メインコンテンツに移動
法人のお客様のメニュー

dynaSchool デジタルノート@クリエイターズ® OneDrive 連携 機能紹介

製品の導入検討・購入に関するご相談・お問い合わせ

dynaSchool dynaSchool  デジタルノート@クリエイターズR “記録する”ノートから、より“考える”“見せる”“共有する”ICT活用ノートへdynaSchool dynaSchool  デジタルノート@クリエイターズR “記録する”ノートから、より“考える”“見せる”“共有する”ICT活用ノートへ

OneDrive 連携 機能紹介

OneDrive 同期

作成・編集したデータは、OneDrive同期機能を用いてクラウド上に保存することができます。
OneDrive同期機能を使用する場合は、「Microsoftアカウント」もしくは「職場または学校アカウント」の登録とサインインが必要となります。

<注意点>
OneDrive同期機能を利用する場合は、インターネットに接続している必要があります。
ネットワーク環境によっては、OneDriveとのデータ同期に時間がかかることがあります。
初めてOneDriveと同期する場合や、ページ数が多い場合など、データ量によっては、 OneDriveとのデータ同期に時間がかかることがあります。

OneDrive 同期モード

OneDrive同期モードの有効(オン)と無効(オフ)の確認・切り替えができます。
※デフォルトは、無効(オフ)になっています。2回目以降の起動時は、アプリ終了時に設定した状態で起動します。
(有効(オン)のまま終了した場合は、有効(オン)の状態で起動します。)

<同期有効(オン)/無効(オフ)の切り替え>

画面右上の雲アイコンをタップし、下に表示される雲アイコンをタップすると
同期の有効(オン)/無効(オフ)の切り替えが行えます。

無効(オフ)から有効(オン)にする時

無効(オフ)から有効(オン)にする時

有効(オン)から無効(オフ)にする時

有効(オン)から無効(オフ)にする時
アイコンは、同期有効時(オン)は白、無効時(オフ)は灰色になります。

アイコンは、同期有効時(オン)は白、無効時(オフ)は灰色になります。

OneDrive 同期の実施

<同期の手順①-1>

画面の右上にある雲アイコンをタップします。

<同期の手順①-1>

<同期の手順①-2>

下に表示されるてんそうアイコンをタップすると、同期が実施されます。
(てんそうアイコンは、OneDrive同期モードが有効時(オン)のみタップすることができます。)

<同期の手順①-2>
<同期の手順①-2>

<同期の手順②>

画面右上の3点をタップし、ノートの切り替えを行うことでも、同期が実施されます。

<同期の手順②>
<同期の手順②>

アプリ終了時も同期が実施されます。

※OneDrive同期モードが無効時(オフ)にノートの切り替えやアプリを終了すると、OneDrive同期は
実施されませんが、タブレットPC上にデータは保存されます。

ファイルの保存先

OneDrive同期モードが有効時(オン)に同期を実施したときは、OneDrive上とタブレットPC上に保存されます。OneDrive同期モードが無効時(オフ)は、タブレットPC上に保存されます。

<OneDrive上の保存先>
ノートファイル:*.dnt
自分のファイル>ドキュメント>デジタルノート@クリエイターズ

<OneDrive上の保存先>

個人のお客様

法人のお客様

Dynabook公式
ソーシャルメディア一覧


上に戻る