主なソフトウェア対応表 -2018年夏モデルdynabook-

Windows 10

Windows 10. Do great things.

印のソフトウェアのみ、当社でサポートを行っております。その他のソフトウェアのサポートに関しては、ソフト製造元各社でサポートを行っておりますので、付属の取扱説明書またはオンラインマニュアルをご覧ください。

○…プレインストール T75・T55 T45 T65
OS Windows 10 Home 64ビット
インターネット/通信 インターネット閲覧 あんしんWeb by Internet SagiWall for Toshiba(30日体験版) 注1)  
Webフィルタリング i-フィルター® for マルチデバイス(30日版) 注1)注2)  
セキュリティ ウイルス検索/駆除 ウイルスバスター クラウドTM 90日版 注1)注3)  
マルチメディア 機器連携 東芝スマートフォンリンク(ワイヤレスミュージック機能搭載)
TVコネクトスイート【超解像技術対応】
動画・静止画・音楽再生 TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+
【360度動画再生、ハイレゾ音源再生、超解像技術対応】
動画編集 CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA 注4)  
画面録画 CyberLink Screen Recorder for TOSHIBA  
静止画編集/管理 CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA 注5)  
静止画管理 思い出フォトビューア
思い出フォトビューア クッキングプラス
プレーヤー TOSHIBA Blu-ray Disc™ Player 【超解像技術対応】 注6)
TOSHIBA VIDEO PLAYER
BD/CD/DVD作成・コピー CyberLink Power2Go 8 for TOSHIBA  
サウンドシステム DTS Sound™
実用 はがき作成 筆ぐるめ 25 for TOSHIBA  
電子書籍リーダー ebiReader
スマートフォン連携 sMedio TrueLink+ Phone
データムーバー
ボイスレコーダー TruRecorder
データ移行 PC引越ナビ®
バックアップナビ クラウド
リカバリーディスク作成 東芝リカバリーメディアクリエーター 注7)
辞書 Brain+ for TOSHIBA  
サポート PC操作学習 動画で学ぶシリーズ
(Windows 10 / Word 2016 / Excel 2016 / PowerPoint 2016 /Outlook 2016)
ガイド・マニュアル 東芝おたすけナビ
パソコンで見るマニュアル
その他 東芝サービスステーション
その他 データ復旧 東芝ファイルレスキュー 注8)
データ消去 ハードディスクデータ消去機能
画面設定 東芝画面設定ユーティリティ
環境設定 東芝セッティング(ecoユーティリティ、HDDプロテクションを含む)
  • 注1)体験版/試用版のソフトウェアは、一部製品と仕様が異なることや、機能に制限がある場合があります。
  • 注2)無料使用期間はご使用開始より30日間です。無料使用期間が過ぎますと、設定がすべて解除されフィルタリング機能がご使用できなくなります。無料使用期間中に有料にて正規サービスをお申し込みいただくことで、継続して使用することができます。一部の通信ソフトや他のフィルタリングソフトと併用してご使用できない場合があります。
  • 注3)ウイルス定義ファイルおよびファイアウォール規則は、新種のウイルスやワーム、スパイウェア、クラッキングなどからコンピューターの保護を高めるために、常に最新のものにする必要があります。なお無料の更新サービスはご使用開始から90日間です。90日を経過するとウイルスチェック機能を含めて、すべての機能がご使用できなくなります。ウイルスチェックがまったく行われない状態となりますので、かならず期限切れ前に有料の正規サービスへ登録するか、他の有効なウイルス検索ソフトを導入してください。
  • 注4)市販のCyberLink PowerDirector 15とは一部機能が異なります。
  • 注5)市販のCyberLink PhotoDirector 8とは一部機能が異なります。
  • 注6)DVD、Blu-ray Disc™の再生が可能です。
  • 注7)アプリケーションやシステムのリカバリー用データをハードディスク内に保存しています。そのため、アプリケーションDVDおよびリカバリーディスクは付属しておりません。あらかじめハードディスク内のリカバリー用データを、USBメモリまたはDVDメディア/ブルーレイメディアに保存することを推奨します。また、DVD-RAMメディアへの書き込みはできません。
  • 注8)OSが起動しないときに、ハードディスク上のファイルを別の保存メディアへ退避させるためのソフトです。ハードディスク上のすべてのファイルの救助、復元を保証するものではありません。ハードディスクが破損している場合、またはハードディスク上のファイルが破損している場合は、救助、復元することができません。さらに、システム属性を持つファイル、および、暗号化されたファイル、または暗号化されたハードディスクからは、救助できません。
  • ※ TVコネクトスイートに対応しているレコーダー等の機器情報は別ウィンドウで開く■TVコネクトスイート対応機器と動作状況をご確認ください。
  • ※ ソフトウェアによっては、使用にあたりセットアップが必要となる場合があります。
  • ※ プレインストールソフトは市販のパッケージ製品とソフト内容、取扱説明書(マニュアル)、その他付属ソフトにおいて一部異なるものがあります。
  • ※ 同じ名称のソフトウェアでも、搭載するモデルや時期、バージョンによって内容が異なる場合があります。
  • ※ ソフトウェアやサービスによっては、一部機能は有料での提供になります。

搭載モデル T75、T65、T55、T45

Office Home & Business 2016
Officeロゴ
ワープロ Word 2016
表計算 Excel 2016
メール・情報管理 Outlook 2016
プレゼンテーションツール PowerPoint 2016
デジタルノート OneNote 2016
  • * 初回起動時にライセンス認証/インストールが必要となります。
  • ※ 上記のソフトウェアは、日本マイクロソフト株式会社でサポートを行っています。詳しくは本体に付属の取扱説明書をご覧ください。
個人情報などのデータ流出を回避
「ハードディスクデータ消去機能」搭載だから、PCの廃棄や譲渡の際にも安心です。

ハードディスクにあるデータを個別に削除するときに行う、「ファイルを削除する」、「ごみ箱を空にする」という操作や、ハードディスク全体を購入時の状態に戻すための「リカバリーをして購入時の状態に戻す」操作を行うとファイル(データ)管理情報ではデータは消去されたように見えます。ただ、このような方法でデータを削除しただけではファイル(データ)管理情報が消去されるだけで実際のデータは残ったままになっているため、市販のデータ復旧ソフトなどを実行すると削除したはずのデータが復元され、読み取ることが可能です。当社では全機種にリカバリーメニューで「ハードディスクデータ消去機能」を提供しています。方式は「米国国防総省方式(DoD 5220.22-M)」を採用。この方式では固定値2回、乱数1回の計3回上書きをすることにより元のデータを塗りつぶして、ハードディスクから機密情報や個人情報など、データの復元を困難にします。
※ご使用になったPCを廃棄・譲渡する際には、お客様の責任でハードディスクに記録された全データを標準搭載の「ハードディスクデータ消去機能」を利用して消去することを強くおすすめします。詳細はdynabook.com (http://dynabook.com/pc/eco/haiki.htm)「パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するご注意」をご覧ください。

個人のお客様


スタンダードノートPC(パソコン) Tシリーズ
モバイルノートPC(パソコン)
UX53シリーズ
RX73シリーズ
RX33シリーズ
2in1モバイルノートPC(パソコン) Vシリーズ
dynabook プレミアムサービス

法人のお客様


サポート情報


上に戻る