メインコンテンツに移動

Expect more from a modern computer with an SSD

Windows 10

ホームモバイル

Fシリーズは、これまで培ってきたPCづくりの幅広い技術を15.6型ボディに投入しました。狭額縁設計と高密度実装技術により、スリム&コンパクトボディを実現。シミュレーション技術で、薄型・軽量ながらも強くてタフなボディを獲得。十分なバッテリー駆動時間も確保しており、ホームモバイルが楽しめます。

スリム&コンパクト
大画面でありながら
持ち運びしやすい、薄さ、小ささ

キッチンでレシピ動画を見たり、ソファでネットショッピングを楽しんだり、書斎で仕事をすすめたりなど、360度回転するコンバーチブルPCだから、スタイルを変えながら、家の中のさまざまなシーンで活用できます。Fシリーズは、dynabookならではのノートPC技術を駆使して、15.6型で軽さ約1.72kg、薄さ約18.9mm、幅約355mm×奥行約230mmを実現。薄くて、軽くてコンパクト。部屋から部屋へ手軽に持ち運べて、使わないときは、狭いスペースにもスッキリ収納できます。

製品イメージ

四辺狭額縁設計は、見た目もスタイリッシュ

左右のベゼル(額縁)が狭いだけでなく、上下のベゼルも大幅に狭い四辺狭額縁設計。
スタイリッシュなデザインに仕上がっており、画面により集中して楽しめます。

四辺狭額縁設計

作業をすぐに再開できる、モダンスタンバイ

スリープ状態でもメール受信*1をしたり、音声アシスタント「Cortana」で呼びかけたり、OSのアップデート中にスリープしてもダウンロードを続けてくれる*2ので、スリープ解除後すぐに、やりたい作業を再開できます。

セキュリティ
Windows Hello対応 顔認証機能*3が、
さらに便利に

画面上の狭額縁に組み込んだ新開発の小型Webカメラモジュールに、Windows Hello対応の赤外線顔認証機能*3を搭載。人肌と一般的な印刷インクや人形などに使われる樹脂では赤外線の反射率が異なることを利用して、写真や絵による「なりすまし」を防止します。また、通常のカメラによる顔認証は、暗い場所や、明るくても蛍光灯などが映り込む場所ではフラッシュなどをたいて認識率低下を防ぎますが、赤外線はそのような眩しい照明が不要のため、眩惑のわずらわしさがありません。サインインは、あなたの顔を画面に向けるだけ。すぐにPCを使うことができます。

製品イメージ

顔認証*3なら、どんなスタイルでも素早くサインイン

シーンに合わせて、5つのスタイルを使い分けできる「5 in 1プレミアムPenノート」。顔認証*3なら、MonitorスタイルやTabletスタイルなど、キーボードが裏側になっていても画面に顔を向けるだけで、素早くサインイン。指紋認証のように、キーボード面を自分側に向ける必要がありません。

顔認証なら、どんなスタイルでも素早くサインイン

家族で共有して、パーソナルに使える

顔の登録も簡単。家族それぞれが登録すれば、1台のPCを家族みんなで共有できます。自分以外の顔では認証されずサインインできないので、家族にファイルなどを見られることもありません。

家族で共有して、パーソナルに使える

Webカメラは、プライバシーを保護するシャッター付き

Webカメラには、手動でカメラを覆うことができるシャッターを付けました。ビデオ通話での意図しない撮影を防ぐことができ、プライバシーを保護します。また、オンライン会議などでシャッターを閉じれば、音声だけで参加したい場合などに便利です。

Webカメラは、プライバシーを保護するシャッター付き
堅牢性
強さがあるから、安心して使える

画面が360度回転するコンバーチブルPCは、ヒンジに負荷がかかりやすく、またタブレット使用時はキーボード面が接地するなど、一般のクラムシェル型のノートPCに比べて、より堅牢性が重視されます。Fシリーズでは、さまざまな部位の強度アップを図るためにシミュレーションを実施するなど、気がねなく使える強さを追求しました。

どのスタイルに変形しても、安心の強度を確保

Note PCスタイル、Tabletスタイル、Monitorスタイル、Penスタイル、Flatスタイル。どのスタイルで使っても強度が保てるよう、シミュレーションを実施。その結果を生かし、高負荷のかかるヒンジの構造を見直すなど、長く安心して使える強さを確保しています。

どのスタイルに変形しても、安心の強度を確保

タブレット時に、キートップが接地しない工夫も

Fシリーズは、キーボード面を裏返してタブレットとして使うことも考えて、ダメージを防ぐ工夫をしています。机に置いて使う際に、キートップが直接、接地しないよう、キーボードの周囲5カ所に突起を設けています。

タブレット時に、キートップが接地しない工夫も

厳しい評価基準で、耐久性試験を実施

使用時に起こりうるさまざまなリスクを想定し、厳しい評価基準を設け、徹底した品質テストを実施。それが、長く快適に使い続けられる製品づくりにつながっています。

コネクタこじり試験

コネクタ部分に「こじり」(回転)によるストレスを加え、接続部の耐久性を確認します。

動画を見る

コネクタこじり試験

キーボードトランポリン試験

押したキーの周囲がどれぐらいたわむかを検証。ミリ単位で測定します。

  • ※写真はFシリーズではありません。

動画を見る

キーボードトランポリン試験
  • ※落下試験は、約86cm落下試験です。また、ヒンジ開閉試験は、3万回の開閉試験を行っています。

dynabookが実施している自社試験を詳しく見る

アメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠した耐久テストを実施予定

Fシリーズは、持ち歩くことの多いモバイルノートPCとして欠かせない堅牢性を証明するために、世界でも過酷な基準として知られる「MIL規格(MIL-STD-810G)」に準拠したテストを実施する予定です。

MIL規格とは

アメリカ国防総省が制定した物資調達基準のこと。砂漠や熱帯雨林、あるいは航空機や荒れ道を走るトラックなど、PCに強いストレスが加わるような状況での使用を想定しているため、基準をクリアするためには、たしかな堅牢性と信頼性が求められます。

粉塵テスト

粉塵テスト

粉塵を6時間吹き付けるテスト

  • ※写真はFシリーズではありません。

温度変化テスト

温度変化テスト

-20℃~-60℃の急激な温度変化を6時間続けるテスト。

アメリカ国防総省制定「MIL規格(MIL-STD-810G)」に準拠したテスト
  • 落下
  • 粉塵
  • 高度
  • 高温
  • 低温
  • 温度変化
  • 湿度
  • 振動
  • 衝撃
  • 太陽光照射

アメリカ国防総省制定「MIL規格(MIL-STD-810G)」について詳しく見る

360度回転ヒンジ
スムーズに回る。
しっかり止まる

360度回転するディスプレイのヒンジには、回転しないディスプレイのヒンジよりも高い負荷がかかります。Fシリーズは、ヒンジの強度設計を多角的に検証し、頑丈でガタつかず、見やすい角度に固定でき、回転もスムーズな2軸ヒンジを採用しています。

360度回転ヒンジイメージ

180度フラットにすれば、対面でも見やすい

180度開いて、画面をフラットな状態にすることができます。表示される情報を対面の相手と手軽にシェアできるので、家族会議や旅行の計画などもすすめやすくなります。また、キーボードだけでなく、タッチ操作やペンも使えるので、みんなで画面を操りながら楽しく話し合うこともできます。

180度フラットイメージ

画面の上下をクルッと回転。相手がさらに見やすくなる

対面の相手がより見やすいように、画面表示の向きを簡単に変えることも可能。必要なときに、いつでも何度でも表示の向きを変えられます。映り込みが少ないとされるノングレア(非光沢)に加え、広視野角液晶なので、上下左右のどの方向からでも、斜めからでも見やすく、ストレスがないので会話も弾むことでしょう。

画面の上下をクルッと回転。相手がさらに見やすくなる
長時間駆動
部屋から部屋への移動など
充電なしでたっぷり使える。

Fシリーズは、安心してホームモバイルができるよう、軽さや薄さだけでなく、バッテリーでの長時間駆動を追求しました。キッチンやリビング、寝室など、バッテリー残量を気にせず、好きな場所で、好きなスタイルで楽しめます。

製品イメージ

「お急ぎ30分チャージ*4」に対応

これまでノートPCづくりで培ってきた充電制御技術を取り入れた「お急ぎ30分チャージ*4」機能を搭載。わずか30分の充電で、バッテリー駆動時間の約40%を充電できます。また、バッテリーの状態をソフトウェアで監視し、一定量になるまでは大電流を供給して充電時間を高速化。以降は段階的に電流を下げて充電を続けることにより、スピーディに充電しながらもバッテリーを長持ちさせることができます。

お急ぎ30分チャージイメージ
  • *1. モダンスタンバイ対応アプリの場合。
  • *2. ACアダプターを接続している必要があります。
  • *3. 本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。 顔認証をするときは、顔認証センサーの正面に顔を向けてください。顔認証センサーに保護シートが貼ってある場合には、顔認証機能を使用する前に必ず保護シートをはがしてください。顔認証機能は室内での使用をお勧めします。屋外では太陽光の影響により顔認証の登録や顔認証によるWindowsのサインインなどに失敗することがあります。
  • *4. PCが電源OFFまたはスリープ時にバッテリー残量が0%の状態から充電した場合の数値。バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリーの経年劣化によって変化します。
  • ■記載されている仕様は予告なく変更することがあります。
  • ■画面はハメコミ合成です。
  • ■画面は実際のイメージとは異なる場合があります。Microsoft Storeアプリは別売です。ご利用になれるアプリは国/地域によって異なる場合があります。

上に戻る