業界初、新コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応PC「dynabook T」シリーズを発売 ― お客様の声に徹底的に対応した2015年夏モデル9機種19モデルを投入 ―

2015年5月19日

株式会社東芝 パーソナル&クライアントソリューション社

dynabook T95, T75, T55 業界初、新コンテンツ保護技術「SeeQVault™」対応の「dynabook T」シリーズを発売

当社は、新コンテンツ保護技術「SeeQVault™」にPCで初めて注1対応したスタンダードノート「dynabook T」シリーズなど、当社ノートPC事業で30年間培った技術やノウハウを駆使して、お客様からの声を徹底的に反映したノートPC 5機種12モデルとオールインワンデスクトップ「dynabook D」シリーズ4機種7モデル、計9機種19モデルを店頭向け2015年PC夏モデルの新商品として5月22日から順次発売します。

15.6型液晶搭載のスタンダードノート「dynabook T」シリーズは、薄さ約24.5mm、軽さ約2.4kgの筐体に、高性能クアッドコア「インテル®CoreTMi7-4720HQ」やタッチ対応の高解像度4K液晶(3,840×2,160ドット)を搭載した「dynabook T95」、薄さ約23.5mm、軽さ約2.3kgの筐体に、ブルーレイディスクドライブや高精細フルHD・高輝度IPS注2液晶を搭載した「dynabook T75」/「dynabook T55」、約7時間注3の長時間バッテリー駆動を実現した「dynabook T45」をラインアップしています。

「dynabook T」シリーズは、お客様の声を反映して使いやすさを追求しました。スリムな筐体でありながら、キーボード内部のラバードームの形状や素材にこだわり、快適な打鍵感を実現しています。さらに、使用頻度の高いEnterキーやBackSpaceキーを従来より大きく注4し、タッチパッドを指で操作した時のみ有効となる「パームリジェクション機能」を搭載るなどタイプミスや意図しない誤動作を軽減する工夫をしています。また、付属のマウスはワイヤレスで受光部を本体に内蔵しているため、4ポート備えたUSB3.0を全て他の用途に活用できるようにしているほか、4K出力に対応 注5したHDMIポートも搭載するなどインターフェースを充実しました。付属のL字プラグの小型ACアダプターは持ち運びに便利でPCまわりもスッキリします。

さらに、新コンテンツ保護技術「SeeQVault™」にPCで初めて対応しました。「SeeQVault™」対応「レグザブルーレイ」/「レグザサーバー」注6で録画したTV番組をHD画質のまま「SeeQVault™」対応microSDメモリカード注7やUSBハードディスク注7にダビングして、PCで手軽に録画番組を視聴できます。また、原音に近いハイレゾ音源を再生できるプレーヤーを搭載していますので、市販の外付けDACなどのハイレゾ対応機器を接続して、ハイレゾ音源をお楽しみいただけます。また、スマートフォンで撮りためた写真を手軽に管理して楽しむための写真分類・閲覧アプリ「思い出フォトビューア」や、搭載の高品質スピーカーをBluetooth®スピーカーとして利用できる「ワイヤレスミュージック機能 注8」など、スマートフォンとの連携も強化しています。さらに、プロ並みの写真編集を手軽に楽しむことができる「Adobe® Photoshop® Lightroom® 5」、「Adobe® Photoshop® Elements 12」を付属注9しています。

タッチ対応の11.6型液晶搭載のモバイルノート「dynabook N51」は、ビジネスシーンでの議事録作成を強力に支援する「TruRecorder」を新たに搭載しました。また、大きな刻印で打ちやすい抗菌タイルキーボード注10のオールインワンデスクトップ「dynabook D」シリーズでは、ハイレゾ対応、「Adobe® Photoshop® Elements 12」の付属、3波(地上/BS/110度CS)対応のダブルチューナー搭載のモデルをそれぞれ拡充しました。

今後も、多様化するユーザーニーズに対応し、より使いやすい機能を搭載したPCと、安心のサポートを提供していきます。

  • 注1 2015年5月19日時点。当社調べ。
  • 注2 IPSとはIn Plane Switching技術の略称です。
  • 注3 一般社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)別ウィンドウで開く」に基づいて測定。ただし、実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。バッテリー動作時間の測定方法については、dynabook.comのサポート情報dynabook.comのサポート情報をご確認ください。
  • 注4 2015年春モデル「dynabook T」シリーズのキートップ面積との比較。Enterキーは約18.2%増、BackSpaceキーは約64.7%増。
  • 注5 4K対応テレビに、市販のハイスピードHDMIケーブルを使用して接続することで、4K出力が可能です。対応機器すべての動作を保証するものではありません。
  • 注6 対応機器は「DBR-T550」「DBR-T560」「DBR-Z510」「DBR-Z520」「DBR-M590」です(2015年5月19日時点)。
  • 注7 対応記録媒体についてはdynabook.comをご覧ください。
  • 注8 Bluetooth®搭載のスマートフォンとあらかじめペアリング設定をする必要があります。
  • 注9 「Adobe® Photoshop® Lightroom® 5」は「T95」のみ。「Adobe® Photoshop® Elements 12」は「T75」のみ。
  • 注10 本製品に付属のキーボードには、抗菌のための物質が含まれており、細菌の増殖を抑える効果があります。万が一、キーボードの使用により、赤み、はれ、かゆみなどの症状がみられる場合は、ただちに使用をお控えいただき、皮膚専門医にご相談下さい。【試験機関】SGS-CSTC技能試験センター【試験方法】JIS Z 2801:2010に基づく【抗菌場所】キーボード周りの部分、キートップ、電源ボタン【試験結果】抗菌活性値2.0以上。

新商品の主な特長

1.スタンダードノート【dynabook T95/T75/T55/T45】
5月22日から順次発売/オープン価格

「dynabook T95」の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519t95/

「dynabook T75」の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519t75t55/

「dynabook T55」の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519t75t55/

「dynabook T45」の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519t45/

2.モバイルノート【dynabook N51】
5月29日から順次発売/オープン価格

「dynabook N51」の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519n51/

3.オールインワンデスクトップ【dynabook D81/D71/D51/D41】
5月22日から順次発売/オープン価格

「dynabook D81」、「dynabook D71」、「dynabook D51」、「dynabook D41」、の詳細は、商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519d8d7d5d4/

お客様からの商品についてのお問い合わせ先

『東芝PCあんしんサポート』

  • 通話料無料 0120-97-1048
  • 受付時間 9:00~19:00(年中無休)
  • ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。

携帯電話、PHSからのご利用で上記電話番号に接続できないお客様は、0570-66-6773(通話料お客様負担)で受け付けています。
また、海外からのお電話や一部のIP電話などで、フリーダイヤルやナビダイヤルをご利用になれないお客様は、043-298-8780(通話料お客様負担)で受け付けています。
なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(https://dynabook.com/)でも提供します。

掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

個人のお客様


スタンダードノート Tシリーズ
モバイルノート
RX73シリーズ
RX33シリーズ
2in1モバイルノート Vシリーズ

法人のお客様


サポート情報


上に戻る