足や品質向上、技能継承など
現場の課題解決を促進する
DX化を徹底サポート

働き方改革、業務改善が求められる中、AI、IoT、ロボティクスなどを活用した現場のDXが推進されています。
dynaEdgeソリューションは、Windows 10ベースの小型PC「dynaEdge DE200」、
スマートグラス*「インテリジェントビューアAR100」を活用した
AIや作業支援ソリューションによるプラットフォームをご用意し、
働く人から始まる業務効率化と生産性向上をサポートします。
現場の課題解決を推進していくことで、企業の新たな価値創造につながるソリューションをご提供します。

dynaEdgeで変わる現場

dynaEdgeで変わる現場

製造 倉庫・現場の
ピッキング
作業
土木・建設 メンテ
ナンス
オフィス 医療・介護 監視・警備
×
×
×
×
×
×
×

製造

作業ステップのデジタル化や遠隔支援により、ミスなく効率的な作業を実現。さらに課題となっている技能継承や、IoTやAIを活用したスマートファクトリーを実現し、競争力強化をサポートします。

倉庫・現場の
ピッキング作業

倉庫や現場でのピッキング作業時、ウェアラブルデバイス上に、目的の品物の位置情報を表示。作業効率化とミスの低減を実現します。

土木・建設

従来は現場で行っていた確認作業、監督業務などを遠隔地にある事務所などで行うことが可能。移動時間の短縮、危険な作業の回避、効率化による残業時間の削減なども実現し、働き方改革にも貢献します。

メンテナンス

ウェアラブルデバイスにより、作業ステップを確認しながら両手を使って作業が可能。映像と音声でサポートを受けられるので作業者のスキルに関係なく、正確に効率よく作業できます。

オフィス

オフィスのスマート化を推進し、コミュニケーションを活性化。どこからでも会議に参加でき、資料共有も簡単。議論の見える化や記録が可能です。

医療・介護

病院や施設での作業において、個人を特定して情報を見ながらの作業やワークフロー管理が可能。多忙なスタッフの業務支援、ミス防止に貢献します。

監視・警備

人の目に頼らない高度な監視・警備を実現。監視カメラを設置できない場所での映像データの保存など、多様なシーンに利用できます。

製品紹介と実例紹介を
動画で見る

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。

※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

Usage scene

dynaEdgeソリューション 導入シナリオ (05:56)

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

こんな課題ありませんか?

遠く離れた現場を
サポートしたい

  • 製造
  • メンテナンス
  • 土木・建設
SOLUTION SOLUTION

現場に出向くことなく、確認や支援を行えます

現場にエキスパートを派遣しなくても、作業者に支援が必要な際は、現場の映像を共有しながら音声通話を行い、サポートすることができます。また、支援者のPC画面を作業者に共有し、的確な指示を与えることも可能です。エキスパートが複数の現場を見ながら指示することもできます。

本社技術者の出張回数、
作業時間が半減

遠方にある工場で不具合が発生すると、本社から技術者が出張して対応しており、大きな負担になっていました。dynaEdge導入後は現地スタッフがウェアラブルデバイスを装着し、本社からの遠隔指示を受け、原因の特定や簡易な修理を行うことが可能になりました。出張の負担が軽減するとともに、速やかな復旧により製造の歩留まりが改善しました。

遠隔臨場により
工期短縮を実現

公共工事の建設現場において「段階確認」「材料確認」と「立会」を必要とする作業に遠隔臨場を実現。ウェアラブルデバイスを装着してリアルタイムに現場の状況を確認できるので、発注者が現場に出向くことなく確認が行え、工期短縮につながりました。

遠隔臨場により工期短縮を実現

人材不足を補いたい

  • 製造
  • メンテナンス
  • 土木・建設
SOLUTION 01

作業者のスキルに関係なく品質を保てます

管理者はあらかじめPC上で作業ステップごとに作業内容を作成し、各作業者にデータを配布。現場では作業者がウェアラブルデバイスでその作業内容を順次確認しながら、正確に効率よく作業を進めることができます。実際に行った作業の内容をデータ化し、分析することも可能です。

品質の均一化に貢献

作業員のスキルにばらつきがあると、製造ラインでの作業ミスや作業抜けが発生することも。dynaEdge導入後は作業の手順をステップごとにAR100の画面に表示できるので、非熟練作業員の作業ミス、作業抜けを防止でき、品質低下防止に役立っています。

  • 製造
  • メンテナンス
  • 土木・建設
SOLUTION 02

スムーズな技能継承をサポートします

生産の現場で課題となっている熟練者から新人への技能継承。遠隔地にいる熟練者が状況を映像で判断して支援したり、熟練者の作業手順を録画し、動画マニュアルとして共有するなどの活用で、スムーズな継承を実現します。

新人教育に動画マニュアルを活用

従来は紙のマニュアルを活用していましたが、技術者が成長するのに何年もかかっていました。熟練者にウェアラブルデバイスを装着してもらって作業状況を録画し、そのデータを動画マニュアルとして活用。作業者の目線の方向や作業時の音も含めた情報をマニュアル化することができ、紙のマニュアルよりわかりやすいと好評です。

作業時間を短くしたい

  • 製造
  • 流通
SOLUTION SOLUTION

ピッキング作業を効率化します

自動認識コードなどの情報をAR100のカメラで読み取ることで、倉庫の棚から目的の品物を迅速かつ正確に選び出すことができます。また、ハンズフリーのため、作業効率が飛躍的に向上します。

棚の組み換えにも低コストで柔軟に対応可能

従来はデジタルランプシステムを採用していましたが、棚のレイアウト変更のたびにランプ配線が必要で、間違えてもわかりにくいといった課題がありました。dynaEdge導入後は棚にロケーション認識用コードを貼るだけでよく、棚の組み換えにも柔軟に対応できます。さらに作業結果や操作ログを記録でき、トレーサビリティも実現しました。

作業の正確性を上げたい

  • 製造
  • メンテナンス
  • 土木・建設
  • 監視・警備
SOLUTION SOLUTION

カメラの映像を自動認識し、人やモノを検知

現場で操作対象に取り付けられたマーカーなどをAR100などのカメラで認識し、人やモノを検知して操作方法をガイドすることができます。さらにAIの活用で映像を解析し、現場のデータを分析・学習することも可能。生産工程・流通工程を効率化し、生産性向上に貢献します。

ラインバランスなどを改善し、生産性を向上

dynaEdge DE200と固定カメラによりオペレータの作業状況を撮影。映像解析を行い、各工程のタクトタイムを自動的に記録し、ラインバランスなどの改善につなげています。

人の記憶に頼らず登録人物を検知

顔照合技術を活用することで、警備員が装着したAR100のカメラで表示した映像から、登録された人物を見つけ出すことができます。登録人物の情報をディスプレイに映し出すこともでき、警備の高度化を実現します。

課題解決事例をみる
ソリューション
別活用シーン
  • オフィスのスマート化

    オフィスのスマート化

    新しい会議のカタチを
    ご提案します。

    詳細はこちら
  • 工場のスマート化

    工場のスマート化

    生産工程・流通工程の
    効率化をサポート。

    詳細はこちら
  • コントローラー

    コントローラー

    デジタルサイネージを
    有効活用できます。

    詳細はこちら

mini デスクトップPCとして利用可能です。

dynaEdge Solution

Key Device

モバイルエッジコンピューティングデバイス dynaEdge DE200 モバイルエッジコンピューティングデバイス dynaEdge DE200
Windows 10ベースの小型PC「dynaEdge DE200」。ハイパフォーマンス×AIで高度なデータ処理を実現。 Windows 10ベースの小型PC「dynaEdge DE200」。ハイパフォーマンス×AIで高度なデータ処理を実現。

Windows 10ベースの小型PC「dynaEdge DE200」。ハイパフォーマンス×AIで高度なデータ処理を実現。

詳細はこちら

まずは業務効率化に使いたいといったニーズに最適なdynaEdge DE100もご用意

詳細はこちら
インテリジェントビューア AR100 インテリジェントビューア AR100

ハンズフリーで作業効率を向上させるスマートグラス*

詳細はこちら

Solution Platform
Technology

dynabook Edge
AI エンジン

dynabook Edge AI エンジン

自社開発ソフトウェアであるdynabook Edge AI エンジン、現場での利便性を向上します。

詳細はこちら

dynaEdge
コントローラー

dynaEdgeコントローラー

5つのボタンで様々なアプリケーションの操作ができます。

詳細はこちら

※すべてのアプリケーションの操作ができるわけではありません。パートナーソリューションのアプリを操作するためには、それぞれのアプリに即した設定を行う必要があります。 ※dynaEdge コントローラーは、開発者様・SIer様向けのSDKの一部としてご提供いたします。

Solution

作業支援ソリューション

Vision DE Suite

作業支援ソリューション Vision DE Suite
詳細はこちら

Vision DE Suite は、dynaEdge DE200とAR100を活用した作業支援を行うためのオリジナルソリューションです。遠隔支援機能を主としたベーシックと、現場の作業工程や作業手順をマネジメントするプロフェッショナルがあります。

パートナーソリューション

dynaEdge DE200とAR100に対応したパートナーソリューションも多数ございます。

ソリューション例

*その他のソリューションもございます。詳細はお問い合わせください。

ピッキング支援システム
ピッキング支援システム
自動認識用コードをAR100のカメラで認識し、部品保管棚へ誘導。ピッキングリストと照合しながらピッキング作業を効率的に行えます。
AR作業ナビゲーション
AR作業ナビゲーション
あらかじめシステムに登録した作業手順をAR100に表示。現場で操作対象機器に取り付けられたARマーカーをAR100のカメラで自動認識し、操作箇所や操作内容をガイダンス表示します。
取扱説明書・カタログダウンロードはこちら
Case Study
Movie
  • dynaEdgeソリューション 導入シナリオ

    dynaEdgeソリューション 導入シナリオ (05:56)

  • 作業支援ソリューション

    Vision DE Suiteベーシック(遠隔支援) (01:57)

    Vision DE Suiteプロフェッショナル(作業ナビゲーション) (04:10)

  • オフィスのスマート化

    オフィスのスマート化 (05:01)

    *動画ではdynaEdge DE100を使用しています。

  • 装着・操作方法

    DE200 AR100 装着方法解説 (05:40)

    Vision DE Suite 操作解説(09:28)

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

faq

dynaEdgeソリューションに関して頂く質問とその回答を掲載しています。

現場のDX化の実例を教えてください。

導入事例をご覧ください。
ウェアラブルデバイスを身に着けて遠隔支援を行うなど、身近なところからDXにつながる例を掲載しています。

導入事例はこちら>>
設定やインストールなどのキッティングサービスはありますか?

キッティングサービスをご用意しています。ご希望の場合は問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

問い合わせフォームはこちら>>
dynaEdge DE100とDE200の違いを教えてください。

dynaEdge DE200は、DE100のコンセプトを継承しながら、第11世代インテルCore i7/i5/i3搭載、高密度実装技術・省電力設計を駆使して、軽量コンパクトながら約7.5時間*のバッテリー駆動時間を実現しました。また、dynaEdgeシリーズの特長である、5ボタンキーがより大きく押しやすくなり、電源ボタンにロック機構を搭載するなど、現場での活用に適したアップデートを行っています。
*JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)による値。実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。

支援者との通話中に、作業者側でPDFや画像などのファイルをビューアで表示することはできますか?

通話中に、dynaEdge DE100・DE200のアップボタンを長押しすると、アプリケーション一覧が表示されます。アプリケーション一覧から、ホーム画面を選択し決定することで、通話状態のままホーム画面に移動できます。ホーム画面から、ビューアを利用して、ファイルを表示できます。詳しくは、操作説明書を参照ください。

全てのFAQを見る
Flow
  • STEP 1

    ご要望
    ヒアリング

    ご要望ヒアリング
  • STEP 2

    ソリューション
    ご提案

    ソリューションご提案
  • STEP 3

    実証
    (PoC)

    実証(PoC)
  • STEP 4

    本格導入

    本格導入

お客様の現場の課題をヒアリングさせていただき、
最適なソリューションをご提案します。
PoCから本格導入まで現場のDX化を伴走し
サポートさせていただきます。

オンラインでのご相談・デモも可能です。
お問い合わせフォームよりご相談ください。

Contact

導入検討についての質問や
ご相談などお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ
フォームはこちら

故障・修理についてのお問い合わせはdynabook修理サービスをご利用ください。
Vision DE Suiteご契約企業様:Vision DE Suiteの利用に関する質問は、契約時にご案内したヘルプデスクへお問い合わせください。

開発者向け情報

モバイルエッジコンピューティングデバイス dynaEdge DE200とインテリジェントビューアAR100を使ったアプリケーション開発を検討されている開発ベンダー様・SIer様向け情報をご用意しています。

開発者向けページはこちら
取扱説明書・カタログダウンロード

*記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります

個人のお客様

法人のお客様

Dynabook公式
ソーシャルメディア一覧


上に戻る