メインコンテンツに移動
法人のお客様のメニュー

dynaCloud Cardbox(名刺情報管理サービス)

    • dynabook.com
    • dynaCloud Cardbox(名刺情報管理サービス)

製品の導入検討・購入に関するご相談・お問い合わせ

概要

お客様にいただいた名刺は会社の大切な財産。会社で名刺を一元管理するクラウドサービス。

お客様にいただいた名刺は会社全体で共有してこそ効果が高まります。従来は、受け取った社員が個人で管理したり、スキャナで読み取ってデジタル化して保存することが多かったのではないでしょうか。
名刺情報をクラウド上に置けば、企業の財産として有効に活用できます。クラウドで管理すれば、PCやスマートフォン、タブレットなど端末を問わず、アクセスできます。あわせてセキュリティを担保することで、情報漏えいのリスクも低減できます。

課題

IT管理者の悩み

  • お客様からもらった名刺は、社員が個人で管理しているのでバラバラ
  • 電子化したいが、その手間と時間もない
  • 電子化しても、管理が手間になったら意味がない
  • 名刺情報を、全社的に効率よく簡単に一元管理したい
  • 個人情報管理がいい加減だと、セキュリティの面でも心配

エンドユーザーの悩み

  • 紙のまま名刺を保存していると、見つけるのが大変
  • お客様企業で人事異動があって、現在の電話番号がわからない
  • スマホでも、名刺情報を見られたら便利

経営者の悩み

  • 名刺情報を、商談や営業活動にもっと有効に使いたい

解決策 ?クラウド型名刺情報管理サービス

社員が個人個人で保管している名刺を、クラウド上で効率よく一元管理できます

スキャンした名刺データをクラウドに置いて、企業内で共有化できます。クラウド上に置かれた名刺データは、PCだけでなく携帯電話・iPhone/Android専用アプリからいつでもどこでもアクセス可能です。

名刺情報を商談や営業活動に有効活用できます

一元管理すれば名刺リストから顧客リストを作成したり、過去の取引の有無などを確認することが容易になります。お客様企業で人事異動があって名刺情報が変わっても、一度修正するだけで、最新情報を全員が共有できます。

名刺はお客様企業の個人情報。社員任せではなく会社でしっかり管理を

大切なお客様の個人情報がつまった名刺は、しっかり管理しなくてはいけません。紙のまま社員が個人で持っていては紛失の可能性も否定できません。電子化した名刺をクラウド上で管理すれば、紛失のリスクを低減できます。またアクセスも管理できるのでセキュリティも担保できます。

特長 ?クラウド型名刺情報管理サービス
「dynaCloud Cardbox powered by 名刺バンク」

スマートフォンのカメラ、スキャナー、複合機、デジタルカメラなどから名刺情報が簡単に取り込めます

  • ・「dynaCloud Cardbox」は、安心・安全なクラウド基盤をベースに、手軽に手早く名刺情報を社内で共有できるソリューションです。
  • ・名刺の取り込みは、スマートフォンのカメラ機能に加え、スキャナや複合機、デジカメデータなどから手軽に取り込みできます。
  • ・PCやケータイ・スマホからでも、いつでもどこでも名刺情報にアクセスでき、いちいち以前取り交わした名刺を持ち歩く必要がありません。

取り込んだ名刺情報をビジネスに有効活用できます

  • ・名刺情報と連携した商談情報の管理ができ、営業活動にいかすことも可能です。例えば、名刺情報に紐づけて、商談内容をメモに登録するとともに、アプローチ中や提案中、内示といった案件のステータス管理もできます。
  • ・事前に登録した社内メンバーとそれらに情報を共有して、すばやく顧客対応していくことも可能になり、業務効率の向上につなげられます。

高いセキュリティ、しかも低コストで運用できます

  • ・セキュリティの高いクラウド基盤上で名刺情報を管理しますので、情報漏えいのリスクを低減できます。
  • ・利用ユーザー数によらない登録枚数課金のため、何人で利用しても同一価格であり、コストも適切に抑制できます。

ご提案

導入事例

株式会社クレハ

登録、検索、参照が簡単にでき、登録した情報の修正は格段に減少。 さらに人脈情報の共有も

導入製品・サービス:dynaCloud Cardbox

もっと詳しく

個人のお客様

法人のお客様

Dynabook公式
ソーシャルメディア一覧


上に戻る