dynabook.com > サポート > よくあるご質問 気になるランキング > お問い合わせの多いランキング

よくあるご質問 気になるランキング

更新日:2022年09月14日

お問い合わせの多いランキング

「dynabook あんしんサポート」に電話お問い合わせが多い内容についてランキングします。

パソコンの動作が遅い

起動時に「BitLocker回復」画面が表示されドライブの回復キー入力を求められる

COCORO MEMBERS 会員/製品登録の方法を教えてほしい

Windows 8.1サポート終了の通知が表示される

Windows 10起動時に「お使いのデバイスにはWindows 11をお勧めします」や「Windows Update」にWindows 11の通知が表示される

インターネットを利用していたら、突然警告画面が表示され、セキュリティソフトがインストールされてしまった

「Internet Explorer 11」サポート終了について

パソコンの調子がおかしいとき、まずは再起動!

各お問い合わせの詳細は、以下を参照してください。

1.パソコンの動作が遅い

パソコンの動作が遅くなったとお問い合わせが多くよせられております。

毎月第2火曜日の翌日(第2水曜日または第3水曜日)にマイクロソフト株式会社よりセキュリティ更新プログラムが公開され、「Windows Update」にて自動的に適用されます。

今月は、2022年9月14日(水)に最新のセキュリティ更新プログラムが公開されました。

それに伴い、以下のような症状が発生する場合があります。

・パソコンの動作が一時的に遅くなる
・ロック画面やサインイン画面が表示されるまでに時間が掛かる
・サインイン後に画面が真っ暗でデスクトップが完全に表示されるまでに時間が掛かる場合がある

本症状が発生している場合は、アップデートが完了するまでそのまましばらくお待ちください。

更新プログラムのアップデート準備が行なわれている場合は、「更新とセキュリティ」の「Windows Update」画面でインストールの進捗を確認することができます。

更新プログラムのダウンロード/インストール後にパソコンを再起動し、更新の適用が完了したら、動作が正常に戻ったか確認してください。

「Windows Update」やOSのサポート期限については、以下を参照してください。

<最新のWindows 10にアップデートされていない場合>

Windows 10の最新バージョンは、「Windows 10 November 2021 Update(Windows 10 バージョン 21H2)」になります。 現在バージョン21H1をお使いの場合は、バックグラウンドで順次アップデートの準備が行なわれています。 また、現在バージョン2004/20H2をお使いの場合は、自動アップデート対象となり、バックグラウンドで順次アップデートが実施されています。 そのため、パソコンの動作が遅くなる場合があります。

現在使用しているWindows 10のバージョンを確認したい場合は、以下のページを参照してください。

現在「Windows Update」画面上に「Windows 10、バージョン 21H2 の機能更新プログラム」が表示されている場合は、アップデートの準備が整っています。

Windows 10、バージョン 21H2 の機能更新プログラム

あらかじめ以下を参照したうえでアップデートしてください。

<類似する問い合わせ>

◆デスクトップ画面が表示されてから操作できるようになるまでに時間がかかる

本症状が発生している場合は、スタートアップアプリの設定を確認してください。

スタートアップアプリとは、パソコン起動時に自動的に起動するアプリのことをいいます。 使用するアプリをスタートアップアプリとして設定しておくと便利ですが、不要なアプリがスタートアップアプリとして設定されているとWindowsの起動に時間がかかる原因となります。

2.起動時に「BitLocker回復」画面が表示されドライブの回復キー入力を求められる

2022年8月10日(水)にリリースされた「Windows Update」更新プログラム適用後から、起動時に「BitLocker回復」画面が表示されドライブの回復キー入力を求められるようになった、 ドライブの回復キーがわからないので起動できないといったお問い合わせが多くよせられております。

ドライブの回復キーが分からない場合は、以下の回復キーの確認方法をお試しください。

確認した回復キーを入力し[Enter]キーを押して起動できるようになるかご確認ください。

BitLocker回復画面イメージ
(BitLocker回復画面イメージ)

3.COCORO MEMBERS 会員/製品登録の方法を教えてほしい

COCORO MEMBERSへの会員登録や製品登録に関するお問い合わせを多くいただいております。COCORO MEMBERSへの登録の手順については、以下を参照してください。

そのほか本件について問い合わせが多い質問例を紹介します。

バッテリーパックの詳細
質問 回答
以前にCOCORO MEMBERSに会員登録をしましたが、
COCORO ID・パスワードを忘れてしまいました。
COCORO ID(メールアドレス)、パスワードをお忘れの場合は、 [COCORO MEMBERSご利用ガイド よくあるご質問(会員情報について) COCORO ID・パスワードを忘れてしまったのですが。]を参照してください。
シャープ家電購入時にCOCORO MEMBERS会員登録を行っているのですが、新たに会員登録をする必要はありますか? シャープ家電製品(スマートフォン、テレビ、BDレコーダー、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など)でCOCORO MEMBERS会員登録がお済みの場合は、そのCOCORO IDとパスワードを利用することができます。 お使いのパソコンの製品登録のみお願いいたします。 製品登録手順については、[(COCORO MEMBERS会員登録済みの方) COCORO MEMBERSにログインして製品登録を行う]を参照してください。
製品登録ページで型番を入力して検索したが、製品が見つかりませんでした。 ご愛用の製品が見つからない場合は、[家電製品のメモ登録]からご登録をお願いいたします。 登録手順については、[◆ご愛用の製品が見つからない場合]を参照してください。
検索して製品が見つからなかったので「家電製品のメモ登録」をしようとしたが、製品名を入力すると“製品名は半角文字以外を入力してください。”と表示され登録できません。 製品名は、「ダイナブック」と入力してください。
Dynabook製品のパソコンを複数台持っています。
登録は1台だけでいいですか?
お手数ですが、すべてのパソコンの製品登録をお願いいたします。 COCORO MEMBERS新規会員登録後に1台目のパソコンの製品登録を行い、製品登録完了後に続けてそのほかの製品登録をお願いいたします。
会員登録をするとどんなサービスが受けられるのでしょうか。 [お客様登録について 会員登録をするとどんなサービスが提供されるの?]ページを参照してください。
COCORO MEMBERSに会員登録しないと2021年10月以降は、
サポートが受けられなくなるのでしょうか。
◆2016年3月以前の製品をお持ちの方
サポートはいままでどおりご利用いただけますが、より充実したサービスの提供や電話サポートご利用時にスムーズな対応ができるようにCOCORO MEMBERSへの会員/製品登録をお願いします。

◆2016年4月以降の製品をお持ちの方
当該製品に関する 「電話サポート(使いかた相談)」や「電話サポート予約サービス」、「遠隔支援サービス」をご利用いただく場合には、COCORO MEMBERSへの会員/製品登録をしていただく必要があります。

4.Windows 8.1サポート終了の通知が表示される

パソコンを再起動したら突然「このバージョンのWindowsはサポート終了に近づいています。」という画面が表示された。これって何?どうしたらいいの?といったお問い合わせが多くよせられています。

Windows 8.1サービス終了通知

この画面は、マイクロソフト社から配信された通知です。[後で通知する(R)]をクリックすると、Windows 8.1を起動することができます。

マイクロソフト社は、Windows 8.1のサポートを2023年1月10日をもって終了すると公表しています。

■サポート終了したWindows 8.1をそのまま使い続けるとどうなるの?

サポート期間中は、マイクロソフト社からセキュリティ更新プログラムが提供されるため、パソコンは守られています。 サポート期間が過ぎると、それらのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、サポートが終了した後に発見されたプログラムの不具合やセキュリティ上の問題点が修正されなくなります。

その結果、マルウェアやウイルスに感染、フィッシング詐欺による個人情報の漏えいなど、セキュリティ上、大変危険な状態になります。

そのようなパソコンを使い続けることは、ご自身だけでなく、メールのやりとりなどをしている周囲の人のパソコンにも影響を与え、気が付かないうちに危険にさらしてしまう可能性があります。

■最新のWindowsにアップグレードできるの?

Windows 8.1からWindows 10へアップグレードすることはできますが、いくつかのWindows 10の機能には高度な処理ができるハードウェアが必要となります。 また、アップグレード後にパソコンの動作が不安定になったり、 最新のWindows 10に対応していないソフトウェアなどが使用できなくなる可能性があります。

Windows 8.1からWindows 11へのアップグレードは、Windows 11の最小システム要件を満たしていないため行うことができません。

当社では、Windows 10またはWindows 11を快適にご利用いただくために、最新のWindows 10またはWindows 11搭載パソコンに乗り換えることをおすすめしています。

5.Windows 10起動時に「お使いのデバイスにはWindows 11をお勧めします」や「Windows Update」にWindows 11の通知が表示される

Windows 10起動時(サインインした後)や「Windows Update」画面上に以下のようなWindows 11の通知が表示された、どうしたらいいの?
といったお問い合わせが多くよせられております。

この画面は、マイクロソフト社から配信されています。お使いのPCがWindows 11の最小システム要件に満たしている場合に表示され、Windows 11へのアップグレードをおすすめする画面になります。

■Windows 10起動時に「お使いのデバイスにはWindows 11をお勧めします」画面が表示された場合

「お使いのデバイスにはWindows 11をお勧めします」画面

この画面上でWindows 11へアップグレードするか、Windows 10の使用を継続するか選択する必要があります。
操作方法については、以下を参照してください。

<類似する問い合わせ>

◆「お使いのデバイスにはWindows 11をお勧めします」画面で[取得する]をクリックしてWindows 11へアップグレードしたけど、Windows 10に戻したい

Windows 11にアップグレードしてから10日以内であれば「回復」の「復元」ツールを実行し、Windows 10に戻すことができます。

■「Windows Update」にWindows 11の通知が表示される

Windows 11へのアップグレードは、2021年後半から2022年にかけて提供される予定です。提供される時期はPCによって異なります。
お使いのPCの環境やアップグレードの準備状況によって通知される内容は異なります。

◆「Windows 11へのアップグレードの準備ができました-しかも無料です!」通知の場合

Windows 11へのアップグレードの準備ができました-しかも無料です!

お使いのPCがWindows 11の最小システム要件を満たしていて、アップグレードの準備が整った場合にこのメッセージが表示されます。

Windows 11へアップグレードしたい場合は、あらかじめ以下を参照したうえでアップグレードしてください。

※Windows 11へアップグレードせず、このままWindows 10を利用したい場合は、[今はWindows 10の使用を継続]をクリックしてください。 この通知が表示されたままの状態だとWindows 10の最新の機能更新プログラムがインストールされません。

◆「このPCでWindows 11を実行できます」通知の場合

このPCでWindows 11を実行できます

お使いのPCがWindows 11の最小システム要件を満たしている場合にこのメッセージが表示されます。
※このメッセージの[×]をクリックすると、画面下部に移動されますが表示を消すことはできません。

Windows 11アップグレードの準備ができると◆「Windows 11へのアップグレードの準備ができました-しかも無料です!」通知に変わりますので、しばらくお待ちください。

◆「このPCは現在、Windows 11のすべてのシステム要件を満たしていません」通知の場合

このPCは現在、Windows 11のすべてのシステム要件を満たしていません

お使いのPCがWindows 11の最小システム要件に満たしていない場合にこのメッセージが表示されます。
※このメッセージの[×]をクリックすると、画面下部に移動されますが表示を消すことはできません。

弊社PCのWindows 11アップグレード対象予定機種をご確認ください。

お使いのPCがWindows 11アップグレード対象予定機種に含まれていない場合は、引き続きWindows 10でご使用ください。
(Windows 10のサポートは、2025年10月14日まで継続する予定です。)

6.インターネットを利用していたら、突然警告画面が表示され、セキュリティソフトがインストールされてしまった

インターネットを利用してホームページを閲覧していたら、突然「○秒以内に操作しないとPCが故障する」といった警告メッセージ画面が表示され、セキュリティソフトがインストールされた。画面の指示にしたがってインストールしたセキュリティソフトでスキャンをしたら大量に問題が発見され、今すぐ有償のセキュリティソフトを購入するように促された。どうしたらいいの?というお問い合わせが多くよせられております。

これらは、お客様の不安をあおり、クレジットカードなどの個人情報を搾取したり、不正にお金を請求する偽警告、偽セキュリティソフトの可能性があります。

偽警告画面に表示された問い合わせ先サポート窓口(050で始まる電話番号)に電話をかけないようご注意ください。

◆現在お問い合わせが一番多い警告メッセージ画面

  • マイクロソフトやマカフィーなど実在する企業を騙った偽メッセージ画面
  • Webページからのメッセージ Windows 10によってWindowsシステムが古くなり破損していることが検出されました。ファイルが削除されないように、指示に従ってすぐに修正してください。
  • Webページからのメッセージ あなたは、Windowsドライバを更新していません。あなたのファイルが完全に削除される前にそうしてください。我々はドライバを更新するまで、あなたがこのページをはなれないことを強くお勧めします。
  • システム警告 Windowsセキュリティシステムが破損しています

◆その他の警告メッセージの例

  • ご注意:Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは:XXX秒で削除されます
  • 必須:下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください。
  • PC Cleaner
  • システムジャンクの検索中
  • 徐々に蓄積されるシステム上のジャンクアイテムや不要なファイルを削除して、ディスク領域をクリーンアップします。
  • パソコンが手入れを必要としています
  • 修理を今すぐ開始する

偽警告画面のイメージ

(上記は偽警告画面のイメージです)

このような症状に遭遇したときは、まずは慌てず、以下の点に注意してください。

  • 画面に表示されている[OK]ボタンや[更新]ボタン、[×]ボタンなどをクリックしない。
  • 偽のセキュリティソフトのインストールを促される場合は、[ダウンロード]ボタンなどをクリックしない。
  • 偽ウイルスチェック画面が表示される場合は、[今すぐチェックする]ボタンや[修理を開始する]ボタンなどをクリックしない。
  • 画面に電話番号が表示される場合は、電話をかけない。
  • 画面の指示にしたがって個人情報を入力しない。

現時点では、上記の点に注意すれば、偽のセキュリティソフトがインストールされることはありません。

偽警告画面が表示された場合は、キーボードの[ALT]キーを押しながら[F4]キーを押して、
偽警告画面を閉じてください。

「Microsoft Edge」起動時に[前回開いたページ]、または「Internet Explorer」起動時に[前回のセッションタブから開始する]設定にしている場合は、再度それらの偽警告画面が表示されてしまう場合があります。以下リンクを参照し、設定を変更してください。

偽警告画面を閉じた後、パソコンを再起動してください。

パソコン再起動後に、インターネットブラウザー(「Microsoft Edge」や「Internet Explorer」など)を起動し、警告画面が表示されなくなるか確認してください。

◆警告画面が表示されなくなった場合

念のためウイルスチェックを行なうことをおすすめします。

ウイルスなどに感染していない場合は、そのままお使いください。

◆パソコン再起動後も警告画面が表示される、偽セキュリティソフトをインストールしてしまった、このまま使用するのが不安といった場合

「dynabook 有料サポートサービス」にご相談ください。

※本サービスは、個人のお客様向けの有料サービスです。遠隔支援サービスを利用してお客様のパソコンを確認させていただきます。対応は有料となりますが、相談は無料となりますのでお気軽にご相談ください。

dynabook 有料サポートサービスバナー

<参考情報>

以下WEBサイトにさらに詳しい偽警告の手口や対策について掲載されています。

<類似情報>

以下のWEBサイトに最近被害が増加している偽メール/偽サイトの情報が掲載されています。クレジットカード情報や個人情報を搾取するフィッシング詐欺サイトの被害にあわないように事前に手口や対応についてチェックしておくことをおすすめします。

7.「Internet Explorer 11」サポート終了について

「TVニュースでInternet Explorerのサポートが終了と報道されていたがどういうこと?」、「Internet Explorerのサポートが終了したらどうなるの?」といったお問い合わせが多くよせられています。

マイクロソフト社が2022年6月15日(日本時間では16日)をもって「Internet Explorer 11」のサポートを終了しました。 今後は、より高速で安全な閲覧エクスペリエンスを実現する「Microsoft Edge」の利用を推奨しています。

IEからEdgeへ

詳しくは、以下のページを参照ください。

今後数か月にわたって「Internet Explorer」を起動すると自動的に「Microsoft Edge」へ切り替わり、最終的には「Internet Explorer」は無効となりアイコンが削除される予定とのことです。

<類似する問い合わせ>

◆「Microsoft Edge」の使いかたがわからない

以下のページをご参考ください。

◆いままで使っていたお気に入りを「Microsoft Edge」に移したい

以下のページをご参考ください。

◆「Microsoft Edge」の使いかたを学びたい

「dynabook 有料サポートサービス」では、「Microsoft Edge」の設定(お気に入りなど)をお客様に代わって遠隔で設定したり、使いかたや便利な機能を遠隔でわかりやすく丁寧にレッスンいたします。

dynabook 有料サポートサービスバナー