メインコンテンツに移動

Expect more from a modern computer with an SSD

Windows 10

使いやすさ

Tabletスタイルで撮影ができる背面カメラ、打ち心地を追求したキーボード。さらに、Thunderbolt™ 4*1やWi-Fi 6*2などさまざまな周辺機器と高速でつながる先進のインターフェース。Vシリーズは、毎日の、これからの、使いやすさにこだわりました。

背面カメラ
サッと撮れて、
思いどおりに編集できる

使うシーンに合わせてさまざまなスタイルに変形し、第11世代 インテル® Core™ プロセッサーのパワーを存分に活かせるVシリーズは、Tabletスタイルでの撮影機能も備えました。キーボードを切り離さないコンバーチブルタイプでありながら、キーボード上部に背面カメラを搭載することで、スマホやタブレットのようにタッチ操作で撮影ができます。撮った写真にその場でメモを加えたり、編集してSNSにアップすることもできます。

タブレットのまま、写真や動画を手軽に撮影

約979gと軽く、コンパクトボディのVシリーズは、タブレットに変形して、立ったままでも、ソファでくつろいでいても、スムーズに作業ができます。キーボード上部には約800万画素(4K)の高画質カメラを搭載しました。旅行中、思わず撮りたい景色に出会ったら、スマホやカメラに持ち替えなくても、タブレットのまま手軽に写真や動画を撮影できます。キーボード面が裏側になっていても素早くサインインできる赤外線顔認証*3なので、思わず撮りたくなるシャッターチャンスも逃しません。

  • 有効画素数
    800万画素 背面カメラ
タブレットのまま、写真や動画を手軽に撮影

大画面だから、撮った写真を細部まで確認、編集も。

13.3型の大画面だから、被写体が人なら表情まで確認して撮影できます。撮った写真を拡大して、さらに細部を確認したり、写真に写り込んだ不要物の取り除きもペンと対応アプリを使えば簡単です。付属のペンは筆圧感知レベル4,096*4に対応するので、繊細さが求められるレタッチ作業をすることもできます。仕上がった写真はその場からブログやSNSにアップすることができます。

大画面だから、撮った写真を細部まで確認、編集も。
キーボード
快適なのは、
打ち心地だけじゃない。

軽さ約979g、薄さ約17.9mm、幅約303.9mm、奥行約197.4mm。この軽・薄・コンパクトのボディをつくり上げるために、ノートPCづくりのさまざまな技術を惜しみなく投入しました。Vシリーズがめざしたのは、それだけではありません。より入力しやすいキーピッチやキーキャップサイズのキーボードをコンパクトボディに収めることです。確かな手応えがあり、しかもスムーズな打ち心地を追求。暗めの場所でも使うことを考えたバックライトや、大型でさわり心地のいいクリックパッドなど、快適な操作のためにすみずみまで工夫しました。

打ちやすいキーボード

幅約303.9mm×奥行約197.4mmという、12型PC並みのフットプリント(接地面積)を実現したコンパクトボディに、打ち心地のいいキーボードを搭載しました。キーピッチ19mm*5、キーストローク1.5mmは、15.6型スタンダードノートPCと同等。キーキャップは横16mm*6×縦15mm*6と大きく、スペースキーも大きくて打ちやすい設計です。より快適に、より正確に、タイピングが行えます。

キーボードイメージ

触り心地もいい大型クリックパッド

キーボードをディスプレイ側に寄せ、クリックパッドを拡大。その表面に貼るシートには、ガラス感フェイスシートを採用。ガラスのように滑らかな感触のマイラー素材を使用しており、クオリティの高い触り心地を実現しています。

クリックパッドイメージ

赤く光るバックライト

暗めの場所では赤いバックライトがキーボードを照らし、操作しやすくするのはもちろん、その場の雰囲気を高めます。暗くした部屋でも、深夜便の機内の座席でも、快適に作業ができます。

バックライトイメージ
インターフェース
外部機器との連携も
ハイスピードで

Vシリーズのパワフルな高性能は、ハイスピードなインターフェースとの連携で、さらに活かされます。最大40Gbps*7の高速転送や4K映像出力*8が2台まで可能なThunderbolt™ 4*1(USB4™ Type-C)コネクタを2基装備。さらに、USB 3.1(Gen1)コネクタ、HDMI®出力端子、SDカードスロット(microSDカード)など、さまざまな機器とダイレクトに接続して機能を拡張できます。今もこの先も、ずっと使える充実のインターフェースを存分にご活用ください。

  • *1. 市販のThunderbolt™ 4対応周辺機器が必要です。
  • *2. 市販のWi-Fi 6対応周辺機器が必要です。
  • *3. 本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。顔認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。顔認証をするときは、顔認証センサーの正面に顔を向けてください。顔認証センサーに保護シートが貼ってある場合には、顔認証機能を使用する前に必ず保護シートをはがしてください。顔認証機能は室内での使用をお勧めします。屋外では太陽光の影響により顔認証の登録や顔認証によるWindowsのサインインなどに失敗することがあります。
  • *4. 筆圧に応じて文字の太さが変わる筆圧感知機能は、本機能に対応したソフトウェアが必要です。
  • *5. キーによっては、キーピッチが異なる場合があります。
  • *6. キーによっては、該当しないものもあります。
  • *7. 最大通信速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は使用環境などにより変わります。
  • *8. すべてのテレビまたはモニターとの接続を保証するものではありません。
  • ■記載されている仕様は予告なく変更することがあります。
  • ■画面はハメコミ合成です。
  • ■画面は実際のイメージとは異なる場合があります。Microsoft Storeアプリは別売です。ご利用になれるアプリは国/地域によって異なる場合があります。

上に戻る