MZ/HS おすすめポイント 2021春Webモデル

  • dynabook MZ/HS オニキスブルー
  • dynabook MZ/HS オニキスブルー

dynabook MZ/HS

Windows 10 Pro 64ビット
14.0型ワイド FHD 広視野角(ノングレア) /
14.0型ワイド HD(ノングレア)
インテル® Core™ i7 / インテル® Core™ i5 / インテル® Core™ i3
2021/6/17 発表

dynabook MZ/HS おすすめポイント

先進機能が搭載された「Windows 10」がすぐに使える

Windows 10


大幅に進化した第11世代インテル® Core™ プロセッサー搭載。卓越したパフォーマンスをどこででも

インテル® Iris® Xe グラフィックスエンジン内蔵*1の第11世代 インテル® Core™ プロセッサーを搭載しています。高画質動画の編集から動きの激しいゲームなどストレスが少なく快適に楽しめます。

■インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー

W6MZHS7RAL / W6MZHS7PAL / W6MZHS7RBL / W6MZHS7PBL / W6MZHS7RCL / W6MZHS7PCL

■インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー

W6MZHS5RAL / W6MZHS5PAL / W6MZHS5RBL / W6MZHS5PBL

■インテル® Core™ i3-1115G4 プロセッサー

W6MZHS3RAL / W6MZHS3PAL

インテル® Core™ i7

インテル® Core™ i5

インテル® Iris® Xe

  • *1 インテル® Iris® Xe グラフィックスは、Core i7、Core i5のみの搭載。
  • ※本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況により異なります。

カクつかない、オンライン会議を

オンライン会議中に複数のアプリを立ち上げても、dynabookのエンパワーテクノロジーにより高速処理を実現し、動作は快適。参加者の表情はもちろん、表示された資料の文字も見やすく、快適なコミュニケーションが可能です。


ハイパフォーマンスを安定して持続させる
dynabookのエンパワーテクノロジー

第11世代 インテル® CPUは、TDP(熱設計電力)を従来の15Wから28Wへ増加させることで、パワフルなパフォーマンスを発揮します。このパワフルな処理能力も、PC内部の熱を効果的に排出しなければ安定しません。dynabookが長年にわたり蓄積してきたノートPCの冷却・放熱技術や筐体設計技術などを駆使した「エンパワーテクノロジー」を搭載。TDP28Wでの安定した動作を可能にし、最大約1.5倍のハイパフォーマンスを持続させることで、高い負荷のかかるオンライン会議の映像もカクつかずに再現できます。

インテルロゴ

製品イメージ

■ エンパワーテクノロジーで、パフォーマンスはどう変わる?

エンパワーテクノロジー搭載のMZシリーズと非搭載モデルを比較してみました。

【ベンチマーク】3DMARKによるスコア

エンパワーテクノロジーを搭載していると、パフォーマンスが最大約1.4倍向上

エンパワーテクノロジー比較

エンパワーテクノロジー比較

エンパワーテクノロジー搭載でさらに、TDP 28Wで安定して動作させるとパフォーマンスが最大約1.5倍向上

エンパワーテクノロジー比較

エンパワーテクノロジー比較

  • ※当社調べ。ご使用の環境や機種により、結果は異なります。dynabook MZシリーズ(エンパワーテクノロジー搭載モデル)とdynabook SZシリーズ(エンパワーテクノロジー非搭載モデル)との比較。
  • ※dynabook MZシリーズは第11世代インテル® Core™ i7-1185G7プロセッサー搭載の法人向けモデルの試作機、dynabook SZシリーズは第11世代インテル® Core™ i7-1165G7プロセッサー搭載モデルにて測定。
  • ※W6MZHS7RAL / W6MZHS7PAL / W6MZHS7RBL / W6MZHS7PBL / W6MZHS7RCL / W6MZHS7PCLは、第11世代インテル® Core™ i7-1165G7プロセッサー搭載。
    W6MZHS5RAL / W6MZHS5PAL / W6MZHS5RBL / W6MZHS5PBLは、第11世代インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー搭載。
    W6MZHS3RAL / W6MZHS3PALは、第11世代インテル® Core™ i3-1115G4 プロセッサー搭載。

<第11世代と第10世代のCPU比較>

MZシリーズは第11世代 インテル® Core™ i7 CPUを搭載。第11世代 インテル® Core™ i7 CPU搭載モデルと第10世代 インテル® Core™ i7 CPU搭載モデルを比較してみました。

第11世代インテル® CPUは、第10世代インテル® CPUと比べて、CPU性能は約1.5倍アップ

第11世代と第10世代のCPU比較

  • ※当社調べ。第11世代は試作機における測定結果です。第10世代 インテル® Core™ i7-10510Uの性能を「100」とした場合の値です。ご使用の環境やスペック構成により、結果は異なります。

サッと移動して、場所を選ばず使える

テレワークやリモート授業が普通になり、家で過ごす時間が増える中、14型のノートPCが注目されています。14型だから、13.3型モバイルノートより大きく見やすい画面で作業ができ、15.6型スタンダードノートより持ち運びがしやすいのが大きなポイント。14型なら、机で作業をした後、リビングのソファにサッと移動してネット動画を楽しめます。

製品イメージ


楽しみは、好きな場所で
約1.47kgの軽量&コンパクトボディ

14型の大画面で、軽さ約1.47kg、薄さ約19.9mmの軽量&スリムボディ。家の好きな場所で画面を開けば、あなたの楽しみがすぐにはじまります。奥行も約220.6mmとコンパクトなので、狭いカウンターなどでも作業がしやすく便利です。


画面は大きく、ボディは小さく
dynabookの高密度実装技術

ノートPCづくりで蓄積してきたdynabookならではの高密度実装技術を投入。画面は14型と大きいながら、13.3型dynabook RZ53/Jに比べ、奥行は約8.4mm、薄さも約2.5mmサイズダウン*2し、コンパクト。まさに、作業のしやすさと持ち運びやすさを兼ね備えた14型モバイルノートです。家の好きな場所へ持ち歩けて、画面を開けば広さ、見やすさ、操作のしやすさを享受できます。

  • *2 2019年春モデル dynabook RZ53/Jとの比較。

製品イメージ


フラットな状態になるから、みんなで見やすい。画面表示も回転できる

液晶ディスプレイが180度開いて、対面相手が見えやすいように画面表示の向きを切り替えられるので、画面を共有しながらの会話が可能です。

キーボードイメージ


高速1TB*3/512GB*4/256GB*5 SSDを搭載

SSDは軽量化に貢献し、書き込み速度、読み出し速度の高速化を実現します。また、耐衝撃性や省電力にも優れ、モバイルでの機動性を高めます。

  • *3 W6MZHS7RAL / W6MZHS7PAL
  • *4 W6MZHS7RBL / W6MZHS7PBL / W6MZHS7RCL / W6MZHS7PCL / W6MZHS5RAL / W6MZHS5PAL
  • *5 W6MZHS5RBL / W6MZHS5PBL / W6MZHS3RAL / W6MZHS3PAL
  • ※SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記録媒体とするドライブです。
  • ※SSDの記憶容量は、1GBを10億バイトで算出しています。お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

SSD
高速SSD


長持ちバッテリーで、外にも連れ出せる
約15.5時間*6の長時間バッテリー駆動

フル充電で約15.5時間*6のバッテリー駆動が可能。バッテリー残量を気にすることなく、家の好きな場所で楽しめます。また、バッグにもスルッと収まるので、テレワークの合間に会社やキャンパスに持ち出したり、就活のために持ち歩くことも可能。バッテリーだけで、長時間使えます。持ち運びやすさを考えて、天板には突起を設けました。閉じた状態でPCを持ちやすく、バッグからも取り出しやすいデザインです。

  • *6 JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)による値。実際の駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。
    W6MZHS3RAL / W6MZHS3PALのみ。
    W6MZHS7RAL / W6MZHS7PAL / W6MZHS7RBL / W6MZHS7PBL / W6MZHS7RCL / W6MZHS7PCL / W6MZHS5RAL / W6MZHS5PAL / W6MZHS5RBL / W6MZHS5PBLは、約15.0時間。

製品イメージ


「お急ぎ30分チャージ*7」に対応。バッテリー寿命も長持ち

これまでノートPCづくりで培ってきた充電制御技術を取り入れた「お急ぎ30分チャージ*7」は、わずか30分で、バッテリー駆動時間の約40%まで充電することができます。バッテリーの状態をソフトウェアで監視し、一定量になるまでは大電流を供給して充電時間を高速化。以降は段階的に電流を下げて充電を続けることにより、スピーディに充電しながらバッテリーを長持ちさせることができます。これからは、外出前はもちろん、会議の合間など、ちょっとした空き時間を利用してしっかり充電できます。

  • *7 PCが電源OFFまたはスリープ時にバッテリー残量が0%の状態から充電した場合の数値。バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリーの経年劣化によって変化します。
30分の充電でバッテリー駆動時間の約40%を利用できる

先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6*8」に対応。インターネットもオンライン会議もより快適に

先進の高速無線LAN規格「Wi-Fi 6*8」(IEEE802.11ax)を搭載。室内や公衆無線LANなどのワイヤレス環境において、従来規格よりも高速なデータ転送が可能となり、Web検索やストリーミング視聴などもストレスが少なく快適に行えます。

Wi-Fi 6ロゴ

  • *8 市販のWi-Fi 6対応周辺機器が必要です。

PCを安全に、末永くお使いいただくために、徹底した品質試験を実施

■主な品質試験

■面加圧試験

面加圧試験:試験写真

■落下試験(筐体)

落下試験(筐体):試験写真

■ヒンジ開閉試験

ヒンジ開閉試験:試験写真

■コネクタこじり試験

コネクタこじり試験:試験写真

■キーボードトランポリン試験

キーボードトランポリン試験:試験写真
  • ※無破損、無故障を保証するものではありません。これらのテストは信頼性データの収集のためであり、製品の耐落下衝撃性能や耐加圧性能などをお約束するものではありません。また、これらに対する修理費用は、保証期間内でも有料になります。
  • ※実施試験は、モデルにより異なります。

バックアップもスピーディ
Thunderbolt™ 4*9(USB4™ Type-C)コネクタ×2

左側面には、先進のThunderbolt™ 4*9規格に対応し、最大40Gbps*10の高速データ転送が可能なUSB4™ Type-Cコネクタを2基搭載しました。Thunderbolt™ 4*9対応の外付けストレージと接続すれば、作成したビデオ作品などをストレスなく高速でバックアップできます。このThunderbolt™ 4*9コネクタは、別売のACアダプターや市販のモバイルバッテリーに接続して充電*11したり、テレビやPCモニターに接続*12して4K動画などを家族で視聴することができます。

  • *9 市販のThunderbolt™ 4対応周辺機器が必要です。
  • *10 最大転送速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は使用環境などにより変わります。
  • *11 別売のACアダプタ(PAACA048)に対応。すべての機器の動作を保証するものではありません。
  • *12 すべてのテレビまたはモニターとの接続を保証するものではありません。

Thunderbolt™ 4イメージ


Webカメラは、プライバシーを保護するシャッター付き

Webカメラには、手動でカメラを覆うことができるシャッターを付けました。ビデオ通話での意図しない撮影を防ぐことができ、プライバシーを保護します。また、オンライン会議などで音声だけで参加したい場合などに便利です。

シャッターイメージ


赤外線顔認証*13を搭載。サインインは、顔パスで

Windows Hello対応の生体認証機能である赤外線顔認証*13を搭載。人肌と一般的な印刷インクや人形などに使われる樹脂では赤外線の反射率が異なることを利用して、写真や絵による「なりすまし」を防止します。また、通常のカメラによる顔認証は、暗い場所や、明るくても蛍光灯などが映り込む場所ではフラッシュなどをたいて認識率低下を防ぎますが、赤外線はそのような眩しい照明が不要のため、眩惑のわずらわしさがありません。これからは、あなたの顔を画面に向けるだけで、タッチせずに簡単サインイン。パスワードを入力するわずらわしさがなく、パスワード漏えいのリスクも軽減します。複数人でそれぞれ登録して使い分けができるので、家族で共有してもパーソナルに使用できます。

  • *13 本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。顔認証をするときは、顔認証センサーの正面に顔を向けてください。顔認証センサーに保護シートが貼ってある場合には、顔認証機能を使用する前に必ず保護シートをはがしてください。顔認証機能は室内での使用をお勧めします。屋外では太陽光の影響により顔認証の登録や顔認証によるWindowsのサインインなどに失敗することがあります。

顔認証センサーイメージ

顔認証センサー

手厚いサポートでパソコンライフを応援

「dynabook あんしんサポート」では、Windows 10やアプリの使い方まで、困ったり、迷ったときの内容やお客様のPC習熟度に応じて、きめ細やかなサービスやサポートをご用意しています。たとえば、「Webサポート」は電話応対した内容をFAQにして掲載。知りたいことがきっと見つかります。また、電話による「使いかた相談(予約可能)」やスタッフがお客さまのPC画面を見ながらサポートする「遠隔支援サービス」、遠隔支援を活用して個人レッスンが受けられる「有料サポートサービス」などもご利用いただけます。手厚いサポートであなたのパソコンライフを応援します。

サポート情報について詳しく見る

dynabook あんしんサポート
  • ※ Windows、Windowsロゴ、Windows Helloは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • ※ USB4™は、USB Implementers Forumの商標です。
  • ※ その他の記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

第11世代 インテル(R) ファミリーロゴ 第10世代 インテル(R) ファミリーロゴ 第9世代 インテル(R) ファミリーロゴ

インテル® Core™ プロセッサー

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Celeron、Intel Core、Intel Insideロゴ、Intel Optane、Intel Evo、Iris、Thunderbolt、Thunderboltロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標です。