2017年1月19日 新製品ニュース(法人向け)

教育市場に向けた協働学習支援アプリケーション
「TruNote Classroom」を発売

~ タブレットでデジタルノートを共有し授業をサポート ~

2017年1月19日

東芝クライアントソリューション株式会社

 当社は、教育 ICT ソリューション「dynaSchool シリーズ」の新商品として、手書き機能搭載のタブレットを使った協働学習を支援するアプリケーション「TruNote Classroom」を商品化し、本日より販売開始します。

 新商品は、グループでの協働学習において、1 枚のデジタルノートを複数の児童・生徒がそれぞれのタブレットで閲覧できるほか、そのタブレット上から同時に書き込むことができ、デジタルノートにすばやく反映できます。注1 先生は、事前に資料・写真などを取り込んで教材を作成することで、授業の際に各グループ向けに同一の教材や、各グループにあわせた別々の教材を配布することができます。注2 授業では、各グループの学習過程の閲覧や比較表示ができるとともに、特定のグループに参加して直接書き込んで指導するなど、協働学習をスムースに進行することができます。授業後は、先生のタブレットにグループの成果物を回収して次の授業に活用できます。

 新商品は、手書き機能を搭載した 10.1 型タブレット「dynabook Tab S80」や 12.5 型タブレット「dynabook R82」、12.5 型 2in1 コンバーチブル PC「dynabook VC72」などで利用できます。同じWi-Fi®アクセスポイントに接続するだけで利用でき、サーバー構築といった面倒な作業が不要のため、手軽に導入できます。注3

 当社は今後も、教育の情報化にむけて、シンプルで導入しやすいICTソリューションを提供してまいります。

  • 注1 周囲の電波状況、送信するデータの容量またはネットワークに接続しているタブレット/パソコンの台数等によっては、反映に時間がかかる場合があります。
  • 注2 最大 10 グループまで作成可能。
  • 注3 最大 40 人まで同時接続可能。
  • ※ Wi-Fi は、Wi-Fi Alliance の登録商標です。
  • ※ その他の記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

開発の背景

昨今、教育現場では、児童・生徒の主体的・協働的な学びによる理解促進、いわゆるアクティブラーニングへの関心が高まっています。当社は、ペンによる精緻な手書き入力を可能にした独自開発のノートアプリ「TruNote」と、ノート共有アプリ「TruNote Share」の技術をもとに、教育市場に向けた ICT ソリューションとして協働学習を支援するアプリケーションを開発しました。

商品情報

  • ・TruNote Classroom Ver1(クラスライセンス 1 年版) オープン価格
  • ・TruNote Classroom Ver1(学校ライセンス 1 年版) オープン価格

以上

商品に関するお問い合わせ

東芝クライアントソリューション株式会社
  • 国内事業統括部 国内開発営業本部 開発営業第二部
  • TEL:03-5144-3120

  • ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。

掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報であり、 予告なしに変更されることがあります。

個人のお客様


スタンダードノートPC(パソコン) Tシリーズ
モバイルノートPC(パソコン)
UX53シリーズ
RX73シリーズ
RX33シリーズ
2in1モバイルノートPC(パソコン) Vシリーズ

法人のお客様


サポート情報


上に戻る