windows

進化を続けるWindows10のパフォーマンスを体験する。dynabookなら、理想的なパートナーに。

より快適に、より使いやすく、Windows 10は今も進化を続けています。
最新のAnniversary Updateでは、生体認証機能や音声アシスタントの機能強化をはじめ、
タッチペン操作に最適化したWindows Inkの追加などトピックスが盛りだくさん。
dynabookの2016年冬モデルならAnniversary Update 適用済のWindows 10をプレインストール。
お客様ご自身が手間と時間をかけてアップデートすることなく、
Anniversary Updateで強化された最新のWindows 10の多彩な機能をすぐに使い始めることができます。
そのうえ、東芝PCの技術で動作の安定性を検証済みなので、
Anniversary Update 適用済のWindows 10を安心してお使いいただけます。

dynabook T75/B、T55/B、T45/B、V82/B、V72/B、V62/B、V42/B
モデルによってデバイス構成が異なるため、アップデートされた新機能の一部が利用できない場合があります。

Windows 10画面

Windows Hello

Webサイトにも生体認証で安全にアクセス「Windows Helloハロー

Webサイトにも生体認証で安全にアクセス「Windows Hello」

「Windows Hello」は、指紋認証や、赤外線センサーや3Dカメラによる顔認証を使った生体認証機能。パスワード入力なしの手軽な操作で、すばやくアクセスできます。

そして、Windows HelloがWindowsストアのアプリケーションやブラウザ「Microsoft Edge」でも使えるようになりました。あなた自身の生体情報をパスワードとしてさまざまなサイトで使えるようになり、ECサイトでも安心して買い物ができます*。 世界で一番身近な情報を使うから、なりすましの防止や、パスワード忘れにも安心です。

互換性のあるWebサイトとアプリのみサポートされます。
Windows Hello: パスワードはあなた自身。

dynabookなら

顔で、指紋で、
すばやくログイン

「Windows Hello」対応の顔認証センサーを搭載したdynabook V82なら、画面に顔を向けてわずか数秒でロック画面が解除されます。プレゼン中の暗がりなど光量が足りない状態でも赤外線センサーが顔を識別します。また、dynabook V82はT75、RX73同様、指紋認証でもWinodws Helloに対応。Tシリーズなら指紋センサーに指先をスライドするだけ、Vシリーズならタッチするだけでログインできます。

  • お客様ご自身でAnniversary Updateを適用する必要があります。
    詳しくはこちら 別ウィンドウで開く
  • 本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能及び指紋認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、一切の責任は負いかねますので、ご了承ください。

2.

ペン、手書き入力の自由度を飛躍的に向上させる「Windows Inkインク

ペン、手書き入力の自由度を飛躍的に向上させる「Windows Ink」

Anniversary Updateで搭載された「Windows Ink」でペンやマウスによる手書き入力が身近に。OneNoteやMicrosoft Edge、Officeなどさまざまなアプリケーション上で気軽に手書き入力が使えるようになりました。

Windows Inkワークスペースでは、付箋や定規、スケッチパッドなど便利なツールも使えます。キャプチャした画面に文字を書き込めるなど、自在にペンを使う機会が広がります。外出先でも片手で気軽に入力できます。

Windows Ink: すばやくアイデアを膨らませる。

dynabookなら

紙とペンの書き心地を実現する
高精度デジタイザーペン

dynabook V82、V72なら高精度デジタイザーペンの利用が可能です。ペンを斜めに傾けても位置ずれがなく、紙のノートに書くようなスムースな書き心地で、小さな文字もスラスラ書けます

手書きノートアプリ「TruNote」を使えば、アイデアやメモをその場で手書きして保存。あとでテキストデータにしてメールやOfficeファイルに再利用することもできます。

  • V82、V72に付属。
  • 画面にフィルムなどを貼った場合、従来の書き心地と異なる場合があります。

3.

音声アシスト機能の「Cortanaコルタナ」が、ロック画面からも利用可能に

音声アシスト機能の「Cortana」が、ロック画面からも利用可能に

ユーザーを音声や文字で手助けするパーソナルアシスタントの 「Cortana」は、使えば使うほどユーザーを学習して使いやすくなっていきます。ファイルやサイトを検索できるだけでなく、情報収集やアプリの起動まで「Cortana」が幅広くフォローしてくれます。

Anniversary Updateで「Cortana」の音声認識性能はさらに向上しました。Windowsのロック画面からも利用できるようになり、外出先などでの急ぎの検索にいちいちサインインは必要ありません。マイクを利用する機会が増えそうですね。

Cortana は、あなたのためのパーソナル アシスタントです。

dynabookなら

快適に使えるスムースな
音声でのやりとり

2016年冬モデル*には人の声を拾いやすい高品質なデュアルマイクが搭載されています。「Cortana」とのスムースな音声でのやりとりが可能になります。

  • dynabook T75/B、T55/B、T45/B、V82、V72、V62、V42

4.

拡張機能サポートで新世代ブラウザ「Microsoft Edgeエッジ」をカスタマイズ

拡張機能サポートで新世代ブラウザ「Microsoft Edge」をカスタマイズ

発表以来たくさんの機能が追加されてきた「Microsoft Edge」ですが、今回の機能強化は盛りだくさん。ナビゲーション機能やピン留め、お気に入りやダウンロードなど網羅するのが大変です。

なかでも、拡張機能の搭載は一番の注目ポイント。Windowsストアから拡張機能(エクステンション)をダウンロードして、広告表示の制限やOneNoteへの記録など、Edgeの機能を手軽に強化し、自分好みににカスタマイズできます。

dynabookなら

YouTubeの動画を
美しい映像で

2016年冬モデル*1では、Microsoft Edgeで見るYouTube動画が、東芝独自の超解像度技術「レゾリューションプラス」機能により美しい映像で楽しめます*2

  • *1
    dynabook T75/B、T55/B、T45/B、V82、V72、V62、V42
  • *2
    YouTubeで映像を視聴する際、東芝画面設定ユーティリティのレゾリューションプラス機能を使用して高画質化が可能です。

dynabook 2016冬モデル ラインアップ

Windows 10をサポートする、
dynabookのアプリとサービス

dynabookには、サポートアプリやサービスが豊富に用意されています。
Windows 10 を使ったdynabookライフをいつでも快適にサポートします。

dynabookならではのサポートアプリ

動画で学ぶWindows 10

Windows 10の基本操作やMicrosoftアカウントの取得方法を、やさしく解説。「ぱらちゃん」と一緒に動画で楽しく学べます。

動画で学ぶWindows 10は、ダウンロード/インストールしてご利用ください。

動画で学ぶWindows 10動画で学ぶWindows 10

専門のスタッフが丁寧にサポート

  • 電話サポート

    新製品の情報から操作方法やトラブル対策まで、お客様のさまざまな疑問にプロのスタッフが電話でていねいにお答えします。

    電話サポート

    電話サポートについて、詳しくはこちら電話サポートについて、詳しくはこちら

  • 遠隔支援サービス

    新製品の情報から操作方法やトラブル対策まで、お客様のさまざまな疑問にプロのスタッフが電話でていねいにお答えします。

    遠隔支援サービス*

    遠隔支援サービスについて、詳しくはこちら遠隔支援サービスについて、詳しくはこちら

PC遠隔レッスンサービス(有料)

遠隔支援サービスを利用したPC遠隔レッスンサービス(有料)ではWindows 10の講座をご用意しています。
完全予約制で1対1のレッスンとなっておりますので、お客様のペースに合わせて丁寧にご説明いたします。

お申し込みはこちら別ウィンドウで開く

PC遠隔レッスンサービス(有料)

PC遠隔レッスンサービスについて、詳しくはこちらPC遠隔レッスンサービスについて、詳しくはこちら

  • プレインストールアプリの 詳しい情報はこちらプレインストールアプリの 詳しい情報はこちら
  • あなたにぴったりの安心を。dynabook サポート情報はこちらあなたにぴったりの安心を。dynabook サポート情報はこちら

個人のお客様


スタンダードノート Tシリーズ
モバイルノート
RXシリーズ
2in1モバイルノート
Vシリーズ
RXシリーズ
dynaPadシリーズ

法人のお客様


サポート情報


上に戻る