Archives

dynabook開発現場で行われている試験の一部について、動画形式でご紹介します。

アクシデント時の安全性

耐久性

  • ヒンジ開閉試験
    ヒンジ開閉試験

    ノートPC最大の可動部分である、ヒンジの耐久性を評価。

  • X-RAY試験
    X-RAY試験

    基板やハーネスの断線など、目に見えない部分を非破壊検査機を用いて検証。

  • ディスプレイひねり試験
    ディスプレイひねり

    ディスプレイ部に負荷をかけた際のたわみを測定し、耐久性を評価。

  • HALT試験
    HALT試験

    -100℃から最高+100℃までの温度変化や最大50Gまでの振動を設定し、変化や耐久性を検証。※HALT= Highly Accelerated Life test

部品の信頼性

  • ホットオイル試験
    ホットオイル試験

    電子基板を高温・常温のオイルに交互に浸し、伸縮による断線が起きないかを検証。

  • 限界曲げ試験
    限界曲げ試験

    基板や組み立てた状態のタッチパネルなどの部品を大きく曲げ、押力に対しての剛性を検証。

  • コネクタこじり・挿抜試験
    コネクタこじり・挿抜試験

    USBなど各種コネクタに対し、こじり・抜き差しを一定回数行い、耐久性を検証。

快適な使い心地

環境に対する安全性

  • RoHS指令対応試験
    RoHS対応指令試験

    「RoHS指令」に部品レベルで対応するため、PCの部材をさらに部品単位に分解して評価。

  • ※各試験は無破損、無故障を保証するものではありません。
  • ※各試験は信頼性データの収集を目的として実施しているものであり、製品の耐落下衝撃性能や耐浸水力、耐加圧性能などをお約束するものではありません。
    また、これらに対する修理対応は、無料修理ではありません。落下、浸水後はかならず点検・修理(有料)にお出しください。
  • ※浸水・排水処理後には、点検と修理(有料)が必要となります。
  • ※モデルにより実施する試験項目は異なります。
  • ※本映像内の落下試験・防滴試験は、第三者機関で実施する耐久テストとは別に、当社にて独自の基準で行っている耐久テストです。
  • ※2016年2月に取材した内容を基に構成しています。数値データ、担当者などは取材時のものです。
  • *1 dynabook T85/A、T75/A、T75/B、T55/A、T55/B、T45/A、T45/B(一部のモデルを除く)。メーカー無償保証期間を2年とし、引き取り修理・海外保証(制限付)が2年間となります。
  • *2 JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver2.0)による値。実際の駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。

インテル® Core™ プロセッサー搭載。Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

上に戻る