2017年9月13日新発売ニュース(法人向け)

2017年9月13日

東芝クライアントソリューション株式会社

USBブート型シンクライアント「Virtual Connect」の受注開始について

~在宅勤務、モバイルワーク、テレワークといった新しい働き方のセキュリティ対策に~

 当社は、専用の起動USBメモリからPCを立ち上げることでシンクライアントとして利用できるUSBブート型シンクライアント「Virtual Connect」の受注を9月13日から開始します。社外からVPN経由で社内PCに接続することにより、社外PCのセキュアなリモートデスクトップ環境を提供します。

 新商品は、シンクライアント環境を実現するプログラムを専用の起動USBメモリに格納しています。社外に持ち出したPCを起動USBメモリから立ち上げた後、VPN接続、リモートデスクトップ接続を各々のユーザー名、パスワードの入力によって行い、社内PCに接続します注1。これらのPC接続情報を、あらかじめ起動USBメモリに保存することにより、リモートデスクトップのパスワード入力だけで社内PCに接続できるなど、利用者の利便性にも考慮しています。
利用者は、起動USBメモリで立ち上げたPCではHDD/SSDなどの内蔵ストレージ、USBメモリやSDカードなどの外部ストレージにはアクセスできません。社内PC内のデータ保存や持ち出しができないため、情報漏えいのリスクを低減でき、在宅勤務、モバイルワーク、テレワークといった時間や場所にとらわれない新しい働き方のセキュリティ対策に貢献します。

 今後、PCの接続情報を一元管理できる管理サーバーの提供や、社内で起動していないPCを起動させるWake on LANサーバーの提供等充実を図ってまいります。

  • 注1:リモートデスクトップ接続時は社内PCのIPアドレスも入力が必要です。

<商品情報>

●Virtual Connect 初期費用    希望小売価格:オープン
●Virtual Connect 年間利用権   希望小売価格:オープン

  • Virtual Connect 初期費用をご購入いただくことで、初期設定された起動USBメモリをご提供いたします。必要数分ご購入ください。
  • Virtual Connect 年間利用権は、1年間Virtual Connectをご利用頂くための利用権とヘルプデスクが含まれています。
  • Virtual Connect 初期費用と同数分をご購入ください。また、Virtual Connect 年間利用権は、毎年更新いただきます。
  • 初年度は、Virtual Connect 初期費用とVirtual Connect 年間利用権をご購入ください。
  • ヘルプデスクでは、Virtual Connectに関する以下項目のお問い合わせを受付けます。
    →使い方・操作方法、仕様の確認、トラブルシューティング(障害切分)、起動USBメモリの交換受付(故障時)※1
  • ※1: 専用USB メモリの紛失・破損時は、別途費用がかかります。

・商品概要は以下 URL を参照ください。
https://dynabook.com/solution/security/virtual_connect/

  • 記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からのお問い合わせ先について

◆新商品に関するお問い合わせ先:

 東芝クライアントソリューション株式会社 国内事業統括部 国内サービス事業本部

 お問い合わせフォーム:https://dynabook.com/business/contact.html

個人のお客様


スタンダードノートPC(パソコン) Tシリーズ
モバイルノートPC(パソコン)
UX53シリーズ
RX73シリーズ
2in1モバイルノートPC(パソコン) Vシリーズ

法人のお客様


サポート情報


上に戻る