dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Microsoft Edge」について

情報番号:016830  【更新日:2020.09.25文末にあるアンケートにご協力ください

「Microsoft Edge」について

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10,Windows 8.1
カテゴリ インターネット,インターネットの便利な使いかた,インターネットのトラブル,お気に入り,ホーム(スタート)ページの設定,閲覧履歴の削除

回答・対処方法

はじめに

「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」は、Windows 10に標準で搭載されているブラウザーです。インターネット上のホームページを閲覧するときに利用します。

2020年1月からプライバシーとセキュリティを重要視して安全を維持できるように、さまざまな異なるデバイス(Windows、macOS、iOS、Androidを搭載したパソコンやタブレット、スマートフォンなど)間でもパスワードやお気に入り、設定が自動的に同期されるように、Webブラウジングをより快適にする新しい「Microsoft Edge」の提供がマイクロソフト社より開始されました。

新しい「Microsoft Edge」について

新しい「Microsoft Edge」は、アイコンのデザインが変わりました。

図1(図1)

また、画面のデザインや一部の機能も変更となり、操作性も若干変わりました。

・画面と設定メニュー

図2(図2)

・設定画面

図3(図3)

▼文末にあるアンケートにご協力ください

アップデート/インストールについて

2020年6月より順次「Windows Update」にて自動更新されます。Windows 10は、標準搭載されている「Microsoft Edge」が新しい「Microsoft Edge」にアップデートされ置き換わります。Windows 10より前にリリースされたOS(Windows 8.1など)にも提供され、新規にインストールされます。

アップデート/インストールの一覧
情報番号 タイトル
018746 新しい「Microsoft Edge」にアップデートする方法<Windows 10>
018745 新しい「Microsoft Edge」をインストールする方法<Windows 8.1>

マイクロソフト社のダウンロードページから手動で新しい「Microsoft Edge」にアップデートした場合は、アンインストールすることができます。「Windows Update」にてアップデートされた場合は、Windows 10標準搭載の「Microsoft Edge」に戻すことはできません。

アンインストールの一覧
情報番号 タイトル
018747 新しい「Microsoft Edge」にアップデート後、前のバージョンの「Microsoft Edge」に戻す方法<Windows 10>

現在インストールされている「Microsoft Edge」のバージョンがわからない場合は、バージョンを確認してください。

バージョンの確認の一覧
情報番号 タイトル
017170 「Microsoft Edge」バージョンを確認する方法

新しい「Microsoft Edge」のアップデート/インストールを行なっても、「Internet Explorer」を利用することもできます。

※新しい「Microsoft Edge」に対応していないWebページ(ページに組み込まれている機能が動作しない、ページのデザインが崩れるなど)を閲覧する場合などは、「Internet Explorer」でWebページを開いて確認してください。

IEの一覧
情報番号 タイトル
016861 「Windows(R)Internet Explorer(R)11」を起動する方法<Windows 10>
017768 「Windows(R)Internet Explorer(R)11」タスクバーにピン留めする方法<Windows 10>
017568 既定のWebブラウザーを「Windows(R)Internet Explorer(R)11」に変更する方法<Windows 10>
015211 デスクトップ版「Windows(R)Internet Explorer(R)11」を既定のブラウザーに設定する方法<Windows 8.1>

▼文末にあるアンケートにご協力ください

ホームページの閲覧

ホームページを閲覧するには、さまざまな方法があります。

ホームページの閲覧の一覧
情報番号 タイトル
016831 「Microsoft Edge」Webサイトを閲覧する方法
017727 「Microsoft Edge」[戻る]ボタン/[進む]ボタンから以前閲覧したWebページに移動する方法
016832 「Microsoft Edge」Webページ内のリンクを新しいタブ/ウィンドウで開く方法
017728 「Microsoft Edge」間違えて閉じてしまったタブを再度開く方法
016835 「Microsoft Edge」アドレスバーからすばやく検索する方法
016859 「Microsoft Edge」閲覧しているWebページ内をキーワード検索する方法
016834 「Microsoft Edge」Webページの表示を拡大/縮小する方法
017487 「Microsoft Edge」キーボード操作でWebサイトの表示を拡大/縮小する方法
018376 「Microsoft Edge」全画面表示で閲覧する方法

よく閲覧するホームページは、タブやタスクバーにピン留めしたり、デスクトップにショートカットを作成しておくと、すぐにアクセスできて便利です。

ピン留めの一覧
情報番号 タイトル
017729 「Microsoft Edge」タブをピン留めする方法
018375 「Microsoft Edge」よくアクセスするWebサイトをタスクバーにピン留めする方法
018699 「Microsoft Edge」デスクトップに特定のホームページのショートカットを作成できますか?

通常の方法でホームページを閲覧すると、閲覧したページの履歴が残ります。個人でお使いのパソコンの場合は、過去の履歴から再度同じWebサイトにアクセスしたりと利点があります。しかし、家族共有パソコンやネットカフェなどの不特定多数で1台のパソコンを使いまわすとき、どんなWebサイトにアクセスしたか知られたくない場合などは、InPrivateウィンドウ機能を使ってアクセスすることで履歴を残さずホームページを閲覧することができます。

InPrivateウィンドウの一覧
情報番号 タイトル
016833 「Microsoft Edge」InPrivateウィンドウを使用して閲覧情報を残さないでWebサイトを閲覧する方法

Webサイト閲覧時に突然表示されるポップアップ(広告などによく利用される小さな画面)を表示させるか、ブロックするか設定することができます。

ポップアップの一覧
情報番号 タイトル
018037 「Microsoft Edge」ポップアップのブロックを有効/無効にする方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

閲覧の履歴

ホームページを閲覧すると、履歴が残ります。履歴から以前閲覧したWebサイトを表示したり、Webサイトからダウンロードしたデータを確認することができます。

閲覧の履歴の一覧
情報番号 タイトル
016844 「Microsoft Edge」履歴から以前閲覧したWebサイトを表示する方法
016846 「Microsoft Edge」Webサイトからダウンロードしている進捗状況や過去のダウンロード履歴を確認する方法
016848 「Microsoft Edge」[ダウンロード]フォルダーを開く方法
018039 「Microsoft Edge」ブラウザー上のフォームに入力した内容を保存する/保存しない方法

履歴は、個別または一括で削除することができます。

履歴の削除一覧
情報番号 タイトル
016845 「Microsoft Edge」閲覧データ(閲覧の履歴、クッキー、キャッシュ、ダウンロードの履歴、フォーム、パスワードなど)を削除する方法
018032 「Microsoft Edge」ブラウザーを閉じるときに、常に閲覧データ(閲覧の履歴、クッキー、キャッシュなど)を消去する方法
018033 「Microsoft Edge」ブラウザー上で入力したパスワードを保存する/保存しない方法
018034 「Microsoft Edge」保存したパスワードを個別に削除する方法
018541 「Microsoft Edge」フォームへの入力を管理する方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

起動時に開くページの設定

新しい「Microsoft Edge」は、既定で起動時に「新しいタブ」ページが開かれるように設定されています。起動時に開くページは、そのほかに特定のページや前回開いたページを開くように設定を変更することができます。また「新しいタブ」ページ上に表示するコンテンツやページレイアウトを変更することもできます。

図4(図4)

起動時に開くページの設定の一覧
情報番号 タイトル
016854 「Microsoft Edge」起動時に開くページを変更する方法
016855 「Microsoft Edge」新しいタブを開いたときに表示するページを変更する方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

すっきりしたシンプルなレイアウトで読む

読み取りビュー(イマーシブリーダー)機能を使用するとWebページ上のメニューや広告などを省き、記事のみを表示することができます。

図5(図5)

すっきりしたシンプルなレイアウトで読む設定の一覧
情報番号 タイトル
016856 「Microsoft Edge」読み取りビューを使用して読みたい記事を集中して読む方法
016857 「Microsoft Edge」読み取りビューのスタイルを変更する方法
016858 「Microsoft Edge」読み取りビューのフォントサイズを変更する方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

よくアクセスするWebサイトをお気に入りに追加する

よくアクセスするWebサイトをお気に入りに追加しておくと、次回閲覧したいときに便利です。

※追加したお気に入りにアクセスするときのデザインが変わりました。

図6(図6)

お気に入り設定の一覧
情報番号 タイトル
016837 「Microsoft Edge」よくアクセスするWebサイトをお気に入りに追加する方法
016838 「Microsoft Edge」お気に入りから閲覧したいWebサイトを表示する方法
016839 「Microsoft Edge」お気に入りに追加したWebサイトの名前を変更する方法
018377 「Microsoft Edge」お気に入りに追加したWebサイトのURLを編集する方法
016840 「Microsoft Edge」お気に入りから不要となったWebサイトを削除する方法
016841 「Microsoft Edge」お気に入りにフォルダーを作成して整理する方法

お気に入りバーを表示し、よくアクセスするWebサイトを追加しておくと、すぐにアクセスできて便利です。

図7(図7)

お気に入りバー設定の一覧
情報番号 タイトル
016853 「Microsoft Edge」お気に入りバーを表示する方法
016847 「Microsoft Edge」よくアクセスするWebサイトをお気に入りバーに追加する方法

自分のパソコンの別のブラウザー(「Internet Explorer」など)で使用していたお気に入りを「Microsoft Edge」にインポートすることができます。また、ほかのパソコンの「Microsoft Edge」で使用しているお気に入りの一覧をファイルとしてエクスポートし、自分のパソコンの「Microsoft Edge」にインポートすることもできます。

お気に入りのインポート/エクスポート設定の一覧
情報番号 タイトル
016862 「Microsoft Edge」別のブラウザーからお気に入りをインポートする方法
018137 「Microsoft Edge」お気に入りをファイルにエクスポートする方法
018138 「Microsoft Edge」お気に入りをファイルからインポートする方法

「Microsoft Edge」の同期設定を有効(オン)にすると、同じMicrosoft アカウントでサインインしているすべてのデバイス間でお気に入り、パスワード、その他の閲覧データを同期することができます。

お気に入りの同期設定の一覧
情報番号 タイトル
018035 「Microsoft Edge」お気に入りやリーディングリストの同期を有効/無効にする方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

Adobe Flashの設定

新しい「Microsoft Edge」の既定では、Adobe Flashが無効になっています。Webサイト上のFlashゲームが実行できない場合は、Flashの実行を許可することで使用することができます。

※信頼できるWebサイト以外では、Flashの実行をブロックすることをおすすめします。

図8(図8)

Flash設定の一覧
情報番号 タイトル
018038 「Microsoft Edge」Adobe(R)Flash(R)Playerを有効/無効にする方法
018141 「Microsoft Edge」でFlashゲームを実行すると「Flashの実行」または「Adobe Flashコンテンツがブロックされました」画面が表示される
018142 「Microsoft Edge」でFlashゲームを実行するとアドレスバーに“プラグインがブロックされました”メッセージ、「このページではFlashがブロックされています」画面が表示される
018143 「Microsoft Edge」“選択してAdobe Flashを有効にします”メッセージが表示される
018144 「Microsoft Edge」Adobe Flashのアクセス許可の履歴を削除する方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

新しい「Microsoft Edge」で現在利用できない機能について

2020年8月現在のバージョンでは、タブプレビュー、タブのグループ保存、Webノート、お気に入りを常に表示、スタート画面にピン留め、閲覧中のWebページを「Internet Explorer」で開く、リーディングリスト、Corona連携の機能は非搭載となります。今後、バージョンアップにより搭載される場合があります。

非搭載機能の一覧
情報番号 タイトル
018140 「Microsoft Edge」タブプレビューを表示する方法<Windows 10>
018139 「Microsoft Edge」表示中のタブを保存して閉じる方法<Windows 10>
016850 「Microsoft Edge」Webノートを作成/保存する方法<Windows 10>
016851 「Microsoft Edge」保存したWebノートを表示する方法<Windows 10>
016849 「Microsoft Edge」お気に入りを常に表示する方法<Windows 10>
016836 「Microsoft Edge」よくアクセスするWebサイトをスタート画面にピン留めする方法<Windows 10>
016852 「Microsoft Edge」閲覧中のWebサイトを「Windows(R)Internet Explorer(R)11」で開く方法<Windows 10>
016842 「Microsoft Edge」後で読みたい記事やコンテンツをリーディングリストに追加する方法<Windows 10>
016843 「Microsoft Edge」リーディングリストから不要となった記事やコンテンツを削除する方法<Windows 10>
016873 「Microsoft Edge」リーディングリストに追加した後で読みたい記事やコンテンツを表示する方法<Windows 10>
017065 「Microsoft Edge」Webサイト内の調べたい単語を「Cortana(コルタナ)」に質問する方法<Windows 10>
017066 「Microsoft Edge」で「Cortana(コルタナ)」を有効/無効にする方法<Windows 10>

▼文末にあるアンケートにご協力ください

トラブルシューティング

トラブルの一覧
情報番号 タイトル
018748 「Microsoft Edge」Webサイトやメニューが英語で表示される
018225 「アプリケーションの再インストール」アプリやドライバーを再インストールしようとすると“@echo off”メッセージが表示され、インストールできない<Windows 10>
014306 「アプリケーションの再インストール」“@echo off”、“アドレスのプロトコルが不明です”、“アドレスタイプが不明であるかサポートされていません”と表示され再インストールできない<Windows 8.1>
018380 「Microsoft Edge」修復/リセットする方法

▼文末にあるアンケートにご協力ください

以上

かんたん評価:お役に立ちましたか?
解決できた

解決できた

参考になった

参考になった

内容不十分

内容不十分

役に立たなかった

役に立たなかった

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する