使用上のご注意

(2017年3月現在)

本製品は将来的な機能追加や、より安定した動作を行うため、修正プログラムを提供することがあります。常に最新の状態にしてお使いください。お使いの製品の修正プログラムについては、「あなたのdynabook.com」でダウンロードすることができます(別途インターネットへの接続環境が必要です)

■動画編集に関するご注意

●本製品はビデオ編集専用機ではありません。Windows OSによる汎用的なPCです。●本製品は個人用・家庭用の機器です。本製品のビデオ編集機能は、趣味としてのビデオ編集を目的としたものです。●すべてのデジタルビデオカメラ(DVC)機器の動作を保証するものではありません。対応するデジタルビデオカメラ(DVC)機器については、各社のホームページなどでご確認ください。●映像の取り込み/書き出しを正常に行うには、事前に使用していないアプリケーションを終了させてください。また、ハードディスク上の空き領域が不連続な状態で、映像の取り込み/書き出しを行うと、ハードディスクへの書き込み/読み出しが間にあわない場合があります。ハードディスクの空き領域を整理するために、定期的にデフラグを実行することをおすすめいたします。●外部記憶装置(外付けハードディスク、各種ディスク他)にデータを保存する場合はフレーム落ちなどが生じる可能性があります。●映像の編集中にスリープ/休止状態を使用しないでください。●ハードディスクや各種ディスクなどに保存した内容の変化・消失について当社はその責任をいっさい負いませんので、あらかじめご了承ください。●本製品にはIEEE1394(iLINK)端子が搭載されていないため、IEEE1394(iLINK)端子を使用してデジタルビデオカメラの映像をPCに取り込むことはできません。

■著作権に関するご注意

●音楽、映像、コンピューター・プログラム、データベースなどは著作権法により、その著作権および著作権者の権利が保護されています。こうした著作物を複製することは、個人的にまたは家庭内で使用する目的でのみ行うことができます。前記の目的を超えて、著作者の了解なくこれを複製(データ形式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上での配信などを行うと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」として損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本製品を使用して複製などなされる場合には、著作権法を遵守の上、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願いいたします。●著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは視聴したり録画したりできません。

■USB接続の外部ディスプレイに関するご注意

●USB接続の外部ディスプレイを接続した場合、著作権保護機能に対応していないドライバーがインストールされることにより、一部の映像を再生するアプリケーションが動作しなくなることがあります。これらのアプリケーションを使用される場合は、USB接続の外部ディスプレイの接続やドライバーのインストールを行わないようにお願いします。

■外付けスピーカーに関するご注意

●本製品にUSBまたはBluetooth®接続の外付けスピーカーが接続されている場合、著作権保護のため一部の映像を再生するアプリケーションを使用できません。

■PCの再セットアップについて

●ハードディスクに保存されているリカバリー用プログラムは、市販のDVD/ブルーレイディスク(ブルーレイディスクドライブ搭載モデルのみ)/USBメモリに保存して、リカバリーDVD/ブルーレイディスク/USBを作成することができますが、万が一保存されているプログラムが破損したり、誤って消去した際には、東芝PC集中修理センタにて、有料で工場出荷時の状態に修復するサービスを行っておりますので、ご相談ください。

■ブルーレイディスクドライブに関するご注意

●BD-RE Ver1.0に対応したディスク(カートリッジ付きのディスク)への記録、再生はできません。また本製品で作成したブルーレイディスクをBD-RE Ver1.0専用のプレーヤー/レコーダーで再生することはできません。●ブルーレイディスクの再生には、「TOSHIBA Blu-ray Disc™ Player」を使用してください。●本製品のブルーレイ再生機能は次世代著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。●ブルーレイディスクを継続的にお楽しみいただくためには、本機に含まれているAACSキーの更新が必要となります。更新の際にはインターネット接続が必要です。AACSについての詳細は、こちら(別ウィンドウで開くhttp://www.aacsla.com/home)をご覧ください。●ブルーレイディスクタイトルを再生する場合、AACSキーを更新するまでは、タイトルが再生できない場合があります。AACSキーを更新するために、「TOSHIBA Blu-ray Disc™ Player」のアップデートなどが必要になる場合があります。●ブルーレイディスク再生機能はコンテンツ内蔵のプログラムに従って作動しますので、コンテンツによって、操作方法、操作時の画面、効果音、アイコンなどの機能・動作は、それぞれ異なる場合があります。また、タイトルによりインタラクティブ(双方向性)な機能などがありますが、ネットワークの状況や機能によって動作しない場合があります。●バッテリーパックを搭載しているモデルの場合、ブルーレイディスク再生時は、必ずACアダプターを接続してください。省電力機能が働くと、スムーズな再生ができない場合があります。●ブルーレイディスクを再生する前に、他のアプリケーションを終了させてください。また、再生中に他のアプリケーションを起動したり、他の操作は行わないでください。●ブルーレイディスクを外部ディスプレイでご覧になるには、HDCP対応のHDMI®入力端子またはHDCP対応のDVI入力端子のあるディスプレイが必要です。●ブルーレイディスクの再生を開始するまでに、時間がかかる場合があります。●ブルーレイディスクのコンテンツによっては、画面の動きがスムーズでないなど、パフォーマンスが落ちる場合があります。●ブルーレイディスク再生時は、CPUが当該再生に割かれるため、ブルーレイディスクの再生開始前に必ずその他のアプリケーションをすべて終了させてください。●48kHz/16ビットを超えるオーディオ品質でサンプリングされたオーディオコンテンツを含むブルーレイタイトルは、48kHz/16ビットのオーディオ品質で出力されます。●将来的に発売されるすべてのブルーレイディスクタイトルの再生を保証するものではありません。●DVDレコーダー/ブルーレイレコーダーや他のパソコンで作成したDVD/ブルーレイディスクは正常に再生できない場合があります。●バッテリー駆動中に書き込みを行うと、バッテリーの消耗などによって、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプターを接続してください。●ブルーレイディスク・CD・DVDメディアに書き込みを行うとき、電源切断、ドライブへのショック、記憶メディアの状態などによっては処理が正常に行えずエラーとなる場合があります。●ブルーレイディスク・DVDの記録は半永久的な保証をするものではありません。●製品に搭載されている書き込み用ソフトウェア以外は動作保証しません。

■BD-R、BD-REメディアに関するご注意

●必ず推奨メディアをご利用ください。●ブルーレイディスクにダビングした映像は、AACS対応BD-R/BD-RE(BDAVモード)に対応した家庭用ブルーレイディスクプレーヤー/レコーダーでの再生が可能です。お使いの機器の仕様をご確認ください。●BD-R(XL)、BD-RE(XL)メディアにダビングした映像は、BDXL™に対応した家庭用ブルーレイディスクプレーヤー/レコーダーでのみ、再生が可能です。お使いの機器の仕様をご確認ください。●BD-RE(XL)の書き込みを行うためには、ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。

■DVDスーパーマルチドライブに関するご注意

●MPEG映像にはさまざまなフォーマットがあり、場合によっては、再生やダビング可能なDVDメディアへの保存ができないことがあります。●作成したDVDメディアのすべての動作を保証するものではありません。一部の機器では再生/編集できない場合があります。各メディアに対応した機器をご使用ください。●2.6GB、5.2GBのDVD-RAMメディアは使用できません。●カートリッジから取り出せないメディアは使用できません。●DVD-RW、DVD+RWはデータの書き換えが可能です。使用済みのDVD-RW、DVD+RWに書き込みを行うときにはDVD-RW、DVD+RWのデータ消去を行ってください。消去を行うと、DVD-RW、DVD+RWに保存されていた情報はすべて消去されますので、内容を充分に確認してから消去を行うように注意してください。●DVDメディアへの書き込みでは、ファイルの管理領域なども必要になるため、メディアに記載された容量分のデータを書き込めない場合があります。●市販のDVD-Rには業務用メディア(for Authoring)と一般用メディア(for General)があります。業務用メディアはPCのドライブでは書き込みすることができません。一般用メディア(for General)をご使用ください。●市販のDVDメディアには「for Data」「for Video」の2種類があります。映像を保存する場合や家庭用DVDレコーダーとの互換性を重視する場合は、「for Video」をご使用ください。●バッテリー駆動中に書き込みを行うと、バッテリーの消耗などによって、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプターを接続してください。●CD・DVDメディアに書き込みを行うとき、電源切断、ドライブへのショック、記憶メディアの状態などによっては処理が正常に行えずエラーとなる場合があります。●DVDの記録は半永久的な保証をするものではありません。●製品に搭載されている書き込み用ソフトウェア以外は動作保証しません。●作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアは、一部の家庭用DVDビデオレコーダーやPCでは再生できないことがあります。また、作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアを再生するときは、各メディアの読み取りに対応している機器をご使用ください。

※その他、商標・使用上のご注意については、「商標・注意について」でご確認ください。

メディア別推奨メーカー ※搭載されているドライブによって対応するメディア、推奨メーカーは異なります。

●CD-R :三菱化学メディア(株)   ●DVD-RAM :パナソニック(株)
●CD-RW :三菱化学メディア(株)   ●BD-R :パナソニック(株)
●DVD-R :三菱化学メディア(株)   ●BD-R XL(3層) :三菱化学メディア(株)
●DVD-R DL :三菱化学メディア(株)   ●BD-RE :パナソニック(株)
●DVD-RW :三菱化学メディア(株)   ●BD-RE XL(3層) :パナソニック(株)
●DVD+R DL :三菱化学メディア(株)      

■TVコネクトスイート対応機器と動作状況

  宅内対応
(家の中で見る)
宅外対応
(家の外で見る、リモート視聴)
録画番組 ライブ放送 ダビング番組 録画番組 ライブ放送 ダビング番組
レグザサーバー
DBR-T670
DBR-M590
DBR-T560, DBR-T550
DBR-M490
D-M470, D-M430 *1
DBR-T460, DBR-T450
DBR-M190, DBR-M180
レグザブルーレイ
DBR-T660, DBR-T650
DBR-Z620, DBR-Z610
DBR-Z520, DBR-Z510
DBR-Z420, DBR-Z410
DBR-T360, DBR-T350, DBR-Z320, DBR-Z310
DBR-Z260, DBR-Z250
DBR-Z160, DBR-Z150
RD-X10, RD-BZ810, RD-BZ710, RD-BR610
RD-BZ800, RD-BZ700, RD-BR600
ハイビジョンレコーダー
RD-Z300
ヴァルディア
RD-X9, RD-S1004K, RD-S304K
RD-X8, RD-S503, D-S303
RD-X7, RD-S502, RD-S302
RD-A301, RD-A600, RD-A300
レグザテレビ
Z9X, Z10X
Z8X, Z8, J8
XS5, Z7, J7
X3, ZP3, Z3
ZT3, X2, XE2, ZG2, Z2, ZP2, RB2, RE2, RS2
X1, ZG1, Z1, Z1S, F1, RE1, RE1S, R1, HE1, H1, H1S
ZX9500, ZX9000, Z9500, Z9000
ZX8000, ZH8000, Z8000
ZH7000, Z7000, ZH500, ZV500
パソコン
Station TV X for TOSHIBA搭載機種
dynabook TV center 搭載機種

*1 レグザサーバーの公開済み最新ソフトウェアへの更新が必要です。

<他社製品>

Panasonic 宅内対応
(家の中で見る)
宅外対応
(家の外で見る、リモート視聴)
録画番組 ライブ放送 ダビング番組 録画番組 ライブ放送 ダビング番組
DMR-BRS500, DMR-BRW1000, DMR-BRW500, DMR-BRZ1000, DMR-BRZ2000
DMR-BXT870, DMR-BXT970
DMR-BZT9600
DMR-BZT860, DMR-BZT760, DMR-BWT660, DMR-BWT560
DMR-BRT260 *2
DMR-BXT3000 *1
DMR-BZT750, DMR-BWT650, DMR-BWT550
DMR-BRT250 *2
DMR-BZT9300 *2
DMR-BZT830, DMR-BZT730, DMR-BWT630, DMR-BWT530 *2
DMR-BRT230 *2
DMR-HRT300 *1 *2
DMR-BZT920, DMR-BZT820, DMR-BZT720, DMR-BWT620, DMR-BWT520 *2
DMR-BRT220 *2
DMR-BZT9000 *2
DMR-BZT910, DMR-BZT810, DMR-BZT710, DMR-BWT510 *2
DMR-BZT900, DMR-BZT800, DMR-BZT700, DMR-BZT600, DMR-BWT500 *2
DMR-BWT3100, DMR-BWT2100, DMR-BWT1100
DMR-BWT3000, DMR-BWT2000, DMR-BWT1000, DMR-BW880, DMR-BW780, DMR-BW680
DMR-BW970, DMR-BW870, DMR-BW770
DMR-BW950, DMR-BW850, DMR-BW750
DMR-BW930, DMR-BW830, DMR-BW730
  • *1 メインのチューナー非使用時のみ(電源OFFなど)
  • *2 持ち出し変換された録画データのみ
SONY 宅内対応
(家の中で見る)
宅外対応
(家の外で見る、リモート視聴)
録画番組 ライブ放送 ダビング番組 録画番組 ライブ放送 ダビング番組
nasne
BDZ-ET1200, BDZ-ET2200, BDZ-EW1200, BDZ-EW520
BDZ-E510
BDZ-EX3000, BDZ-ET2000, BDZ-ET1100, BDZ-ET1000
BDZ-EW2000, BDZ-EW1100, BDZ-EW1000, BDZ-EW500
BDZ-E500-B/W
BDZ-AX2000, BDZ-AX1000, BDZ-AT900, BDZ-AT700, BDZ-AT500
BDZ-EX200, BDZ-RX100, BDZ-RX50
BDZ-X100, BDZ-X95, BDZ-L95, BDZ-T75, BDZ-X90, BDZ-A70, BDZ-L70, BDZ-V9
Sharp 宅内対応
(家の中で見る)
宅外対応
(家の外で見る、リモート視聴)
録画番組 ライブ放送 ダビング番組 録画番組 ライブ放送 ダビング番組
TU-UD1000
BD-T1650, BD-S560, BD-T2600, BD-T3600, BD-W1600, BD-W2600, BD-W560
BD-T2500, BD-T2300
BD-W1500, BD-W1200, BD-W550, BD-W550SW, BD-W520
BD-T1500, BD-T1300
BD-T2100, BD-T1100, BD-T510
BD-S550, BD-SP1000
BD-W1100, BD-W510
BD-HW51
BD-W2000, BD-W1000
BD-HDW80, BD-HDW75, BD-HDW73
BD-HDW700, BD-HDW70
BD-HDW65, BD-HDW63, BD-HDS65

※dynabookの対応機種は別ウィンドウで開くソフトウェア対応表でご確認ください。

■SeeQVault対応機器

4Kレグザ G20X 3機種、J20X 3機種、Z20X
レグザサーバー/レグザブルーレイ DBR-M590、DBR-T670
DBR-T660/T650/T560/T550
DBR-Z620/Z610/Z520/Z510
microSDHCメモリーカード MSV-RW32GA/MSV-RW16GA
MU-SV032G/MU-SV016G
外付けハードディスク (CANVIO DESK) HD-QB30TK/HD-QB20TK/HD-QB10TK
パソコン (dynabook) CyberLink™ SeeQVault™ Player搭載機種
ポータブルテレビ 10WP1

<他社製品>

パナソニック 4K テレビ (13 機種)
ブルーレイ・レコーダ (8機種)
シャープ ブルーレイ・レコーダ (8機種)
ソニー microSDHCカード (2機種)
SeeQVaultカードリーダ
ポータブルワイヤレスサーバ
nasne w/ SeeQVault、SeeQVault Player
富士通 ドコモ向けスマートフォン F-02H
ピクセラ Android向け SQV プレーヤ
USB接続TVチューナー PIX-DT195X (Mac向け)
サイバーリンク/sMedio Windows向け SQV プレーヤ
デジオン SQV Media Converter (Windows向け)
DiXiM SeeQVault Server/Play (Windows向け)
IO データ 外付けUSBハードディスク<据え置き> (4機種)
外付けUSBハードディスク<ポータブル> (2機種)
バッファロー 外付けUSBハードディスク (3機種)
SeeQVault対応TJetアダプタ(BSCRTQ01/V)
ロジテック 外付けUSBハードディスク<据え置き> (4機種)
外付けUSBハードディスク<ポータブル> (4機種)

※dynabookの対応機種は別ウィンドウで開くソフトウェア対応表でご確認ください。

■光学ドライブ仕様

ドライブ ブルーレイディスクドライブ
(BDXL™ 対応、DVDスーパーマルチドライブ機能対応)(※1)
DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書き込み対応)(※1)
モデル名 T85、T75、T55、
RX73/CWR、RX73/CBR、RX73/CWP、RX73/CBP
T45、RX73/CWQ、RX73/CBQ
読み出し(※2) CD-ROM 最大24倍速 最大24倍速
DVD-ROM 最大8倍速 最大8倍速
BD-ROM 最大6倍速
書き込み/書き換え CD-R(※3) 最大24倍速 最大24倍速
CD-RW(マルチスピード) 最大4倍速 最大4倍速
High Speed対応CD-RW 最大10倍速 最大10倍速
Ultra Speed対応CD-RW(※4) 最大10倍速 最大16倍速
DVD-R 最大8倍速 最大8倍速
DVD-R DL(※5) 最大4倍速 最大6倍速
DVD+R 最大8倍速 最大8倍速
DVD+R DL 最大4倍速 最大6倍速
DVD-RW 最大6倍速 最大6倍速
DVD+RW 最大8倍速 最大8倍速
DVD-RAM(※6) 最大5倍速 最大5倍速
BD-R 最大6倍速
BD-R DL 最大6倍速
BD-R XL(3層)(※7) 最大2倍速
BD-RE 最大2倍速
BD-RE DL 最大2倍速
BD-RE XL(3層)(※7) 最大2倍速
読み出し対応フォーマット(※2) BD-R、BD-RE、BD-R DL、BD-RE DL、BD-R XL(3層)、BD-RE XL(3層)、BD-ROM、BD-Video(※8)、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM(※6)、DVD-R DL(※5)、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-ROM、DVD-Video(※9)、CD-R、CD-RW、CD-ROM、音楽CD、マルチセッション(PhotoCD、CD エクストラ) DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM(※6)、DVD-R DL(※5)、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-ROM、DVD-Video(※9)、CD-R、CD-RW、CD-ROM、音楽CD、マルチセッション(PhotoCD、CD エクストラ)
  • ※1 12cm/8cmディスク対応、Serial ATA接続、バッファーアンダーランエラー防止機能付き。
  • ※2 対応フォーマットによっては再生ソフトが必要な場合があります。
  • ※3 最大の倍速で書き込むためには書き込み速度に対応したCD-Rディスクを使用してください。
  • ※4 Ultra Speed+ CD-RWディスクは使用できません。使用した場合、データは保証できません。
  • ※5 DVD-R DL(DVD-R Dual Layer)は、Format4での書き込みをサポートしておりません。
  • ※6 2.6GB、5.2GBのDVD-RAMディスクは使用できません。また、カートリッジの取りはずしができないディスクは使用できません。
  • ※7 本製品で作成したBD-R XL(3層)ディスク、BD-RE XL(3層)ディスクを再生する場合は、それぞれの記録ディスクの読み取りに対応している機器を使用してください。
  • ※8 BD-Videoの再生はRegionコード「A」のソフトをご使用ください。
  • ※9 DVD-Videoの再生はRegionコード「2」、「ALL」のソフトをご使用ください。
  • ■ バッテリー駆動中に書き込みを行うと、バッテリーの消耗などによっては、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプターを接続してください。また、本ドライブは、各種ディスクの種類や特性にあった速度を選択して読み出し/書き込みを行います。ディスクによっては最大速度での読み出し/書き込みができない場合もあります。
  • ■ 映像によっては、コマ落ちするケースがあります。なお、バッテリーパックを搭載しているモデルでも、映像再生時は、ACアダプターを接続した状態でご使用になることをおすすめします。

■ブリッジメディアスロット仕様(最大容量)

対応メモリカード*1 モデル名
T85、T75、T55、T45、RX73、RX33
SDメモリカード*2*3 2GB
  miniSD/microSDメモリカード*4
SDHCメモリカード*2*3 32GB
  miniSDHC/microSDHCメモリカード*5
SDXCメモリカード*2*3 128GB
  microSDXCメモリカード*6
マルチメディアカード*7 2GB
  • *1 すべてのメディアの動作を保証するものではありません。高速データ転送には対応しておりません。
  • *2 著作権保護技術CPRMを使用するには、著作権保護技術CPRMに対応しているアプリケーションをご使用ください。
  • *3 SDIOカードには対応しておりません。
  • *4 miniSDメモリカード、microSDメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
  • *5 miniSDHCメモリカード、microSDHCメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
  • *6 microSDXCメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
  • *7 SecureMMCには対応していません。

■ワイヤレスマウス

  ワイヤレスマウス (光学式)
T85、T75、T55、T45
電波到達範囲 約5m
電池寿命(アルカリ乾電池使用時) 約10ヵ月
  • * 週に5日/1日6時間使用した場合。
  • ■ 金属製の机の上などで使用した場合、特性により動作に影響が出る場合があります。
  • ■ 電池寿命は使用する電池や使用環境により異なります。
  • ■ 付属の電池は動作確認用です。
  • ■ 付属のレシーバーを使用して他のワイヤレスマウスを接続することはできません。

■無線LAN仕様

  T85、T75、T55、T45、RX73、RX33、V82、V72、V62、V42
規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
チャンネル/バンド 2.4GHz帯(1~13ch)/5GHz帯(W52/W53/W56)(※1)
通信速度(※2) 2.4GHz 送信 300Mbps
受信 300Mbps
5GHz(※5) 送信 867Mbps
受信 867Mbps
セキュリティ WPA™-PSK(TKIP/AES)、WPA2™-PSK(AES)、WEP(64/128bit)(※3)
機能 Bluetooth® Ver4.1(※4)
  • ※1. W52/W53は、電波法令により屋外で使用することはできません。
  • ※2. 表示の数値は、本製品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
  • ※3. IEEE802.11ac準拠のモードならびに、IEEE802.11n準拠のモードで通信を行うためには、セキュリティをWPA™(AES)/WPA2™(AES)に設定する必要があります。
  • ※4. Bluetooth® Version 1.1、1.2、2.0、2.0+EDR、2.1、2.1+EDR、3.0、4.0、4.1対応機器との通信が可能です。
  • ※5. 11acの通信を行うには、無線ルーターも11acに対応している必要があります。

[無線LAN/Bluetooth®に関するご注意]

本製品の使用周波数帯は2.4GHz帯または5GHz帯です。2.4GHz帯の周波数では電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、他の同種無線局、工場の製造ラインなどで使用されている免許を要する移動体識別用の構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略す)が運用されています。

  • 1. 本製品を使用する前に、近くで「他の無線局」が運用されていないことを確認してください。
  • 2. 万が一、本製品と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合には、速やかに本製品の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または製品の運用を停止(電波の発信を停止)してください。
  • 3. その他、電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、「東芝PCあんしんサポート 使いかた相談」へお問い合わせください。
無線LAN 2.4DS/OF4Bluetooth(R) 2.4FH 8

  • ※無線の電波の通信距離は、壁の材質・見通し、また環境などの条件により異なります。隣接する部屋でも通信できないことがあります。通信距離についての保証はできませんのでご了承ください。
  • ※W52/W53は、電波法令により屋外では使用できません。
  • ※無線LANではセキュリティの設定を行うことが非常に重要です。
    詳細については別ウィンドウで開くhttp://home.jeita.or.jp/page_file/20110510155841_KMAZEPqBFb.pdfをご覧ください。

■無線LAN/Bluetooth®対応地域

海外で無線通信機器を使用する場合は、使用される国/地域の無線規格を取得している必要があります。無線規格を取得している国/地域に関する情報は別ウィンドウで開く無線LAN/Bluetooth®対応地域をご覧ください。また無線規格を取得していない国/地域ではPC本体の無線通信機能をOFFにしてください。詳しくは各種説明書をご覧ください。

■Bluetooth® 対応プロファイル

GAP SPP SDAP AVRCP DUN OPP GAVDP PAN HCRP HID A2DP HFP GATT HOGP ScPP

※プロファイル適合デバイスすべての接続を保証するものではありません。

― 機種によって搭載機能が異なりますので、各機種の詳細説明でご確認ください。 ―

個人のお客様


スタンダードノートPC(パソコン) Tシリーズ
モバイルノートPC(パソコン)
UX53シリーズ
RX73シリーズ
RX33シリーズ
2in1モバイルノートPC(パソコン) Vシリーズ

法人のお客様


サポート情報


上に戻る