dynabook Quality 品質試験

dynabookの開発現場では、みなさまに安心して使っていただけるように、

製品の品質を向上させるためのさまざまな試験をおこなっています。

ここでは、その一部をムービーでご紹介いたします。

 dynabook Qualityを支える過酷な試験の数々をご覧ください。

アクシデント時の安全性

耐久性

  • ヒンジ開閉試験
    ヒンジ開閉試験

    ノートPC最大の可動部分である、ヒンジの耐久性を評価。

  • X-RAY試験
    X-RAY試験

    基板やハーネスの断線など、目に見えない部分を非破壊検査機を用いて検証。

  • ディスプレイひねり試験
    ディスプレイひねり

    ディスプレイ部に負荷をかけた際のたわみを測定し、耐久性を評価。

  • HALT試験
    HALT試験

    -100℃から最高+100℃までの温度変化や最大50Gまでの振動を設定し、変化や耐久性を検証。※HALT= Highly Accelerated Life test

部品の信頼性

  • ホットオイル試験
    ホットオイル試験

    電子基板を高温・常温のオイルに交互に浸し、伸縮による断線が起きないかを検証。

  • 限界曲げ試験
    限界曲げ試験

    基板や組み立てた状態のタッチパネルなどの部品を大きく曲げ、押力に対しての剛性を検証。

  • コネクタこじり・挿抜試験
    コネクタこじり・挿抜試験

    USBなど各種コネクタに対し、こじり・抜き差しを一定回数行い、耐久性を検証。

快適な使い心地

環境に対する安全性

  • RoHS指令対応試験
    RoHS対応指令試験

    「RoHS指令」に部品レベルで対応するため、PCの部材をさらに部品単位に分解して評価。

  • ※各試験は無破損、無故障を保証するものではありません。
  • ※各試験は信頼性データの収集を目的として実施しているものであり、製品の耐落下衝撃性能や耐浸水力、耐加圧性能などをお約束するものではありません。
    また、これらに対する修理対応は、無料修理ではありません。落下、浸水後はかならず点検・修理(有料)にお出しください。
  • ※浸水・排水処理後には、点検と修理(有料)が必要となります。
  • ※モデルにより実施する試験項目は異なります。
  • ※本映像内の落下試験・防滴試験は、第三者機関で実施する耐久テストとは別に、当社にて独自の基準で行っている耐久テストです。
  • ※2016年2月に取材した内容を基に構成しています。数値データ、担当者などは取材時のものです。
close
徹底分解!dynabook Quality
東芝クライアントソリューション(株)商品統括部 重信直哉(ぶんかい先生)が、Tシリーズを分解し、設計するうえでの配慮、こだわりをわかりやすく紹介します。

動画には音声も含まれておりますので、音声とあわせてご覧ください。

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。

※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

Close
  • *1 dynabook T85/A、T85/C、T75/A、T75/B、T75/C、T75/D、T55/A、T55/B、T55/C、T55/D、T45/A、T45/B、T45/C(一部のモデルを除く)。メーカー無償保証期間を2年とし、引き取り修理・海外保証(制限付)が2年間となります。
  • *2 JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver2.0)による値。実際の駆動時間は使用環境および設定などにより異なります。

インテル® Core™ プロセッサー搭載。Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

上に戻る