SmartDE(ハードディスク暗号化)

セキュリティーソリューション SmartDE PCハードディスク暗号化セキュリティーソリューション SmartDE PCハードディスク暗号化

クライアントPC暗号化ツール smartDE 強力な暗号化でHDD・USBメモリからの情報漏えいを防止します。

SmartDE(スマートデーイー)は、 従来からあるファイル単位の暗号化ソフトウェアとは異なり、HDDのすべての領域を暗号化することができるソフトウェアです。
また、Windows起動前の認証要求やファイル/フォルダー単位の暗号化、データ書き込みのポリシー制御など、セキュリティ機能も提供。PCの盗難、紛失や、第三者の不正アクセスなどのリスクから、企業の機密情報や個人情報を守ります。

また、PCへの接続禁止を制御できる外部機器として、従来のUSBメモリ・SDカードに加え、スマートフォン(iOS、Android)も制御可能です。昨今問題となっている、スマートフォンを使ったデータ流出を防ぐことができます。

HDDの全領域の暗号化によって、情報漏えいを防止

従来のファイル単位の暗号化ソフトウェアではできなかった、Windowsのシステム領域やプログラムファイルを含むHDD全領域をセクター単位で暗号化できます。

セキュリティを高める情報漏えい対策に有効なPCハードディスク暗号化ソフト。SmartDEのイメージ図

システム領域、プログラムファイルも暗号化

システム領域やプログラムファイルを含むHDD全領域をセクター単位で暗号化できます。

HDD抜き取りによる情報漏えい防止

HDDの全領域を暗号化することにより、万一、PCからHDDを抜き取られた場合でも、第三者がデータにアクセスするのを防止できます。

次回起動時に暗号化を継続

初回暗号化の途中でWindowsを終了しても次回Windows起動時に継続して暗号化されます。

初回暗号化途中でも他のソフトの利用が可能

ハードディスクを暗号化しながら他ソフトの利用が可能です。

Windows起動前の認証要求によって、PC不正使用を防止

本人以外のPC起動を制限しますので、第三者による不正使用を防止できます。

セキュリティを高める情報漏えい対策に有効なPCハードディスク暗号化 SmartDE Windows起動前の認証要求イメージ図

Windows起動前のSmartDEプリブート認証により、本人以外によるPCの起動を制限します。
SmartDEプリブート認証とWindowsログオンのシングルサインオンや、BIOSパスワード入力時にSmartDEプリブート認証をスキップすることも設定により可能です。

  • ※シングルサインオンとBIOSパスワードによるSmartDEプリブート認証スキップを併用することはできません。
  • ※BIOSパスワードによるプリブート認証スキップは、2015年3月以降に発売された一部の東芝PCでサポートされます。

ファイル/フォルダーの暗号化で、メール送信やファイル共有も安心

SmartDEはHDD全体の暗号化だけでなくファイルやフォルダー単位の暗号化も可能。メール添付ファイルや共有ファイルの暗号化に使用できます。さらにファイルやフォルダーは自己解凍式の暗号化に対応していますのでSmartDEがインストールされていないPCでも復号できます。

ファイルとフォルダーの暗号化。USBリムーバブルメディアの暗号化。

リムーバルメディアやUSB接続HDDを暗号化し、情報漏えいを防止

SmartDEはUSBメモリやUSB接続のHDDの暗号化が可能なので機密データの持ち出し防止に威力を発揮します。またUSBメモリにはパスワード設定ができます。

  • *暗号化できるリムーバブルメディアは、USBフラッシュメモリのみです。

デバイス制御機能

SmartDEによるHDD/SSD丸ごと暗号化に加え、PCに接続する外部機器を制御。
USBメモリ・SDカードに加え、スマートフォン(iOS、Android)の接続制御が可能なため、それらを経由したデータ流出を防ぐことができます。

デバイス制御機能

デバイス 読み出し 書き込み デバイス丸ごと暗号化
USBメモリ 可能 書込み禁止設定可能 可能
SDカード 可能 書込み禁止設定可能 不可
スマートフォン 接続禁止設定可能
(エクスプローラーに表示されずにメディアデバイスとして使用できない*)
不可
  • *iOSデバイスはiTunesからも見えません。Androidデバイスは多くの資産管理ソフトではMTP/PTP接続の禁止ですが、SmartDEでは  Androidデバッグモード接続も禁止できます。

BitLockerクライアント管理機能

SmartDEをBitLockerクライアントモードでインストールすることにより、BitLockerクライアントをSmartDEサーバーで管理することができます。
Windows 10のFuture UpdatesもHDDを復元することなく適用することができます(オンライン管理版のみサポート)。また、BitLockerクライアントにファイル暗号化機能、USB接続デバイス制御機能を付加します。

SmartDEによるセキュリティソリューション例

お客様の運用形態によりオンライン版とオフライン版の2通りの運用が可能です。

SmartDEオンライン管理版
(管理者の方がクライアントを一括で管理し
セキュリティを高めたい場合)

運用管理サーバでクライアントの一括管理・ポリシー配布などを行います。

SmartDEオフライン管理版
(導入を容易に行い
セキュリティを高めたい場合)

運用管理サーバーを必要とすることなくSmartDEを導入できます。

(左図)SmartDEオンライン管理版/(右図)SmartDEオフライン管理版

最新のOSに対応

SmartDEは、Windows Vista® SP2、Windows 7®、Windows 8.1、Windows 10に対応。

Smart Data Encryption V2.10の動作環境

SmartDEによるHDD/SSD丸ごと暗号化に加え、PCに接続する外部機器を制御。
USBメモリ・SDカードに加え、スマートフォン(iOS、Android)の接続制御が可能なため、それらを経由したデータ流出を防ぐことができます。

クライアントソフトウェアの動作環境

Smart Data Encryption V2.10のクライアントソフトウェアの動作環境は以下のようになります。クライアントソフトウェアを導入される際はご確認ください。

機種 IBM PC/AT 互換機
オペレーティング
システム

Windows Vista (SP2 まで) 32bit版/64bit版
・Starter/Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate/Enterprise

Windows 7 (SP1 まで) 32bit版/64bit版
※UEFIファームウェア機種及びXPモードは非サポート
・Starter/Home Premium/Professional/Ultimate/Enterprise

Windows 8.1 32bit版/64bit版
・Windows 8.1/Windows 8.1 Pro/Windows 8.1 Enterprise

Windows 10 32bit版/64bit版
・Windows 10 Home/Windows 10 Pro/Windows 10 Enterprise/Windows 10 Education

暗号対象メディア

ハードディスク:
・PATA/SATA 内蔵ハードディスク
・USB/IEEE 1394/eSATA 接続による外付型ハードディスク

リムーバブルメディア:
・USB フラッシュメモリ

ユーザ権限 セットアップは、管理者権限のユーザでログオンしている必要があります。クライアントユーティリティは、制限ユーザー(標準ユーザー)でも操作できます。
フロッピーディスク
ドライブ
フロッピーディスクタイプのリカバリディスクの操作では、フロッピーディスクドライブが必要になります。

運用管理サーバソフトウェアの動作環境

Smart Data Encryption V2.9の運用管理サーバソフトウェアをインストールするには、事前に以下のソフトウェアがインストールされている必要があります。サーバソフトウェアのセットアップを起動する前に、これらのソフトウェアがインストールされていることをご確認ください。

オペレーティング
システム
  • ・Windows Server 2008 32bit版/64bit版
  • ・Windows Server 2008 R2 64bit版
  • ・Windows Server 2012 64bit版
  • ・Windows Server 2012 R2 64bit版
インターネット
インフォメーションサービス
(IIS)
  • ・IIS6
  • ・IIS7
  • ・IIS8
SQLデータベース
ソフトウェア
  • ・Microsoft SQL Server 2005 (SP2 以降)
  • ・Microsoft SQL Server 2005 Express Edition(SP2 以降)
  • ・Microsoft SQL Server 2008 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2008 Express Edition 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2008 R2 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2008 R2 Express Edition 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2012 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2012 Express Edition 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2014 32bit版/64bit版
  • ・Microsoft SQL Server 2014 Express Edition 32bit版/64bit版
Microsoft .NET
Framework
  • ・Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
  • ・Microsoft .NET Framework 4.0 (Microsoft SQL Server 2012 および 2014 の場合のみ)
Microsoft Windows
Installer
  • ・Microsoft Windows Installer 4.5
Microsoft Windows
PowerShell
  • ・Microsoft Windows PowerShell 1.0
  • ・Microsoft Windows PowerShell 2.0
・注意事項
外国為替及び外国貿易法によるキャッチ・オール規制品です。輸出または海外への提供が規制されています。

SmartDE価格表

ライセンス数 ライセンス希望小売価格(1台) 年間利用権希望小売価格(1台/1年間) 合計
1ライセンス~24ライセンス 25,000円 3,750円 28,750円
25ライセンス~49ライセンス 22,500円 3,375円 25,875円
50ライセンス~99ライセンス 21,000円 3,150円 24,150円
100ライセンス~499ライセンス 16,500円 2,475円 18,975円
500ライセンス以上 15,000円 2,250円 17,250円

次年度以降ご購入いただくもの

ライセンス数 ライセンス価格(税別)
(1ライセンスあたり)
年間利用権(税別)
(1ライセンスあたり)
1ライセンス~24ライセンス 3,750円
25ライセンス~49ライセンス 3,375円
50ライセンス~99ライセンス 3,150円
100ライセンス~499ライセンス 2,475円
500ライセンス以上 2,250円

初年度はライセンス+年間利用権をご購入ください。次年度以降は年間利用権をご購入ください。

■サポートプログラム
環境構築から、サーバー、クライアントへのインストール、データバックアップ他、豊富なサポートプログラムをご用意しております。詳しくは営業担当までお問い合わせください。

SmartDEリリース情報

Smart Data Encryption V2.10

バージョン リリース情報
V2.10 NEW BitLockerクライアント管理機能を追加しました。

Smart Data Encryption V2.9

バージョン リリース情報
V2.9 BIOSパスワードによるSmartDEプリブート認証をスキップする機能を追加いたしました。

Smart Data Encryption V2.8

バージョン リリース情報
V2.8 Windows 10 に対応しました。

Smart Data Encryption V2.7

バージョン リリース情報
V2.7 WPD(Windows Portable Device)およびiOSデバイスのアクセス制御機能を追加いたしました。

Smart Data Encryption V2.6

バージョン リリース情報
V2.6.259 Smart Data Encryption V2.6.259をリリースしました。
不具合修正を行いました。
制限事項がありますので、詳しくは営業担当までお問い合わせください。
V2.6.248

下記に挙げる機能追加や機能強化、変更を行いました。

  • ・クライアントソフトウェア
  • ・Windows 8/Windows 8.1 32bit版のUEFIファームウェア機種に対応しました。
  • ・以下のタブレット機種に対応しました。
  • ・dynabook Tab VT484 (BIOS V1.70以上が必要です)
  • ・dynabook Tab S50 (BIOS V1.30以上が必要です)
  • ・dynabook Tab S38 (BIOS V1.30以上が必要です)
V2.6.209

クライアントソフトウェアの機能強化、変更を行いました。
・Windows 8.1 のサポート

制限事項がありますので、詳しくは営業担当までお問い合わせください。

V2.6.199

クライアントソフトウェアの機能追加や機能強化、変更を行いました。

  • ・AFT(Advanced Format Technology)対応ディスクのサポート
  • ・一部のタッチパネル機種で、プリブート画面にタッチパネル対応のソフトウェアキーボードを表示

制限事項がありますので、詳しくは営業担当までお問い合わせください。

V2.6.124

クライアントソフトウェアの機能追加や機能強化、変更を行いました。

  • ・Windows 8 のサポート
  • ・リカバリディスクのUSBフラッシュメモリブート対応
  • ・クライアントユーティリティの画面変更

運用管理サーバーソフトウェアの機能強化を行いました。

  • ・副管理者機能の強化

制限事項がありますので、詳しくは営業担当までお問い合わせください。

V2.5.66

クライアントソフトウェアの機能追加や機能強化を行いました。

  • ・64bit版OSのサポート
  • ・SSL通信のサポート
  • ・Intel製CPUのAES New Instructionsに対応

(この命令セットに対応したCPUのクライアントコンピューターでは、暗号化処理が高速化されます。)

運用管理サーバーソフトウェアの機能追加や機能強化を行いました。

  • ・64bit版OSのサポート
  • ・SSL通信のサポート
  • ・管理画面での操作の追加
  • >ポリシーのコピー
  • >クライアントコンピューターやログなどの検索結果を、CSVファイルにエクスポート
  • ・副管理者による運用管理

(管理者は、副管理者を登録して、管理作業の一部を委譲することが可能になりました。)

オフライン管理の機能追加や機能強化を行いました。

  • ・プリブート画面でのパスワード入力のスキップ
  • ・ユーザーのパスワードとは別の管理者パスワードの設定

(管理者は、ユーザーのプリブートパスワードを知らなくても、クライアントコンピューターを起動して管理作業を行うことができます。)

V2.4.53

運用管理サーバー(オンライン版)の新規機能を追加しました。

  • ・データベースのロック時の仕様変更
  • ・ポリシー項目の追加
  • ・ポリシー自動配布機能の追加
  • ・ログ収集機能の追加
  • ・コンピューターの情報の項目追加
  • ・Active Directory連携機能の追加
  • ・コマンドツールの強化

クライアントの新規機能を追加しました。

  • ・クライアントIDの追加
  • ・シングルサインオン機能の追加
  • ・ログ収集機能の追加
  • ・ポリシー更新機能の追加
  • ・インストールセットアップの変更
  • ・管理画面の変更
V2.3.112 Windows 7をサポートしました。
V2.3.42 英語をサポートしました。
V2.3.41

オフライン管理機能を追加しました。オフライン管理機能により、 運用管理サーバーを動作させなくともSmart Data Encryptionを運用することが可能となります。

カタログダウンロード

製品カタログのダウンロード(1.38MB)別ウィンドウで開く

個人のお客様


スタンダードノートPC(パソコン) Tシリーズ
モバイルノートPC(パソコン)
UX53シリーズ
RX73シリーズ
RX33シリーズ
2in1モバイルノートPC(パソコン) Vシリーズ
dynabook プレミアムサービス

法人のお客様


サポート情報


上に戻る