メインコンテンツに移動

dynabook 新CM

「What’s dynabook?」
とある西海岸のITデザイン系オフィスにて、
ダイナブックを巡り、ある論争が巻き起こる!
「ダイナブックといえばノートPCだろ?」
「いやダイナブックといえば、、」
果たして論争の行方は? 
今、新たな真実が明かされる。

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

dynabook 30th
ブランドムービー

1989年に世界初のノートPC*2
発売してから30年。
これまでdynabookが歩んできた革新と進化。
そして、ノートPCの枠を超え、
これから向かう未来までを描いた、
dynabook 30th ブランドムービー。

※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

*1 1985年、T1100発売。
*2 1989年、DynaBook J-3100 SS001発売。

革新的な技術とノウハウで進化してきた dynabookの30年

※クリックまたはタップすると動きがとまり、左右に動かすことが可能です。
Dynabook株式会社が、BS12トゥエルビ、サンテレビで
放映されている「賢者の選択」で取り上げられました!
「人に寄り添うコンピュータ」を。
時代の先駆けとなったこの思想で、世界初のノートPCとして誕生したdynabook。
ブランド誕生から30周年を迎えた今、東芝からシャープへ移行して大きな転換期に差し掛かっている新生Dynabook株式会社の成長戦略を、「賢者の選択」でぜひご覧ください。
賢者の選択 放映風景01賢者の選択 放映風景02
番組の映像はこちら
※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。
人に寄り添うコンピューティングdynabook誕生から30年 dynabook誕生から30年。経営層に聞くdynabookの今後。
(日経ビジネス創刊50周年企画より)
代表取締役会長 石田佳久氏 代表取締役 兼 CEO 覚道清文氏

Yoshihisa Ishida × Kiyofumi Kakudo

人に寄り添うコンピューティング
dynabook誕生から30年

軽さ、薄さ、堅牢性を徹底追求する

世界初のノートPCとして1989年に誕生したdynabook。パーソナルコンピュータの父とも呼ばれるアラン・ケイ氏が提唱した「ダイナブックビジョン」から名称を取り、そのコンセプトである“人に寄り添い、人を支える真のパーソナルコンピュータ”を具現化したdynabookは、奇しくも平成元年に生まれ、日本のみならず、世界を代表するノートPCの一つとして30年間を駆け抜けてきた。
令和への改元を目前とした今年1月1日、dynabookを開発・生産・発売する東芝クライアントソリューションは、社名をDynabookに変更した。
「30年間磨き上げたコンピューティングの技術やサービス力をより多彩な分野で発揮し、dynabookのブランド価値をさらに高めたい」
代表取締役社長 兼 CEOの覚道清文氏は、新社名に込めた思いを語る。
「当社は『人に寄り添うコンピュータ』という理想に基づき、持ち運びやすさと堅牢さを兼ね備えたノートPCを追求し続けてきました。世界最軽量・最薄モデルをいくつも発表するなど、革新的な技術やノウハウによって世界を驚かせるような製品を世に送り出してきたことが、今日のdynabookのブランド価値に結びついていると思います」(覚道氏)

30周年記念モデルとして発売した「dynabook Gシリーズ」は、そのブランド価値を一身に体現した象徴とも言える存在だ。
重さは約779g(軽量モデル)。超軽量・薄型ながら、米軍の物資調達の規格であるMIL規格に準拠したテストをクリアする堅牢性を備えている。
同社はこの「Gシリーズ」を「ザ・ノートPC」(これぞノートPC)と呼んでいるが、まさにその名にふさわしい究極のモデルなのだ。

ハードとサービスの両面で付加価値を

新生Dynabookは今後、事業領域を大きく広げていく方針だ。
「従来のノートPCにとどまらず、タブレットやデスクトップ、ワークステーション、サーバー、エッジコンピューティングなどハードウエアの種類を増やしていきます。同時にソフトウエアとサービスの種類についても幅を広げたい。“dynabook as a Computing”(コンピューティングとしてのdynabook)と“dynabook as a Service”(サービスとしてのdynabook)の両面から、新しい付加価値を提供していきます」(覚道氏)

Dynabookはこれまで、ハードの領域では製造現場などの生産性向上を実現するモバイルエッジコンピューティングデバイス「dynaEdge DE100」を投入。ソフトウエア領域では、PCのハードディスクを暗号化する「Smart DE」などを開発してきた。
サービス領域では、PCを出荷段階で開封後すぐに使える状態にするキッティングや、まとまった台数のPCの運用・管理を支援するライフサイクルマネジメントといったサービスに定評がある。

覚道氏は「当社は2018年10月にシャープの傘下企業となりましたが、今後はシャープが得意とする8Kパネルや5Gなどの技術を積極的に取り入れ、より魅力的なハード作りに取り組んでいきます」と語る。
例えば「dynabook Gシリーズ」は、ディスプレイにシャープの高精細パネル「IGZO(イグゾー)」を採用しているが、今後技術協力がますます進むという。5Gについても、スマートフォンの開発などで定評があるシャープの高度な通信技術を積極的に取り入れていく考えだ。

一方、サービス領域において、ライフサイクルマネジメントを強化、充実させるとともに、マイクロソフトなどとも連携してサブスクリプションサービスを拡大させる計画だ。
覚道氏は、「事業領域の拡大とともに、一時縮小を余儀なくされていた海外販売の強化も図ります。価格競争に陥りにくい法人向け販売を中心にターゲットを据え、国内の法人向け事業で培ったライフサイクルマネジメントなどのサービス力を発揮して海外市場に再挑戦したい」と語る。

シャープとの協業で事業領域を広げる

こうしたDynabookの今後の事業戦略を支えるのがシャープである。
シャープ 取締役副社長 執行役員でもあるDynabook 代表取締役会長の石田佳久氏は、「Dynabookとシャープは、互いに得意とする販売チャネルが異なり、相互補完できるのが大きなメリットです」と語る。
例えば、AQUOSなどの薄型テレビや白物家電を海外で販売してきたシャープは、東南アジアの主要国に強固な販売網を築いている。そのチャネルを有効活用し、チャネルに合ったPCを展開すれば、海外売り上げが一気に伸びる可能性がある。
実際、Dynabookは売上海外事業比率を18年度実績の約20%から20年度に42%とする目標を掲げている。

また石田氏は、「シャープとの協業によって、当社の事業領域もPCの枠を超えて大きく広がっていくはずです。シャープは『8KとAIoT*』を事業ビジョンに掲げていますが、シャープの8Kパネル技術と当社が培ったコンピューティング技術を融合すれば、これまでになかった製品やサービスが提供できる。また、AIoTを普及させるにはオープンなプラットフォームが必要ですが、そのための技術開発は、家電などのクローズドな製品開発が主体であったシャープよりも、PCというオープンな製品を長年手掛けてきたDynabookが得意とするところです。両者の持ち味をうまく融合させて新しいビジネスの可能性を追求していきたいですね」と語る。

最後に石田氏は、「シャープの経営資源を存分に活用しながらビジネスの可能性を広げ、それによってdynabookのブランド価値を極大化していきます。“dynabook as a Computing”と“dynabook as a Service”の両輪で事業領域の拡大に挑む当社のこれからに、ぜひご期待ください」と語った。 *AIoT シャープの登録商標で、A(I 人工知能)とIoT(モノのインターネット)を融合した技術のこと。

Executive Interview

「ハードウエア×サービス」新生Dynabookの大胆な変貌

ハードとサービスを両輪に、
新生したDynabook。
30年積み重ねた歴史を引き継ぎながら、
新たなる戦略で大胆な進化に挑む。
その先に見据えるものとは。
執行役員 PC 事業部長 中村憲政氏は、
これからのハードについて、
常務執行役員 国内事業統括 統括部長の
影山岳志氏には、
新生したブランドについて話を聞いた。

執行役員 PC事業部長 中村憲政氏

常に時代の最高峰を
目指し続けるdynabook

「dynabook G」は、dynabook 30周年を記念するモデルだ。目指したのは、「PCに求められる本質の全てにおいて、最高の使い心地を追求した1台」。その実現には、dynabookというブランドが、30年間、一貫して追求したこだわりがあった。中村氏はそのこだわりを“軽薄堅長と安心・快適”と語る。つまりは、「軽くて薄いのに、丈夫で長時間駆動。キーボードは打ちやすく、セキュリティ性能も高いパソコン」。ユーザーにとって、本質的な使いやすさを追い求め続けてきたのだ。
中村氏は「どの歴代モデルも、世の中の動きと未来の方向性、最新テクノロジーを駆使しながら、開発中でも躊躇なく仕様を変更してベストを目指した」と言う。常に最先端の技術や考え方を取り入れてきたからこそ、その時代における最高峰を提供し続けることができたのだ。「そのこだわりをお客様に満足していただけたからこそ、30年という歴史を積み重ねることができたのだと思います」と中村氏は振り返る。

執行役員 PC事業部長 中村憲政氏

形状にこだわらない新しいハードウエアとは

そんな中村氏の目に、未来のdynabookはどう映っているのか。そのヒントは、Dynabookが掲げる<ハードウエア“dynabook as a Computing”とサービス“dynabook as a Service”の融合>にある。
「これまで、dynabookといえばノートPCでした。しかし、これからはさらに形状にはこだわる必要がなくなると思います」と中村氏。そして、「“dynabook as a Service”で提供するサービスやソフトの能力、使い勝手を最大限引き出すのが、これからのハードウエアのあり方。プラットフォームになると言ってもいいでしょう」と続けた。その一端が垣間見えるのが、「dynaEdge DE100」だ。これは、高い汎用性と高度な処理能力を持つ、小型のWindows 10 デバイス。これにスマートグラスのAR・MRを組み合わせることで、現場での業務効率化や生産性向上を実現することができ、すでに実用化されている。
「サービスの提供に関しては、我々の強みである自社開発のBIOSもアドバンテージになります。求めるサービスに合わせて、セキュリティやPCの制御をカスタマイズできるからです。また、シャープが得意とするAIoTとdynabookが融合することで、新しいサービスも生み出せると思っています」

5G、8K時代に求められるdynabook

見据えるのは、5Gと8K映像が本格活用される社会。中村氏は「今後は、データ量の大きな8K映像を個人がコーディングする時代になる」と考える。
「そうした時代に向けて、今後は8K対応の高精細液晶が必要になります。dynabookは世界初にこだわってきたブランド。今後のビジョンとして、まずはシャープの技術を生かしたプロシューマ―向けの世界初8K対応PCを開発、そしてその後はさらなる拡大を目指し、コンシューマー向けの製品を展開していきたいですね」

dynabookは、世界初・世界一にこだわりながら、時代に合わせて最先端の進化をし続けた。そして、30年に及ぶその取り組みこそ、未来のdynabookを支える礎だ。このアセットがあるからこそ、dynabookはただのハードではなく、サービスと一体化したプラットフォームへ変貌を遂げようとしている。「初代dynabook」がノートPCの歴史を変えたように、ハードとサービスの両輪が、新たな歴史を刻もうとしている。

常務執行役員 国内事業統括 統括部長 国内マーケティング本部長 影山岳志氏

革新性はお客様の要望に応えた結果

「dynabookが人を支え、人に寄り添い続けてきたことが評価されたのだと思います。すばらしいパートナー様、すばらしいエンドユーザー様に恵まれたからこそ」
影山氏はdynabookが30周年を迎えられた理由をそう語る。数々の世界初や世界一を実現してきたdynabookだが、その革新は、あくまでも「お客様の期待するスペックや堅牢性、保守サービスに応えられるよう努めてきたからこそ」だという。
もちろん、応えられたのは、高い技術力をはじめとした数々の強みを持っているからこそ。中でも、「商品企画から開発・設計、調達、製造、品質、販売・サービスまで、一貫して手掛けていることは、最大の強み」と影山氏は考える。

一気通貫によるメリットは、ユーザーの期待や希望、クレームを素早く吸い上げて、その情報を共有し、いち早く改善に向けて動けることだ。影山氏は、「お客様の意見に対して、会社が一体となり対処する。これは、新生Dynabookになっても、なんら変わりません」と力強く話す。

常務執行役員 国内事業統括 統括部長 国内マーケティング本部長 影山岳志氏

“信用・信頼”は途絶えさせない

新会社となり新しいスタートを切ったとはいえ、dynabookは30年の歴史を積み重ねたブランド。そのブランド価値が持つアドバンテージについて尋ねると、影山氏の表情は一層引き締まった。
「過去の歴史があるからこそ、決してお客様を裏切ってはいけないと思っています。過去の実績だけに頼るのではなく、これからも、“信用・信頼”していただけるブランドを目指さなくてはいけない。それは、ハードの形が変わっても同じです。中心は人。今までの30年も、これからも、人に寄り添い、人に役立つdynabookであり続けることが、“信用・信頼”につながると考えています」

新生Dynabookとしてさらなる高みへ

信用・信頼を強調する影山氏は、自分たちのビジネスを“インフラ”に例える。「電気・ガス・水道が止まると日常生活に影響が出てしまう。企業も同じでdynabookの商品、サービスにトラブルが起こると、ビジネスが止まってしまう。とくにBtoBのビジネスではサービスやサポートの面にこだわっていきます」。またBtoCでは、「ワクワクする体験や所有する喜びも提供していきたいですね。8Kや5Gは、エンターテインメントでも力を発揮するので」と影山氏は話す。
“dynabook as a Service”“dynabook as a Computing”の両端を考えていくことが重要と言えるだろう。
「何かをする時、何かを達成できた時、その横にはdynabookがある。dynabookは使う人が主役になるような存在だと思っています。みんなが当たり前のように知っていて、信頼を寄せてくれるブランドでありたい。今までの基本的な考え方は踏襲しつつも、新生Dynabookとしてさらに成長していきたいですね」

30年にわたり信用と信頼を紡いできたdynabook。その矜恃があるからこそ、影山氏の言葉は自信に満ちていた。


上に戻る