メインコンテンツに移動

「店頭向けノートPC 2022年秋冬モデル」の発売について

  1. dynabook.com
  2. プレスリリース一覧
  3. 「店頭向けノートPC 2022年秋冬モデル」の発売について

2022年8月17日

Dynabook株式会社

キャンパスでも、カフェでも、家でも、心地よく使える「速さ・軽さ・強さ」を実現

モバイルノートPC「dynabook M7・M6」「dynabook S6」を新発売

-10.1型2in1デタッチャブルPCを含む計5機種5モデルを新発売-

 当社は、キャンパスでも、カフェでも、家でも、様々な場所でdynabookを心地よく使っていただくため、「速さ・軽さ・強さ」を追求したdynabook新商品を開発しました。フットプリントを従来商品注1の約86%まで縮小注2し、さらにコンパクトで軽量化を実現した13.3型スタンダードモバイルノートPC「dynabook S6」と、画面の見やすさや拡張性の高さをコンパクトボディに凝縮しながらも従来商品注3よりコンパクトで持ち運びやすくなった14.0型ホームモバイルノートPC「dynabook M7・M6」を新たに商品化します。

 新商品は、いずれも最新の第12世代 インテル® CPUを搭載し、CPUのハイパワー注4を高次元で安定的に持続させる「dynabook エンパワーテクノロジー」を適用させることで、負荷のかかる作業も快適にこなせます。さらに、人々の衛生対策への意識が高まり、定着してきている時代のニーズにこたえ、キーボードだけではなくPC本体(電源ボタン、ゴム突起部、カメラシャッター、dynabookロゴ、定格銘板を除く。)に抗菌加工注5を施した抗菌ボディ注5を採用しており、清潔・快適なPC利用状態を保つことができます。

 そのほか、教育現場で好評の10.1型2in1デタッチャブルPC「dynabook K0」や、よりお求めやすくなった13.3型スタンダードモバイルノートPC「dynabook GS5」もあわせて新商品計5機種5モデルを2022年8月19日から順次発売を開始します。

 dynabookなら、それぞれのライフスタイルに合った1台が選択できます。今後も一人ひとりに最適な一台が見つかる幅広いラインアップを提供してまいります。


主な特長

1.13.3型 スタンダードモバイルノートPC「dynabook S6」:オープン価格

1)先進機能が搭載された「Windows 11」がすぐに使える

2)「dynabook エンパワーテクノロジー」適用でレポートや課題製作もスムーズに

 CPU には、省電力でモバイル性能を重視したプロセッサー・ベース電力15Wの第12世代 インテル® プロセッサー「U シリーズ」を搭載。10コア12スレッドで動作し、ハイパワー注4時に動くコア数と省電力時に動くコア数を効率よく振り分けることで、高いパフォーマンスを実現します。さらに「dynabook エンパワーテクノロジー」の適用で、CPUのパワフルな高性能を最大限に引き出すことができるため、レポートやクリエイティブな動画製作まで快適に行なえます。

3)気軽に持ち出せる、薄さ約15.95mm、約1.21kg注6のスリム&コンパクトボディ

 さらに薄くコンパクトになったボディは、従来機注1と比べて奥行-25.3mm、薄さ-3.95mm、幅-10.1mmでフットプリントを約86%注2まで小型化。バッグに収まりやすく、キャンパスやオフィスへ気軽に持ち出せるので、活用の場が広がります。

4)清潔・快適に保つ抗菌ボディ注5

 PCの活用シーンが増え、また衛生対策が求められる昨今、PCを清潔・快適に使いたいというニーズにおこたえし、キーボードやクリックパッドだけでなく、天板や底面まで、細菌などの増殖を抑える抗菌加工注5を施しました。PC 本体(部位)ごとの素材や加工方法に合う効果的な抗菌加工注5を実施しているので、抗菌効果が劣化しにくく清潔な状態が持続します。持ち歩くときや操作時に手が触れるところを清潔に保つので、ひとりでも、仲間とシェアして使うときも快適。気軽に持ち出して、友人などに気兼ねなく使ってもらうことができます。

 

5)約13時間の長時間バッテリー駆動注7とお急ぎ30分チャージ注8

 約13時間の長時間バッテリー駆動注7が可能。また、30分の充電でバッテリー駆動時間の約40%を充電できる「お急ぎ30分チャージ」注8にも対応しているので、ちょっとした空き時間を利用してしっかり充電でき、キャンパスでレポートや就活の準備をしたり、ゼミの資料づくりなども安心してすすめられます。

6)映り込みが少ないノングレア液晶

 広視野角で斜めからでも見やすいフルHD液晶を搭載し、太陽光や蛍光灯の下でも映り込みが少ないノングレア(非光沢)を採用。画面が見やすくキレイなので、調べものをするのも快適です。また、ソフトウェア上でお好みに合わせ色調整ができる「dynabook 色合い調整ユーティリティ」も搭載しています。

 

7)安心のセキュリティ対策と充実のインターフェースや機能

 Windows Hello対応の顔認証注9センサーを搭載。パスワードを入力するわずらわしさがなく、パスワードを盗み見られたり、忘れてしまうといった心配も軽減します。また約92万画素のWebカメラにはプライバシーを保護するWebカメラシャッターを採用し、安心のセキュリティ対策を施しています。

8)180度開く液晶ディスプレイ。画面表示も簡単に回転可能

 液晶ディスプレイを180度開くことができます。さらに「dynabook 画面回転ユーティリティ」によって、簡単なキー操作で画面表示をクルっと回転させることができるので、対面でのミーティングや商談時に、画面に表示される情報を手軽にシェアすることができます。

9)オンラインでのコミュニケーションを快適に

 高速なデータ転送が可能な先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」に対応注10。自宅で複数台の機器が同時にアクセスしている状態でも通信が途切れにくく、オンライン会議も快適です。また、オンライン会議中に、周囲からのノイズを抑え自分の声も相手の声も聞き取りやすくする「AIノイズキャンセラー注11」、マイクのオン/オフをキー操作(「Fn」キー+「A」キーを同時に押す)だけで素早く切り替えられる「ワンタッチマイクミュート注12」の機能により、授業やオンライン会議などのコミュニケーションを快適に行なえるよう強力にサポートします。

10)PCの活用方法を広げるスマートフォンとの連携

 対応のスマートフォン注13に「dynabook スマホコネクション」をインストールすることで、PCの活用方法をさらに広げることができます。スマートフォンでPCのプレゼンテーションやメディアプレイヤーの操作ができるのをはじめ、PCでコピーしたテキスト(文字列)をスマートフォンにペーストしたり(クリップボードの共有)、スマートフォンがサポートしているフリック入力などの文字入力を使用することができます。写真などのファイルも共有可能でお手持ちのスマートフォンと連携して便利に使うことができます。

11)高音質化アプリ「DTS Audio Processing」

 S6のステレオスピーカーに最適化された高音質化アプリ「DTS Audio Processing」を搭載。深みのある低音やクリアで立体感のあるオーディオを体感できます。ワークアウトやダンス系のオンラインレッスンなら、臨場感あふれるサウンドにつつまれ、より集中して楽しめます。オンライン授業なら、参加者の音声がクリアに聞き取れます。また、「DTS Audio Processing」は、音楽、映画、ゲームなどコンテンツに応じた音響効果や臨場感を楽しむこともできます注14

12)最新アプリケーションOffice Home & Business 2021注15を搭載

商品の詳細は、下記商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/s-series/2022-fall-winter-model/index.html

2. 14.0型ホームモバイルノートPC「dynabook M7・M6」:オープン価格

1)先進機能が搭載された「Windows 11」がすぐに使える

2)第12世代 インテル® Core™ プロセッサー「Pシリーズ」(M7)に、
「dynabook エンパワーテクノロジー」を適用することで負荷のかかる作業もスムーズに実現

 「dynabook M7」は、ハイパフォーマンスとモバイル性能を調和させたプロセッサー・ベース電力28Wの第12世代 インテル® Core™ i7-1260Pプロセッサーを搭載。12コア16スレッドで動作し、ハイパワー注4時にフルで動くコアと省電力時に動くコアを効率よく振り分けることで、ハイパワー注4と省電力の両立を実現します。dynabookが長年にわたり蓄積してきたノートPCの冷却・放熱技術や筐体設計技術などを駆使した「dynabook エンパワーテクノロジー」の適用で、CPUのハイパワー注4をプロセッサー・ベース電力28Wで持続させることができるため、写真や動画の編集から複数アプリの併用作業までさまざまな作業を快適に行えます。「dynabook M6」は、省電力でモバイル性能を重視したプロセッサー・ベース電力15Wの第12世代 インテル® Core™ i3-1215U プロセッサーを搭載。6コア8スレッドで効率よく動作します。

3)家の中など、好きな場所へ移動して使えるコンパクトボディ&作業しやすいディスプレイ

 14型液晶を搭載しながら、約1.406kg(M7)~約1.356kg(M6)注6の軽さを実現。コンパクトボディなので、狭いテーブルにも置きやすく家の中などの好きな場所に移動して使えます。また14型の大きな液晶を搭載しているので、文章や図表などの資料も見やすさがアップ。複数のアプリを並べてもスムーズに利用できます。さらに、映りこみの少ないノングレア液晶により、家の中で照明の位置を気にせずに使えます。ソフトウェア上でお好みに合わせ色調整ができる「dynabook 色合い調整ユーティリティ」も搭載しています。

 

4)清潔・快適に保つ抗菌ボディ注5

 キーボードやクリックパッドだけでなく、天板や底面まで、細菌などの増殖を抑える抗菌加工注5を施した抗菌ボディ注5。PC 本体(部位)ごとの素材や加工方法に合う効果的な抗菌加工注5を実施しているので、抗菌効果が劣化しにくく清潔な状態が持続します。持ち歩くときや操作時に手が触れるところを清潔に保つので、ひとりでも、仲間とシェアして使うときも快適。気軽に持ち出して、友人などに気兼ねなく使ってもらうことができます。

5)長時間バッテリー駆動注7とお急ぎ30分チャージ注8

 約12 時間(M6)、約13.5時間(M7)の長時間バッテリー駆動注7が可能。また、30 分の充電でバッテリー駆動時間の約40% を充電できる「お急ぎ30分チャージ」注8にも対応しているので、ちょっとした空き時間を利用してしっかり充電でき、テレワークの合間にカフェなどに持ち出したり、家の中で好きな場所へ移動して活用できます。

6)安心のセキュリティ対策と充実のインターフェースや機能

 Windows Hello対応の顔認証注9センサーを搭載。パスワードを入力するわずらわしさがなく、パスワードを盗み見られたり、忘れてしまうといった心配も軽減します。また約92万画素のWebカメラにはプライバシーを保護するWebカメラシャッターを採用し、安心のセキュリティ対策を施しています。

7)オンライン会議がスムーズ

 高速なデータ転送が可能な先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」に対応注10。自宅で複数台の機器が同時にアクセスしている状態でも通信が途切れにくく、オンライン会議も快適です。また、オンライン会議中に、周囲からのノイズを抑え自分の声も相手の声も聞き取りやすくする「AIノイズキャンセラー注11」、マイクのオン/オフをキー操作(「Fn」キー+「A」キーを同時に押す)だけで素早く切り替えられる「ワンタッチマイクミュート注12」の機能や、見やすい14型液晶の搭載により、オンライン会議や授業などのコミュニケーションもスムーズに行なえます。

8)180度開く液晶ディスプレイでソーシャルディスタンスを確保

 液晶ディスプレイを180度開くことができます。さらに「dynabook 画面回転ユーティリティ」によって、簡単なキー操作で画面表示をクルっと回転させることができるので、対面でのミーティングや商談時に、画面に表示される情報を手軽にシェアすることができます。

9)PCの活用方法を広げるスマートフォンとの連携

 対応のスマートフォン注13に「dynabook スマホコネクション」をインストールすることで、PCの活用方法をさらに広げることができます。スマートフォンでPCのプレゼンテーションやメディアプレイヤーの操作ができるのをはじめ、PCでコピーしたテキスト(文字列)をスマートフォンにペーストしたり(クリップボードの共有)、スマートフォンがサポートしているフリック入力などの文字入力を使用することができます。写真などのファイルも共有可能でお手持ちのスマートフォンと連携して便利に使うことができます。

10)高音質化アプリ「DTS Audio Processing」

 Mシリーズのステレオスピーカーに最適化された高音質化アプリ「DTS Audio Processing」を搭載。深みのある低音やクリアで立体感のあるオーディオを体感できます。ワークアウトやダンス系のオンラインレッスンなら、臨場感あふれるサウンドにつつまれ、より集中して楽しめます。オンライン授業なら、参加者の音声がクリアに聞き取れます。また、「DTS Audio Processing」は、音楽、映画、ゲームなどコンテンツに応じた音響効果や臨場感を楽しむこともできます注14

11)最新アプリケーションOffice Home & Business 2021注15を搭載

商品の詳細は、下記ページをご覧ください。
https://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/m-series/2022-fall-winter-model/index.html

3.13.3型スタンダードモバイルノートPC「dynabook GS5」:オープン価格

 12世代 インテル® Core™ プロセッサー「Pシリーズ」に、「dynabook エンパワーテクノロジー」を適用することで、負荷のかかる作業もスムーズに実現します。CPUのハイパワー注4をプロセッサー・ベース電力28Wで持続させることができるため、写真や動画の編集から複数アプリの併用作業までさまざまな作業を快適に行えます。
 パワフルな処理能力を備えながら、約14時間注7の長時間バッテリー駆動や持ち運びに便利な約956g注6の軽さ、約17.9mmの薄さのコンパクトボディながら、アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠したテストもクリア注16した高い堅牢性注17を実現。
 液晶ディスプレイを180度開くことができ、さらに「dynabook 画面回転ユーティリティ」によって、簡単なキー操作で画面表示をクルっと回転させることができるので、対面でのミーティングや商談時に、画面に表示される情報を手軽にシェアすることができます。

 プライバシーを守るWebカメラシャッター付きの約92万画素のWebカメラ、「AIノイズキャンセラー注11」・「ワンタッチマイクミュート注12」機能、高速データ転送規格Thunderbolt™ 4注18コネクタ×2、USB 3.1(Gen1)Type-Aコネクタ×2搭載。

商品の詳細は、下記ページをご覧ください。
https://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/gs-series/2022-fall-winter-model/index.html

4.10.1型2in1デタッチャブルPC「dynabook K0」:オープン価格

 着脱式キーボードを外せばタブレットとしても使える10.1型コンパクトボディ。キーボード操作をしっかり習得できるので、お子様がパソコンに慣れるための最初の1台に適しています。別売りのペンを使って、文字や絵日記などを書くこともできます。ドイツの第三者認証機関「TÜV Rheinland Japan(テュフ ラインランド ジャパン)」の確認のもと、過酷な試験(100kgf面加圧試験・76cm落下試験・30cc防滴試験)をクリア注19。堅牢性注17に優れています。

 約200万画素(前面)・約500万画素(背面)Webカメラ、USB 2.0 Type-Aコネクタ×2、USB 3.1(Gen1)Type-Cコネクタ×1搭載。Microsoft 365 Personalプレインストール注20

商品の詳細は、下記ページをご覧ください。
https://dynabook.com/2in1-mobile-notebook-tablet/k-series/2022-fall-winter-model-detachable/index.html

  • 注1:当社従来機 dynabook S6(2021年11月発表)の幅 約316.0mm、奥行 約227.0mm、高さ 約19.9mmと新商品 dynabook S6の幅 約305.9mm、奥行 約201.7mm、高さ 約15.95mmとの比較。当社調べ。
  • 注2:当社従来機 dynabook S6(2021年11月発表)のフットプリント 約717cm2(幅 約316.0mm×奥行 約227.0mm)と新商品 dynabook S6のフットプリント 約617cm2(幅 約305.9mm×奥行 約201.7mm)との比較。当社調べ。
  • 注3:当社従来機 dynabook M7・M6(2022年1月発表)との比較。当社調べ。
  • 注4:本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況により異なります。
  • 注5:電源ボタン、ゴム突起部、カメラシャッター、dynabookロゴ、定格銘板を除く。抗菌対象箇所の詳細について以下のページの別表をご覧ください。
    S6:https://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/s-series/2022-fall-winter-model/index.html#koukin
    M7/M6:https://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/m-series/2022-fall-winter-model/index.html#koukin
  • 注6:質量は平均値。製品により質量が異なる場合があります。
  • 注7:JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)による値。実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。本製品にはバッテリーパックが内蔵されていますが、お客様ご自身で取りはずしや交換をしないでください。バッテリーパックが寿命などで交換が必要な場合は、dynabook あんしんサポート 修理相談窓口までご相談ください。バッテリーパックの交換は、保証期間内でも有料になります。バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリーの経年劣化によって変化します。
  • 注8:30分でバッテリー駆動時間の約40%を充電。PCが電源OFFまたはスリープ時にバッテリー残量0%の状態から充電した場合の数値。バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリー経年劣化によって変化します。
  • 注9:本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。顔認証をするときは、顔認証センサーの正面に顔を向けてください。顔認証センサーに保護シートが貼ってある場合には、顔認証機能を使用する前に必ず保護シートをはがしてください。顔認証機能は室内での使用をお勧めします。屋外では太陽光の影響により顔認証の登録や顔認証によるWindowsのサインインなどに失敗することがあります。
  • 注10:市販のWi-Fi 6対応周辺機器が必要です。
  • 注11:TeamsやZoomなどをはじめとするミーティングアプリの音声に対しノイズを除去。使用するアプリケーションや外部音声デバイスによってAIノイズキャンセラーの効果が適用されない場合があります。
  • 注12:ご利用中のアプリの状態により、ワンタッチマイクミュートできない場合があります。OSレベルでマイクをミュート/ミュート解除します。アプリの「マイク」ボタンによりミュートした場合、ワンタッチマイクミュートによるミュート解除ができません。
  • 注13:対応機種はホームページでご確認ください。https://dynabook.com/app/dynabook-smartphone-connection.html
  • 注14:音響効果は、PCを設置する部屋の環境(周囲の材質、形状など)により異なります。
  • 注15:初回起動時にライセンス認証が必要です。含まれるソフトフェアは、日本マイクロソフト株式会社でサポートを行っています。詳しくは本体に付属の取扱説明書をご覧ください。
  • 注16:MIL規格に基づいて、一部当社が設定した試験条件に従い試験しています。アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠した9項目の過酷な耐久テスト(落下、粉塵、高度、高温、低温、温度変化、振動、衝撃、太陽光照射)をクリア。無破損、無故障を保証するものではありません。
  • 注17:無破損、無故障を保証するものではありません。
  • 注18:Thunderbolt™ 4(USB4™)/Thunderbolt™ 3規格に対応しています。周辺機器のすべの動作を保証するものではありません。
  • 注19:ドイツの第三者認証機関「TÜV Rheinland Japan(テュフ ラインランド ジャパン)」の確認のもと、面加圧テスト、落下テスト、30cc防滴テストをクリア。
  • 注20:Windowsセットアップ後、180日以内に使用開始する必要があります。使用開始から1年間のご利用は無料、2年目以降は有料となります。詳しくはマイクロソフト社のMicrosoft 365 Personalに関するサイトをご確認ください。
  • ※画面はハメコミ合成です。
  • ※画面は実際のイメージとは異なる場合があります。
  • ※Intel、インテル、Intelロゴ、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Thunderbolt、Thunderboltロゴ、 Intel vProは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標です。
  • ※Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • ※USB4™は、USB Implementers Forumの商標です。
  • ※Microsoft、Microsoft 365、Teams、Windows、Windows Helloは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※DTS、シンボル、DTSおよびシンボルはDTS,Inc.の登録商標であり、DTS Audio ProcessingはDTS,Inc.の商標です。
  • ※その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上

お客様からの商品についてのお問い合わせ先:

 dynabookあんしんサポート

  •   通話料無料 0120-97-1048
  •   受付時間  9:00~19:00(年中無休)
  •   ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。

携帯電話からのご利用で上記電話番号に接続できないお客様は、0570-66-6773(通話料お客様負担)で受け付けています。 また、海外からのお電話や一部のIP電話などで、いずれの電話番号もご利用になれない場合は043-298-8780(通話料お客様負担)で受け付けています。 なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト 「dynabook.com」でも提供します。

個人のお客様

法人のお客様

Dynabook公式
ソーシャルメディア一覧


上に戻る